コロナ自粛をしない店に集まる客…これが茨城の現実だ

スポンサーリンク
コロナの影響で営業を自粛しているお店が増えていますね。
大変な時期ではありますが、やはり自粛要請があったお店には自粛してもらいたいものです。
人が長時間密集する場所は自粛の対象になりますが、特にギャンブル、夜の店には世間の風当たりが強いものです。
茨城だけの話では無いのですが、自粛をしないから儲かっているという店も中にはあるんですよね。
本当に残念な話ですが、今回はそんなコロナ自粛をしないお店の話をしたいと思います。

スポンサーリンク

コロナなんて関係無し?元気に営業中の闇

コロナ自粛の対象として、国、県から痛い視線を受けているのがパチンコ屋。
大手のパチンコ屋の多くが今回の要請に対応し、営業を自粛するようになりました。
ところが…。
中には営業中、さらには新装開店、新台入れ替えを行う店もあったりします。
営業する店が減る中で、自粛をしない店がある。
それはつまり、自粛をしない店の一人勝ちモードになるということですね。

もはや狂気?満員御礼三密待った無し

先日、食料品を買いにスーパーに向かっていたときのことです。
とあるパチンコ屋の前を通ると、なんと「新装開店」ののぼりが立っている!
有名チェーン店は早々に自粛したというのにこれは…。しかも駐車場は車、車、車のすし詰め状態。
当然、店内は恐ろしい状態になっていることだろう。
ライバル店が消えた今、それでも営業する店はガッポリウハウハな状態。もはや狂気の沙汰としか言いようが無い。

なぜそれでも営業し続けるのか?

元々、世間の風当たりが強いパチンコ業界。今もなお営業し続ける店の本音とは一体どんなものなのか?
個人的に考えてみると、
①個人経営で営業自粛する余裕が無い(営業自粛=店が潰れる)
②本社からの強い要請がある(営業指示がある)
③単純に儲かるから
④従業員のため(給料)
と、色々考えられる訳ですが、店も店、客も客なわけでコロナをなめているとしか思えませんね。
現在も営業している店は店名を公表すると言われていますが、客からすると「よっしゃ、あそこは営業してるんやな、ほな行こか」状態でさらに客が集まってくるわけです。
全然対策と言えませんね。

最終的にどうすれば良いか

もはや、パチンコ屋は全店閉店するしか無いですね。営業する店があればどんなに遠くても他県からでも集まってくる。たとえ営業する店が一店になっても集まる。
今もやっているという人は完全に依存症としか言えません。異論反論あるでしょうが、状況が状況なだけに他に選択肢は無いでしょう。
世の中からパチンコが無くなる日はそう遠く無いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました