つくばのASSE(アッセ)が閉店!リニューアルはするの?

お役立ち情報

つくば市上横場のショッピングセンター「ASSE」(アッセ)が閉店すると知り、とても寂しい気持ちでいっぱいです。

アッセは1995年11月5日にオープンし、およそ23年もの歴史に幕を閉じることになりました。

谷田部民、近隣住民にとっては本当に悲しいお知らせとなってしまいましたね。

アッセは閉店後どうなるのか、果たしてリニューアルオープンするのか?について思いをはせながらお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

【悲報】アッセ閉店のお知らせ

谷田部のショッピングセンター「アッセ」がついに閉店の時を迎えようとしている。

ASSE店内に出店していたテナントはどんどん撤退していき、頼みの綱であったカスミも2018年9月30日、ついに閉店してしまった。

移転先が決まっていないテナントがあるうちは営業を続けるようだが、アッセの閉店はもはや時間の問題だろう。※2018年10月時点

実際、大型ショッピングモール「イーアスつくば」、さらには「イオンつくば」のオープンにより、お客さんが激減したのはまぎれもない事実。

だがしかし、谷田部周辺に住む地元民にとっては最高に近くて便利なショッピングセンターであり、無くなってしまうのはもう一言で言って「残念」でしかない。

個人的にはクラウドファウンディングとかで資金を集め、何とか復活してくれないかな?なんて思ったりもしますが、駐車場の整備や建物の修繕などばく大な費用がかかると思われたりもし、僕は遠くから眺めることしかできません。

アッセと私…ASSEの思い出

アッセといえば、開店当時はつくばでも有数のショッピングセンターだった。

つくばショッピングセンターアッセ | 子供とお出かけ情報「いこーよ」
つくば市上横場にある総合ショッピングセンター。食品スーパーをはじめ、レストランやカフェ、婦人服、100円ショップ、書店、ドラッグストアに各種サービスなど、さまざまなショップがあり一通りのものがそろいます。2階には赤ちゃん休憩室を備え、その横にはキッズスペース「ちびっ子広場」があるので、親子連れもお買い物しながらゆったり...

アッセができるまではうおまつ(生鮮スーパー)が主役だったが、ASSEの誕生、そしてカスミがオープンしたことにより谷田部の人々はたいへん喜んだものだ。

谷田部だけでなく、伊奈、学園都市、そして常総市からもお客さんが来るほど有名な地域密着型のショッピングモールでした。

国道354沿いに面して建てられたショッピングモールのASSE。
店内は最盛期には30近い店舗が入るほどにぎわっていた。

広大な駐車場ではたまにイベント(主に中古車販売など)が開催されたりもし、隣接するケーヨーデイツーで家電を見たり、買い物ついでにサイエンス通りのラーメン屋さん巡りをしたりと、楽しい休日を過ごすことができました。

関東では珍しい、グーストアという謎の激安ショップができたときはたいへん嬉しかったし、100円均一のセリアがオープンしたときも喜びを隠しきれずニヤニヤしてしまう日もあった。

アッセのセリアはとても広くて、カスミで買い物したあとはかならず立ち寄っていたものだ。
そんなアッセもとうとう閉店してしまうのだ。
これが時間の流れ、現実というものなのですね。

閉店は悲しい。記録として残したい

閉店は大変残念な結果であり、悲しい気持ちでいっぱいです。

そのうちアッセの建物も解体され、形を変えることだろう。

つくばの情報を発信している一人として、思い出の地を写真に残しておきたいと思います。


震災後、地面が盛り上がり地形が変化してしまった駐車場。


セリアまでも撤退してしまった。
メンテナンスされなくなった壁はすぐに劣化が始まることを知った。

動かないエスカレーター。
数店舗はまだ営業していたが、通れない場所も多く、壊滅状態。

何もない。何も…。

【動画】ASSE閉店の様子を記録しました

つくばのショッピングセンターASSE(アッセ)が閉店!

まだ信じられませんが、本当に終わり。

時間の流れ、そして、僕も歳を取ったなと感じてしまいました。

かつした
かつした

親とよく行った思い出のある場所なので…悲しい限りです。

まとめ

アッセのリニューアルオープンですが、まだまだ先のことで、そもそもオープンするかどうかもメドが立っていない状況です。

リニューアルしたほうが谷田部に住む人々にとってありがたい話だし、これから本当に不便になってしまうな〜と感じています。

アッセは「つくば商業開発」が運営と管理をしていますが、どうか復活して欲しいという気持ちでいっぱいです。

僕自身の力は皆無ですが、なんとか、この記事でASSE復興を呼びかけていければと思いました。

コメント