銭湯好きが選ぶ!疲労回復におすすめの入浴剤1選

風呂

お風呂大好きオヤジです。疲れた日にはお風呂にゆっくり浸かるのが一番!

僕はスーパー銭湯が大好きで、月に4回は利用しています。源泉かけ流しの。ほんとうは毎日通いたいくらいなんですが、なにゆえお金が続きません(汗)。

お手頃に温泉気分を味わうならやっぱり入浴剤ですよね。

僕もほぼ毎日入浴剤を使っていますが、ぶっちゃけ効果を実感したことってあんまり無いんですよね。

なんとなく良かったな〜、くらいの感覚はあるんですが、何度もリピートしたいと思うものって出会ったことが無いんですよ。

市販の入浴剤に期待しすぎるのもどうかとは思うんですが、実は最近、購入した入浴剤がありまして、これが本当に温泉に浸かっているかのような心地よさ、そして香りにたいへん感動いたしまして。

入浴剤なんてどれも大して変わらないでしょ?」なんて思われるかもしれません。実際、僕もそう思ってました。

しかし、この入浴剤は生薬が入っているためか、匂いからして全然違うんですよ。漢方薬のようないかにも「効きそう」って感じの匂い。しかも強烈です。

使ってみると、まるで源泉かけ流しの銭湯に行ったときのような心地よさ。生薬の効果って実際に使ってみないとわからないものなんですね。

発汗のおかげもあり、その日はグッスリ眠ることができました。

今回は、僕がいままで使ってきた入浴剤の中でも最も温泉感、疲労回復につながりそうだと感じた入浴剤の感想をお伝えします。

温泉好き必見ですよ。

スポンサーリンク

まるで温泉?新発想の入浴剤に出会った

お風呂のお友、入浴剤。市販の入浴剤も良いけど、どれも似たような成分、内容で違いがあまりよくわからない。

実際、使ってみると大差は無くて(個人としての感想です)突き抜けて良いものってめぐりあったことがありませんでした。

科学的に温泉の成分を再現しているものも多いんですが、なんというか、「っぽい」感じはするものの、特別気に入るってことは無かったんですよね。

そんなとき、僕が出会ったのが【生薬のめぐり湯】。出会ったというか、職場のおばちゃんがオススメしてきたんですが。

彼女は腰痛持ちの人なんですが、「この入浴剤、使ったらすごく良かったのよ」って言ってました。温泉みたいにポカポカして気持ちいいんだとか。

それが生薬のめぐり湯だったんですが、どうも普通の入浴剤とは違うなと感じました。

というのも、生薬のめぐり湯は温泉成分(炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム)に加え、自然植物(生薬)が入った入浴剤で、科学的な成分はデキストリンのみ(健康食品にも使われている成分)で、着色料も入っていませんでした。

生薬とは漢方に近い意味合いで使われることも多いようなんですが、実際は生薬の組み合わせにより生まれたものが漢方薬のようです。

漢方薬とは複数の生薬を漢方医学の理論に基づいて組み合わせた処方であり、決して同一ではない

漢方薬との違い(wikipedia)

自然由来の成分なら使っても問題なさそうだし、公式サイトを見てみたら返金保証もあるし。

使ってイヤだったら返金してもらえばいっか、そんな軽い気持ちで選んでみました。

※生薬のめぐり湯は公式サイトでしか販売されていないようです(Amazonも楽天も売ってなかったです)

【生薬のめぐり湯】公式サイト

生薬のめぐり湯が届く

生薬のめぐり湯が届きました。

生薬のめぐり湯と、使い方の説明書、成分についての詳しい解説書(生薬のチカラ読本)が付いていました。

開封してみると、麦茶のパックみたいな(というか見た目はまんま麦茶のパック)袋が15包入っています。開けてすぐに気づいたんですが、とにかく「強烈な香り」がしました。

漢方薬のような香りが鼻いっぱいに広がります。漢方嫌いな人には耐えがたい匂いかもしれません。それぐらい匂います。ジッパーになっているので1包取り出したらすぐにジッパーを閉じたほうが良いでしょうね。

香り成分が飛んでしまっても困るし、部屋じゅう漢方のような香りになっても困る人は困ると思います。とてもインパクトがある香りでした。

このティーパック風の袋に、生薬配合の入浴剤が入っています。

使い方は簡単で、38度くらいの湯船にそのまんまドボンと入れ、手でもむだけ。麦茶のように成分がじわじわ溶け出してきます。

一回使い切りなので、パウダータイプの入浴剤のように毎回量を計る必要も無いので使いやすいですね。まあ、ティーパックのような出がらしを捨てる手間はありますが。

使ってみた感想

38度に設定したお風呂に生薬のめぐり湯を入れ、もみながら入ってみました。

成分が広がり、お湯は麦茶色に。その後5分くらいするとジワリと汗が出てきました。お湯の温度はいつもと一緒なのですが汗の量が違いました。これが生薬の効果なんでしょうか。

↑さらに広がる成分

それから30分ほどゆったり浸かり、体を洗い流すことなくそのまま出ました。

風呂上がり後もポカポカし、生薬の匂いも体に残っています。匂いが気になる人は体を洗ってから出たほうが良いかもしれません。

その後、なんとなく気だるい感じになり、スマホをいじっていたらいつのまにか寝てました。まるでスーパー銭湯の風呂上がりのときのような感じです!

いつもより早く目覚めた朝。スッキリとした目覚めで心なしか体が軽くなったような気がしました。まるで温泉に入った翌日のような幸福感があったのを覚えています。

生薬のめぐり湯の成分

生薬のめぐり湯の成分です。

炭酸ナトリウム(無水)、炭酸水素ナトリウム、コウカ、ショウキョウ、トウガラシ末、ガイヨウ末、ダイウイキョウ、ホホバ油、デキストリン、香料

炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムは温泉成分です。生薬は「コウカ、ショウキョウ、トウガラシ、ガイヨウ、ダイウイキョウ」で、聞きなれない名前ではありますが、実は生薬名で呼ばれているからであり、本来は馴染み深い植物ばかりです。

名前生薬名
ベニバナコウカ
生姜ショウキョウ
唐辛子トウガラシ
ヨモギガイヨウ
八角ダイウイキョウ

こう見ると、聞いたことある、知っている成分しか使われていないことがわかります。一般的にも体に良いとされる成分なので安心ですよね。

それぞれの効果については【生薬のめぐり湯】公式サイト、そして生薬のめぐり湯購入時のパンフレットにも記載されているので割愛しますが、温泉好きならたまらない成分がいっぱいだと思いました。

生薬のめぐり湯の値段など

生薬のめぐり湯は税込みで3,240円です。15回分入っていてこの価格なので一般的な入浴剤に比べるとちょっと高いですね。一回あたり216円します。

ですが、初回のみお試し定期便というものがあって、初回は半額の1,620円で買えるんですよ。これだと一回あたり108円なのでグッと試しやすくなりますよね。

また、30日間なら全額返金保証もあるので気に入らなかったら返金してもらうのもアリですね。

僕は気に入ったのでお試し定期便を利用していますが、もしも「やっぱり解約したい」と思ったら次回配送の10日前までに連絡すればいつでも解約できます。

人間なので、心変わりはしますからね。解約方法が明確なので安心して試せました。

まとめ

生薬のめぐみ湯は、ハッキリ言って匂いが強いです。漢方薬と温泉の香りを足したような匂いです。

漢方薬の匂いが苦手!受けつけないという人は使わないほうがいいと思います。

ただ、この生薬による香りは温泉に近い香りなので普段からスーパー銭湯、温泉に行く人ならむしろ喜ばしい香りなんじゃないかって思いました。

僕も源泉かけ流しが好きなので、この香りは温泉気分を味わいたい人にはたまらないと思うんですよね。

それに、よくスーパーなどで売っている入浴剤のように着色料や化学的なよく分からない成分も無添加なので安心して使えますね。

実際、先日購入した某有名メーカーの入浴剤は青の着色料が入っていて、お湯の色はキレイなんですが周りにはねたお湯も青くシミのように残ってしまい、ちょっと恐怖を感じました。

この色、体に良くは無いよな」って。

実際、温泉も自然とあの色になっているわけで、正直言って入浴剤に着色料は必要ないと思います。

無添加の入浴剤は試しやすいし、余計な成分が入っていない点も良いですね。

温泉に行ったときのような心地よい気だるさ、そして疲労回復を感じるにも生薬のめぐり湯は良い出会いだと思いました。



【生薬のめぐり湯】公式サイト

コメント