キャンプ初心者に!ワンタッチテントが超簡単だったのでオススメしたい

ソロキャンプをやってみたいって人、増えていますよね。かく言う僕もソロキャンパーに憧れる1人で、毎日キャンプ動画を観ています。観てはいますが…。

実は、キャンプ自体やったことが無くてテントの張り方なんて全然分かりません(苦)。

ソロキャンパーたるもの、テントを1人で張れるようになって1人前!…とは思うんだけど後片付けとか考えるとやっぱり難易度が高い。

つまり、簡単に設営できるテントが欲しいのです。

簡単って言っても、海でよく見かけるような安っぽい、風で飛ばされちゃいそうなテント(ポップアップテント)じゃなく、もっと丈夫でしっかりしたテントが欲しい。

そんな僕のようなわがままさんにもオススメなテントが、実はあるんですよね。

それが「ワンタッチテント」です。

ワンタッチテントは折り畳み傘を広げるように簡単ですぐに設置することができる上に骨組みがあるのでポップアップテントよりもしっかりしているというスグレモノ。

実際、僕が購入したLOPOOのワンタッチテントは持ち運びが楽で、設置、片付け時間も1分以内に完了するというメチャ簡単なテントでした。

テント初心者としては良い選択だったと思います。

LOPOOのワンタッチテントを動画付きでレビューしましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ワンタッチテントとは?

ワンタッチテントとはどんなものかというと、ひと言でいえば「テント初心者向けに作られた簡単に設営できるテント」のことです。

折りたたみ傘のような構造になっているので、広げて4つのバーを穴に通せばもうテントとして使えちゃいます。人にもよりますが、慣れれば1分以内で設置が完了します!

ちなみに、もっと簡単に設置できる「ポップアップテント」もありますが、柔らかい素材で構成されているためテントっぽさや耐久性は弱い模様。

海辺でよく見かけるタイプがポップアップテントですね。別名サンシェードテントとも呼ばれています。

▷サンシェードテントの一番人気を見てみる

日避けの付いたシーツのような構造なので、物にもよると思いますが基本的にキャンプには向いてません。

通気性や手軽さはワンタッチテントよりも優れているので用途にあわせて選んだほうがいいですね。

かつした
簡単に設置できるのは良いけど、見た目が安っぽいよね。風で飛ばされそうなテントはヤだな〜。そこそこしっかりしたテントが欲しい
という人はワンタッチテントがオススメです。

lopooのワンタッチテントの特徴

lopooのワンタッチテントはワンタッチという名前の通り、傘を広げるような感覚で簡単に設営することができます。

2段重ねのテントで上部だけでも日傘のように使えます。

入り口は前と後ろの2箇所。メッシュと薄い層の2層になっているので虫も入りにくく、両方閉じれば外からの覗き防止もできます。

「テントって高いよね。5万円くらいの買って失敗したらヤだし。」という僕のような人にはちょうどいい値段で、6000円くらいでした。

収納すると長さは80cmくらいなので車のトランクにもすんなり入りますね。

特徴をまとめると、

1分以内に設営完了
・値段は6,000円前後(セール価格)
・2層構造
・上部テント、下部テントに分けて使うことも可能
防水仕様
・片手で持ち運べるバック付き
・ペグ、ロープ付き
といった感じです。

ワンタッチテントを使ってみた

lopooのワンタッチテントを使ってみます。

テントはバックに入っていて、傘にソックリな本体を広げて使います。

組み立てる作業はほとんど無くて、傘を広げたら4つの穴(テントをピンと張るために傘の骨を通す穴)に傘の先端を差し込めば完成してしまいます。

わずか1分でテントが完成!

かつした
こりゃ簡単すぎるわ
って普通に言ってしまいました。

静止画だと伝わりにくいので動画も撮影してみました。参考にしてみてくださいね。

【ワンタッチテントを使ってみた動画】


テントなんて使ったことがないよ!という僕でも1分以内に完成してしまう簡単さはハッキリ言って驚きです。

バッグから取り出して広げるのでシワシワ感は否定できませんが、テント内は孤高の城のような、孤独でありながらも一人の時間を楽しむにはピッタリすぎる最高の空間でした。

ぼっちキャンプがしてみたくなる不思議なワクワク感がありましたね。

ワンタッチテントはどんな人にオススメ?

ワンタッチテントは簡単に設置できて持ち運びもラクラクという良い点も多いですが、傘の骨部分が壊れてしまうと交換ができない(使えない)というデメリットもあります。

骨組みの無い下部だけで使うこともできそうですが、ワンタッチとはいきません。折り畳み傘と同じで、骨が壊れたら買い替えどきと言えます。

ワンタッチテントを買っても良い人は

・簡単に設置できて、しかも安いテントが欲しい人
・本格的じゃなくても良いがそこそこ良いテントが欲しい人
・海、山、公園、子供の運動会で使える「ちょっと使い」でも十分って人
と言えそうです。

テントの値段ってピンキリで、高いものなら10万以上はします。高いほうが耐久性や見た目も良いからそっちのほうがいいだろ、というのはまあ当たり前の話なんですが、あまりキャンプをしない&やったことがない人には高価なテントってハードルが高すぎると思うんですよね。

その点、ワンタッチテントは安くて簡単で見た目も本格(的)なので「これからソロキャンプやってみようかな?」なんて思っている人にはちょうどいいと感じました。

あくまでも普段キャンプをしない人の意見ですが、個人的にはワクワクするテントでした。

※公園などでの使用に際しては使用ルールを守りましょう

スポンサーリンク

まとめ

lopooのワンタッチテントはちょっと使いには最適で、ほんとうに簡単に使えるテントでした。もっと早く買えばよかったな〜って思うくらい。

じつは、うちの子はだいぶ大きくなってしまったので使う機会は少なめです。もっと小さい頃、運動会や川遊びに持っていきたかったです。

車のトランクに入れておいても邪魔にならないサイズだし、値段もそんなに高くなかったので僕のようなキャンプ初心者には良い選択だと思いますよ。

スポンサーリンク


注目記事