甘くて大きい!茨城県南のいちご狩りは大地下妻農場がオススメです

春はいちご狩りのシーズン。美味しいイチゴを思いっきり食べたいですよね。

いちごの食べ放題をやっているビニールハウスは数多くありますが、茨城県南部で特に人気があるというのが「大地下妻農場」。

口コミも多く、また、県外からくる方も多いそうです。

茨城県南で人気のいちご狩りスポット「下妻農場」に行ってきたので感想をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

大地下妻農場はどんなところ?

大地下妻農場は茨城県南でも特に評判の良いいちご狩りスポットで、茨城県のおでかけ人気ランキングでも上位に入るほどの人気があります。

ビニールハウスは大きく数も多いので、すべてのビニールハウスに入るのは大変。とにかく広くて清潔感のあるハウス、そして甘くて大きいとちおとめが魅力のリピーターの多いイチゴ農場なのです。

いつまでやってる?

いちご狩りのシーズンは大体1月から5月のゴールデンウィーク明けまでなので、ハウス栽培の場合、寒い時期がいちばん美味しいとされます。

つまり、ビニールハウスで栽培されているいちごで特に美味しい時期は1〜3月です。

実際、いちご狩りを開催しているハウスでは寒い時期のほうが値段も高く、逆に4月くらいから値段は下がる傾向にあります。

大地下妻農場も例にもれず、いちご狩りができる期間は1月から5月末まででした。
※2018年の情報ですが、例年同じくらいです

僕が行ったときは3月初めで、30分食べ放題で1600円でした。ちなみに1~3月は大人(中学生以上)1600円、小学生1200円、園児1000円、3歳以下無料。4月以降順次値下げとのことです。

詳しい営業日、時間等は公式サイトで確認したほうが確実ですね。また、気になる点は直接電話で確認したほうが良いと思います。

たとえば、営業時間なのにやってなかったという口コミもあった(※イチゴが無くなると終了するらしい)ので前もって確認しておいたほうが良いでしょう。

場所について注意点

大地下妻農場の住所は

〒304-0805 下妻市長萱90 北側
TEL0296-43-9215

なのですが、カーナビで住所検索し、ナビ通りに行ったったら関係ない田園に着いてしまいました…。公式サイトにも書かれていましたが、電話番号で検索したほうが正確とのことです。

次回行くときのためのメモですが、

国道294号を水海道方面から下館方面へ進んで行くと左側に「いちご狩り直売500m」と書かれた看板が見えてきますので、看板がある交差点(鯨交差点)を左に曲がってまっすぐ500mくらい進むと大地下妻農場に到着します。

初めて行く人は参考にしてみてくださいね。

いちご狩りをしてみた

大地下妻農場に到着しました。

駐車場に車を停め、駐車場すぐ近くにある受付兼いちご販売所で食べ放題の料金を支払います。

30分の食べ放題で大人1人あたり1600円でした。

年齢や時期によって値段は変わるので事前に確認してから行ったほうが良いでしょう。

店員さんにいちご狩りの楽しみ方(ルール)を教えていただき、さっそくビニールハウスへ。

食べられるイチゴの種類はとちおとめあまおとめです。

ビニールハウスは10以上あり、とちおとめのハウス、そして新種のあまおとめのハウスに分かれています。

もちろん、どのイチゴも食べ放題。

高めの位置にいちごが実っているので腰をかがめずにいちごを摘むことができます。
※身長によっては変わります

また、地面にはシートが敷いてあるので靴が土で汚れることもありませんでした。

ちなみにベビーカーも入場可能なので小さなお子さま連れの方でも楽しむことができます。

(赤くてまるまると太ったいちご!)

個人的にはあまおとめのほうがとちおとめよりも酸味が少なく食べやすいかな?と感じました。どちらも美味しいことには変わりありません。

練乳も付けて食べましたが、そのまま食べたほうが美味しいかも?ってくらい甘かったです。

おみやげ用のいちごも人気がありすぐに売り切れてしまうそうなのでイチゴ狩りの前に購入したほうがいいかもしれません。お店に置いて、いちご狩りが終わってから持ち帰ることも可能でした。

※あくまでも僕のときは可能でした

スポンサーリンク

大地下妻農場のいちご狩りまとめ

・ビニールハウスは大きく、数も多い
・ちょうどいい取りやすい高さ
とちおとめあまおとめが食べられる
・ベビーカーも通れる広い通路
・平日が空いていてオススメ
・練乳は置いてないが持ち込みは可能
・おみやげ用イチゴはすぐ売り切れるので早めに買ったほうが良いかも?
大地下妻農場のいちご狩りは、大きくて広いビニールハウスと甘酸っぱくて大きいとちおとめが印象的でした。

うちの子はイチゴが大好物なのですが、美味しいイチゴをお腹いっぱい食べられたとたいへん喜んでいました。

ビニールハウスの数も多く、とても食べきれないほどの甘いイチゴが実っていましたが日によっては営業時間内でも終了する可能性がありますので、前もってお店に確認してから行ったほうが良いと思います。

行った後に気づいたんですが、割引クーポン券もあったんですね…。次回行くときはかならず使いたい。

クーポンは公式サイトにありますよ。
大地 下妻農場公式サイト

茨城で美味しいいちご狩りをしたい人におすすめです。

スポンサーリンク


注目記事