1000円台で良い音!e-イヤホンのALPEX HSE-A1000を使ってみた感想

音の良いイヤホンがあれば音楽ライフもより楽しくなるってもの。

値段が高くて良い音を求めるのは簡単ですが、安くて良いものとなると、まぁ難しいですよね。

高価なイヤホンは当然音質にも期待が持てますが、安物だとあまり期待ができない。100均の物でもいいんだけど、それでも少しは音にこだわりたい。

安くて音も良いイヤホンが欲しい人には今回の記事がお役に立てるかもしれません。

今回僕が購入した「ALPEX HSE-A1000」は1000円くらいの安いイヤホンですが、値段以上に聴きごたえのあるコスパの良いイヤホンだと感じました。

「ALPEX HSE-A1000」を使ってみた感想をお伝えします。

1,000円で高音質は欲張り?

ケーブルイヤホンは100均で買えるし、音質なんてそんなに変わるもんじゃないでしょ?

たしかに、重低音の比率がどうとか、高温の伸びがああだとか、専門的な音の質は僕には分かりません。

ALPEX HSE-A1000は

1,000円台で最高音質を追求!(公式サイトより)

なイヤホンな訳ですが、音楽好きな1オッサンとして言わせてもらえれば「1,000円以上の価値がある」イヤホンでした。

「ALPEX HSE-A1000」はどこで買える?

「ALPEX HSE-A1000」はe-イヤホンというイヤホン専門店で買えます。

専門店のオリジナルチューニングで音にはかなり自信があるそうです。

直接お店に行っても良いですが、残念ながら僕の近所にはありません。

東京、大阪、愛知県にショップがあるようです。

じつはe-イヤホンはネット通販でも買えます。公式サイトは送料無料なのである意味お店に出向くよりも楽チンですね。

ちなみに、普段Amazonでお買い物をする人なら、Amazonのアカウントがそのまま利用できるので簡単に注文できます。

はじめて使うネットショップでは住所や氏名などいちいち入力しなければいけませんが、Amazonアカウントがあれば入力いらず。ちょっとうれしいですよね。

ちなみに楽天でも販売していましたが、送料無料じゃないので若干高くなります。
ALPEX HSE-A1000【楽天】

CDとMP3の音の差

通常、音の良さはビットレート(bps)で表記しますが、たとえばCDは1411.2kbpsでMP3は良くて320kbpsくらい。

当然CDのほうがbpsの数値が高いので比べると高音質、となります。

スポンサーリンク

低ビットレートは1秒間に流れる音のデータ量が少なくなるため、音が安っぽくなります。MP3データとCDを高級なイヤホンで聴くと音の差が分かりやすくなります。

※数値で見ると明らかに違いますが実際聞いてみるとその差はわかりにくいです

最近はCDよりも音楽データ(mp3)をスマホにダウンロードして聴く人がほとんどだと思います。

音にこだわる人なら別ですが、通勤、通学中やジョギング等で使うなら「そこそこ」良いイヤホンで充分なんじゃないかと思います。

ALPEX HSE-A1000を使った感想

ALPEX HSE-A1000の評価は、僕が試した感じでは高音がクリアな感じがして、ベースやドラム系の重い音は控えめ。ピアノロック、ポップ、クリアなボーカルソングにピッタリなのかな~と思いました。

逆に、重低音は強調されていない感じがあったのでハードロック、特にヘヴィメタル系では物足りない感はあります。

僕は色々なジャンルの音楽を広く浅く聞きますが、ベン・フォールズや奥華子が好きな僕にはピッタリです。

軽くクリアな音感があり、特に邦楽popをよく聴く人に向いているかもしれません。

カラーバリエーションが豊富な点もうれしいです。

ALPEX HSE-A1000のまとめ

「ALPEX HSE-A1000」の特長をまとめると…。

■カラーバリエーションが豊富(13色)

■値段が安い(送料無料、税込で1,060円)

■専門店のチューニングイヤホンなので安心

■送料無料

■クリアな音

まとめ

「ALPEX HSE-A1000」ですが、正直言えばお金を出せばもっと品質の良いイヤホンは見つかると思います。

高いイヤホンに魅力を感じはするものの、値段が上がれば上がるほど良いものを求め、音質にもうるさくなると思います。

値段の安さと「値段の割りに良い音」を求める人、普段100均のイヤホンを使っていてちょっと良いモノが欲しいなと思った人にオススメしたいですね。

カラーバリエーションも豊富で、見せるイヤホンとしてもおしゃれなので複数持ちもアリだと思いました。

HSE-1000