アップルウォッチも充電できるOittmの多機能充電スタンドはケーブルの悩みを解消した

充電器を使っていて一番悩まされるのがケーブルの絡み。

家族が多いほどスマホは増え、スマホの台数が多ければその分だけ充電器が必要になってくるし、ましてやApple watch充電となると、家中ケーブルだらけである。

充電器が増えればその分差し込み口(コンセント)が必要になり、コンセントが足らなくなって他のケーブルを抜き差しするなんて場合も増え、まあ言ってしまえばめんどくさいのだ。

そもそも、配線どうしがからまってしまうと断線や事故の原因にもなってしまうし、ほどくのもイライラの原因。

ケーブルは少ないに越したことはないのです。

今回僕が購入したOittmの多機能充電スタンドは、配線のウザったさを解消し、さらにはコンセント探しの悩みまで解決してくれた逸品。

特に、Appleユーザーならその便利さに軽い驚きを感じられるかと思います。

今回はOittmの多機能充電スタンドを使ってみた感想をお伝えします。

Oittmの多機能充電スタンドの機能

Oittmの多機能充電器は箱型の充電スタンドで、5ポートUSBによりスマホ、タブレット、アップルウォッチなど合計5台の端末を同時に充電することができます。

特に、アイフォンとアップルウォッチに関しては箱型本体の上部に接続充電することにより、ライトニングケーブルが絡む問題を解消しています。

四角いお弁当箱のような本体から、多様な端末に同時に電源供給するのでコンセント穴が足らない、なんていう悩みともオサラバです。

色はシルバーとブラックの二種類あり、どちらもシンプルなデザインが部屋に馴染みますね。

ちなみに僕はブラックを選びました。

Oittm充電スタンドの開封&使用

Oittmの充電スタンドを開封します。

スポンサーリンク

サイズは200(タテ)×90(ヨコ)×36.5(高さ)mmです。

ちなみに画像は組み立て済みの状態です。

iPhoneとアップルウォッチならスタンドを使い、本体にコードを隠すことによりコードのモジャモジャ感の無いストレスフリーな充電が可能です。

僕は残念ながらアップルウォッチは持ち合わせていないので申し訳ありませんが接続状態はイメージ画像でご確認ください。

※イメージ画像(公式サイトより)

スタイリッシュな見た目はインテリアとしても好印象ですね。。

当然ですが、アンドロイドスマホも充電できます。

USBポートが5箇所もあるので、モバイル端末の充電はもはやこれ1つで充分なんじゃないかって思われます。

開封動画も撮影してみたので参考にしてみてくださいね。

注意点

とても快適な充電ボックスではありますが、注意点がひとつあります。

Oittmの多機能充電スタンドにはライトニングケーブル、USBケーブル等の端末に繋ぐためのケーブルは付属されていません。

iPhoneユーザーでライトニングケーブルをお持ちで無い方はいないと思いますが、アンドロイドスマホの充電にはUSBケーブルが別途必要になります。

USBケーブルは100円均一ショッブでも販売されていますね。

また、アップルウォッチ、iPhone用の上部充電スタンドを使う場合はアップル純正のライトニングケーブルが最もちょうど良い長さになると思われます。

まとめ

Oittmの多機能充電スタンドはUSBポートが5つもある点は本当に魅力的ですが、特にアップル関係の端末を複数持っている方ならその便利さに驚かれると思います。

充電器を差すためのコンセント探しに困ることも無くなりました。

スタイリッシュに充電、配線のウザったさから解放された空間はとても快適ですね。

色はブラックとシルバーがあるので部屋のインテリアとして考えたときの色の選択が良いかなと思います。