画像加工サイトFotorがリニューアルでさらに便利に!新機能紹介

画像加工サイトは検索するとたくさん見つかりますが、僕のお気に入りサイトはやっぱりFotor

アプリ版もありスマホでも共通して使える画像編集サイトは貴重です。

前回の記事でもFotorの良さは紹介しましたが、リニューアルされたことでさらに使いやすくなりました。

今回はバージョンアップしたFotorの新機能、改善点をご紹介できればと思います。

ちなみに僕はfotor pro(有料)を愛用しています。

リニューアルされたFotor。新機能とは?

2017年8月にリニューアルされたFotor。いったい何が変わったのでしょうか?

変わった点は

・HTML5対応
・クラウド上に保存可能
・HD PDFファイルに対応
が追加された点です。

詳しく説明していきたいと思います。

HTML5対応化

HTML5に対応することでFotorはさらに使いやすくなりました。

どう使いやすくなったかというと、オンライン作業(ネットにつないで画像編集する)ではどうしても画像加工に時間がかかってしまいます。

これは画像編集の処理工程でどうしても避けられない時間なのですが、HTML5に対応することで、加工速度が早くなったのです。

以前のバージョンと時間的な比較をしてみると、伝わりにくいかもしれませんが体感的に2秒ほどの処理速度の違いを感じました。

※処理内容や通信環境等で違いはあります

スポンサーリンク

オンラインでありながら快適に画像編集できるのはたいへん助かりますね。

HD PDFファイルに対応

Fotorの画像ファイルは今まではJPGとPNGのみでした。ブログ等の画像加工ならこれで充分ではありますが、さらに高解像度でシェアできるHD PDFファイルにも対応しています。

美しい画像を劣化させず再現させるとのことなので、ポスターやチラシ等を作成するプロ仕様な方には朗報と言えますね。

クラウド上に保存可能に

クラウド上に保存(ネット上の保存域)ができるようになりました。

たとえば、パソコンで画像編集していたんだけどどうしても直したい、加工し直したい。でも出先でスマホしか持っていない。

そんなときでも、Fotorのアカウントさえあればスマホからも画像を呼び出して編集ができるんです。

実際、僕もよく利用しています。

クラウド保存が今回の最大のリニューアルと言えますね。

その他便利な機能がリニューアル

・美顔機能(旧バージョンではビューティ)にさらに細かなデザインが追加(アイシャドウ、アイラインなど)。

・カラー機能…好きな色を登録しておき、次回以降もすぐに使える。

・対比機能…編集前と編集後の画像比較が簡単にできる

・ロック機能…追加したアイテム、位置を変えないようにロックしておき、解除の際はお知らせ(ポップアップウィンドウ
)してくれる。

・ステッカー機能の向上…一部ステッカーの線の太さ、色等をさらに変更可能に。

など、「無料サービスでここまでやる?」ってくらい大幅に強化されていました。

また、一つ一つ編集の方法を教えてくれるので画像加工初心者でも安心して使えます。

Fotor Proならすべて可能。制限は無くなる

僕も使っているFotor Proは有料ではありますがすべての機能が使えます。

有料版の機能については以下の記事をご確認いただけたらと思います。

fotorの有料版は無料とどこが違う?実際に使ってみた
画像編集アプリとして人気の高いfotor。 そのまま使~

まとめ

日本語表示で使う前にしっかり手順を踏んで教えてくれる画像編集サイトは貴重です。

さらに進化したFotorをこれからも使い続けていきたいと思います。

スポンサーリンク



まだデータがありません。