ブログは意味無い?疲れてもうやめたいと思ったら読んでほしい

タイトルから偉そうでごめんなさい。

でも最近、本当に思うんですよね。何度もつまづき、僕の存在は意味が無い、なんと情けなくつまらなく、下らないと思ったことか。※ブログの話です

後悔ばかりの人生なのです。もうなんでこんな記事を書いちゃったんだろ?な感じ。

なんで続けちゃったんだろ?的な。

でもやめずに何とか続いている。毎日更新はしないけど、やめてはいない。やめたいと思ったこともあるけど。

今回の記事は「ブログを続けてきたけどもうどうしたら良いか分からない。もうやめよう」なんて思ってしまっている方のエールになれば幸いです。

スポンサーリンク

記事の公開で後悔する?

ブログを書いていくとそのうち気づくこと。

それは「これから何をどうしたらいいかわからない」である。

実際、記事を書き続けていくことで記事数はどんどん増えていくものの、やがてこのブログは世間に何を伝えたいのか、さらには何が正しくて何が間違ってるかわけがわからなくなってしまうのです。

安定したアクセス数があれば、妙な安心感を覚え、なんだか書く意欲が薄れてしまう。

逆に、全然読まれないという現実を知り、絶望し、もうどうしたらいいかわからない。

そう。「何をどうしたらいいか」がわからなくなるのだ。先の見えない真っ暗闇。やめたくなるのも無理はない。

ではどうしたらこの「ブログもう疲れた、やめたい症」を打ち破ることができるのだろうか?

過去記事を読んで後悔

過去の自分に会うことができるのはビデオ?写真?

もちろんそれもそうだが、実は自分の書いた文章がいちばん分かりやすい自分の過去なのだ。

心から考えて書いた過去の記事というのは自分らしく、下手。そして恥ずかしい。

でももしも、過去に記事を書いて無ければ?文章力の成長もさることながら、恥ずかしい過去の自分に出会えることもなかったのである。

過去記事は後悔ばかり。恥ずかしいものなのだ。

間違いを間違いと認められないのは若気の至りとでも言いましょうか、ともあれ時間が経つと人は変わるのだ。

過去記事を修正し自信を取り戻す

間違いはそのまま放置してはいけない。既読スルーでは問題は解決しないのである。

今まで書いてきた記事を読み直して、まずはいちばん最初に書いた記事を読んでみよう。

最初の記事を読む理由は、「なにもわからないときに書いた記事がいちばんヒドイから」だ。

今の自分なら過去の自分よりも多くの情報を持っている。当然、調べるチカラもある。

そのいちばんヒドイ記事を今の自分の言葉、そして調べた情報をあわせて書き直すのである。

そして再度、読み直してみる。

過去の自分とはなぜこんなにも下らなくつまらなかったのか?こんなにも考え方が変わったのかということに気づくことだろう。

リアル世界で過去に戻ることはできませんがブログの記事って後から書き直すことができるんですよね。

書き直せる自分ってスゴいなと思う。

そんなわけで、僕ももっぱら過去記事修正なうなわけです。

ヒドイと自覚できるのは成長の証。

もうアナタは昔のアナタではない。成長した人間なのだ。

過去と今の違いを知るとやる気が湧いてくる

過去の記事を直していくとなんだか意欲的になってくるもので、もっと良い記事にしたいと思う。

ブログを続けてきたからこそわかることだ。

過去を見つめ直すと今の自分を知ることができる。まさに一石二鳥である。

直せる自分はスゴいのだ。自分の成長を知り意欲的になれるのです。

始めたことはやめるのが難しい

ブログをやめるのはいつでもできる…と思われがちだか、実はそんなに簡単ではない。

ブログ運営をやめるということは、今までの自分を否定することになる。選択が間違っていたのだと。

自分の大切な時間を費やして書いてきた記事を否定し、捨てる。

やめたとしても、ブログに割いた時間は戻ってこない。

2年以上書いてきた人は2年分の成長と後悔がある。費やした時間も多く執着心も強いのでやめにくいのだ。とはいえ…。

時間は有限。やるかやらないかは決断するべきである。

ある意味運命の別れ道とも言える。過去の自分を否定するか、それとも過去を見直しやり直すか。

やめるのもひとつの解決策ではあるけど、やめるまえに過去記事を読み直してみて欲しいのです。

自分の成長に気づいて欲しいのです。

過去の記事を修正するタイミング

過去の記事を修正するタイミングは「読み直してみたら恥ずかしい、今すぐにでも書き直したい」と思った時である。

逆に、読み返してもおかしな点がぜんぜん見当たらないとき。そんなときは修正するタイミングではない。

「自分の記事に間違いが無い」と思いこんでいる、間違いに気が付けないのは自分が成長段階でまだまだブログ初心者だから。

おかしいな、と思ったときに直すべきです。

大ざっぱではありますが、過去記事を読み直し修正するタイミングは記事を書いてから1年後くらいがちょうどいいと思います。

1年もたてば、自分が書いた記事の記憶はあいまいになっているし、第三者のような感覚で記事を読むことができます。

ずっと記事を書いてきた人なら、より自分の成長っぷりと過去の失敗に気付けると思います。

ブログには価値がある?

読み直せば見つかるひどい記事の数々。とはいえ、今まで書いてきた記事はゴミなのだろうか?

たしかに、どう書き直しても全然良くならない記事もある。うまくいかない場合もあるものです。

良くならないことがわかったことも成長のひとつ。

結局、ブログは人のために書くべきと言いつつもほんとうは自分のために書いているのだ。

スポンサーリンク

まとめ

ブログを続けてみたものの、これからどうしたら良いか分からない。もうやめたい、やめようと思ったときは今回の記事を読み直してみて欲しいと思います。

僕自身も、過去の記事(自分)に赤面し、やめたいと思いましたが、修正できる自分に驚き、成長を感じまたやり直そうと思いました。

実際、今回の記事も3回くらい書き直しています。

やり直すのは悪いことではありません。間違いを認めること、やり直せる自分になれたことは自信にもつながるし、「どんな記事を書くべきか」が少しずつ分かってきます。

ブログを続けるのもやめるのも本人次第。もうやめたいと思ったときは過去記事を読み直してみて欲しいなと思います。

自分の意思で始めたことを途中でやめると、成長は止まってしまうと思います。

ブログと共に、自分を成長させていきましょう。

スポンサーリンク