ブログは意味無い?疲れてもうやめたいと思ったらやるべきこと

タイトルから偉そうでごめんなさい。

でも最近、本当に思うんですよね。あのとき僕は何度もつまづき、僕の存在は意味が無い、なんと情けなくつまらなく、下らないと思ったことか。※ブログの話です

後悔ばかりの人生なのです。もうなんでこんな記事を書いちゃったんだろ?な感じ。

なんで続けちゃったんだろ?的な。

でもやめずに何とか続いている。毎日更新はしないけど、やめてはいない。やめたいと思ったこともあるけど。

今回の記事は「ブログを続けてきたけどもうどうしたら良いか分からない。もうやめよう」なんて思ってしまっている方のエールになれば幸いです。

記事の公開で後悔する?

ブログを書いていくとそのうち気づくこと。

それは「何をどうしたらいいかわからない」である。

実際、書き続けているので記事数はどんどん増えていくものの、やがてこのブログは何を伝えたいのか、さらには何が正しくて何が間違ってるかわけがわからなくなってしまう。

安定したアクセス数に妙な安心感を覚え、書く意欲が薄れる。逆に、全然読まれないマイブログに現実を知り、絶望し、もうどうしたらいいかわからない。

何をどうしたらいいかがわからなくなるのだ。先の見えない真っ暗闇。やめたくなるのも無理はない。

ではどうしたらこの「ブログもう疲れた症」を打ち破ることができるのだろうか?

過去記事を読んで後悔

過去の自分に会うことができるのはビデオ?写真?

もちろんそれもそうだが、実は自分の書いた文章がいちばん分かりやすい自分の過去なのだ。

心から考えて書いた過去の記事というのは自分らしく、下手。そして恥ずかしい。

でももしも、過去に記事を書いて無ければ?文章力の成長もさることながら、恥ずかしい過去の自分に出会えることもなかったのである。

過去記事は後悔ばかり。恥ずかしいものなのだ。

間違いを間違いと認められないのは若気の至りとでも言いましょうか、ともあれ時間が経つと人は変わるのだ。

過去記事を修正し自信を取り戻す

間違いはそのまま放置してはいけない。既読スルーでは問題は解決しないのである。

今まで書いてきた記事を読み直して、まずはいちばんヒドイと思う記事を1つ選んでみよう。

今の自分なら過去の自分よりも多くの情報を持っている。当然、調べるチカラもある。

そのいちばんヒドイ記事を今の自分の言葉、そして調べた情報をあわせて書き直すのである。

そして再度、読み直してみる。

過去の自分とはなぜこんなにも下らなくつまらなかったのか?こんなにも考え方が変わったのかということに気づくことだろう。

スポンサーリンク

リアル世界で過去に戻ることはできませんがブログの記事って後から書き直すことができるんですよね。

書き直せる自分ってスゴいなと思う。

そんなわけで、僕ももっぱら過去記事修正なうなわけです。

ヒドイと自覚できるのは成長の証。

もうアナタは昔のアナタではない。成長した人間なのだ。

過去と今の違いを知ろう

過去の記事を直していくとなんだか意欲的になってくるもので、もっと良い記事にしたいと思う。

ブログを続けてきたからこそわかることだ。

過去を見つめ直すと今の自分を知ることができる。まさに一石二鳥である。

始めたことはやめるのが難しい

ブログをやめるのはいつでもできるように思われがちだか、実はそんなに簡単ではない。

ブログ運営をやめるということは、今までの自分を否定することになる。選択が間違っていたのだと。

自分の大切な時間を費やして書いてきた記事を否定し、捨てる。

やめたとしても、ブログに割いた時間は戻ってこない。

2年以上書いてきた人ほど費やした時間も多く執着心も強くやめにくい。とはいえ…。

時間は有限なのだ。当たり前だけど。

ある意味運命の別れ目である。過去の自分を否定するか、それとも過去を見直しやり直すか。

やめるのもひとつの解決策ではあるが、やめるまえに過去記事を読み直してみて欲しいのです。

過去の記事を修正するタイミング

過去の記事を読み直してもおかしな点が見当たらない。

それはまだ記事を直すタイミングでは無いからだ。

言い換えれば、「自分の記事に間違いが無い」と思いこんでいるからなのだ。

僕は、過去記事を読み直し修正するタイミングは1年後くらいがいちばんだと思う。

1年もたてば、自分が書いた記事の記憶はあいまいだ。誰が書いたの?この記事?って思えるくらい他人事になるのがベストだ。

続けて書いてきた人ならきっと自分の成長っぷりと過去の自分のつまらなさに驚くことだろう。

ブログには意味がある

今まで書いてきた記事はゴミなのだろうか?

どう頑張って直しても良くならない記事もある。良くならないことに気付いたのも成長である。

読んだ人の反応も気になるが、過去の自分に出会える近道でもあり、結局、ブログは人のために書くべきと言いつつも実は自分のためになっているのだ。

まとめ

ブログを続けてみたものの、これからどうしたら良いか分からない。もうやめたい、やめようと思ったときは今回の記事を読み直してみて欲しいです。

僕自身も、過去の記事(自分)に赤面し、やめたいと思いましたが、修正できる自分に驚き、成長を感じまたやり直そうと思いました。

結局、自分のためになっているのです。

やり直すのは間違いを認めること、やり直せる自分になれたことは自信につながる。

ブログを続けるのもやめるのも本人次第。もうやめたいと思ったときは過去記事を読み直してみて欲しいなと思います。

ブログに限らす、自分の意思で始めたことをやめると、成長は止まってしまうと思います。

スポンサーリンク



まだデータがありません。