ペヤングの新作を考えたのですが まるかさんいかがですか?

ペヤング大好きっ子です。定番のノーマルが一番美味い、なんて言ってしまうと元も子も無いんですが、新作が出るたびについつい買ってしまいます。

言ってしまえばまるか食品さんいつもありがとうってことですね。

先日食べた背脂MAXはネーミングセンスと味のインパクトに驚かされた逸品でしたが、酸辣MAXの登場により「ついにネタ切れか?」なんて不安になってしまう僕です。

※画像は酸辣MAXやきそば

もちろん酸辣MAXは美味かったです。でもネーミングで損してるかも?酸辣湯麺好きじゃないとよくわからん名前です。

商品は売れるからこそ次回作も期待されます。

ネタ切れになって新フレーバーが発売されなくなっては困る!というわけで今回は新しいペヤングの味を考案してみました。

誰でも思いつくような味ばかりですが、僕が食べたい味=ペヤンガーの求める味だと信じ公開していきます。

ペヤングはやっぱりMAXだ

ペヤングの新味の醍醐味といえば「やりすぎ感」にあると言える。

激辛ペヤングを食べたことがある人なら納得のいく話だろう。「ほんとうに辛い」。

予想のナナメ上をいくやりすぎ感はいつも僕達の心をダンスさせてくれる。

にんにくMAXを作ったときは、風呂に入っていた嫁に怒られたほどである。

うまいペヤングMAXを考えようじゃないか

うまいペヤングを食べたいなら普通にペヤング買って食べればいいんじゃね?

そんな声は無視し、僕はあくまで新しい出会いを求める。

パクチーMAXが出た頃からマニアック感が強くなってきたような気がするが、僕はパクチーに特に思い入れがあるわけでも無いので食べなかった。

というかたぶんパクチーそんなに好きじゃないと思う。

僕の考えるうまいペヤングMAXはあくまで「美味しそうな味」を求める。

ギリchocoとか納豆とか、一部の人はぜったい買わないような味はあまりうれしくないのです。

そんなわけで「うまいペヤングMAXを考えようじゃないか。」

1.アボカドMAXやきそば

スタートから「何いってんのコイツ?」なんて思われそうだが、アボカドです。

そう、青臭いアボカド。

アボカドって美味いじゃないですか?

醤油かけたらウニ?になるし、海老アボカドのサンドイッチとかバーガーキングのアボカド入ってるやつとか美味いし。

ねっとり濃厚なアボカドは醤油やソース系に合うハズ。それにネーミングもちょっと気になるでしょ?

そんなわけでイチオシのアボカドMAX。ぜひ作ってください。

2.麻婆豆腐MAXやきそば

老若男女、みんな大好き。麻婆豆腐である。

豆腐はフリーズドライ製法でたっぷり入れられるし(即席味噌汁の具でもよくある)、マーボー味は麺にも絡んで美味いだろう。

難しい点をあげるとしたら、辛さをどうするか?である。

個人的には豆腐をMAXにして辛さは普通よりちょっと辛いくらいがよいかと思う。

味は想像するだけでも美味しそう。すでにマーボー麺という料理があるのはご愛嬌。

3.チーズMAXやきそば

説明不要かもしれないけどチーズ。チーズオニモリである。

チーズがあの美味いペヤングソースに合わないハズがない。三種のチーズ牛丼だって超美味いし。

スポンサーリンク

問題はチーズのタイプ。個人的にはチーズテイストのソース、チーズソースにして麺にしっかり絡むようにしたほうが美味しそう。

後乗せ固形チーズだと多分コストがかさんで赤字になると思われる。

たぶん売れる。

4.つけ汁MAXやきそば

もはやこの記事を読んでいるアナタの頭には「?」が浮かんでいることだろう。

ペヤングをツケメンにしてみたら?という超斬新な発想。

山岸さんが聞いたらショックを受けるかもしれないが、焼きそばと言ってもカップ麺。「焼いてない」のだ。

つけ汁にくぐらせたって良いじゃないか。

当然MAXなのでつけ汁用スープは1リットルです。

5.コーンMAXやきそば

こちらは製品化が容易そうな一品。

グリーンジャイアントも真っ青なコーン一色のペヤングである。

ソースをコーンスープ味にするかは賛否両論。

ワカメMAXがあるくらいだからコーンMAXが発売されてももう驚かない。

いつものペヤングソースでも合いそう。

6.二郎MAXやきそば

ニンニクMAX、背脂MAXときたらもうこれしかない。

二郎MAXである。

「あのラーメン二郎とコラボした期間限定メニュー!」として登場してくれたら売れるだろう。

もちろん僕も買います。

野菜(というかかやく)もマシマシにして欲しい。

お値段は高めに設定されそう。黒烏龍茶必須のメニューと言えるだろう。

7.あんかけMAX焼きそば

もしかしたらこの記事を読んだまるかさんの社員さんは「やられた!」と苦虫を噛みしめているかもしれない。

そう。あんかけである。

あんかけ焼きそばのあんかけをMAXにしたメニューだ。

注目は「あんかけのトロミ」。

量もスゴイがそのネットリ感はもはやあんかけレベルではない。プリプリした食感はもはや蒟蒻畑をはるかにしのぐ。

天下一品で麺を食べたらスープも一緒に無くなってたって言うじゃない?あんかけ食べてたらペヤングも無くなってたってツイートがあふれかえる時代がすぐそこまで来ている。

コラーゲン入りなので女性向けのメニューと言えよう。

8.謎肉MAXやきそば

商品化がいちばん難しそうな一品。あの謎肉とコラボしたペヤングである。

コロチャーじゃダメなんだ。カップ麺はジャンクフードであるべきだ。

謎肉たっぷりのペヤングなんて想像しただけで美味いじゃないか。

問題はメーカー間の問題ではある。

ペヤンガーならきっと盛大な拍手と共に満面の笑みを浮かべほおばることだろう。

9.魚粉MAXやきそば

間違いない。これは美味い。

魚粉が「嘘!?」って叫びたくなるほどてんこ盛り。

粉物麺類に魚粉が合わないハズもなく。

猫も夢中になって食べるに違いない。

かつお節MAXも考えたけどインパクトだけで言えば魚粉の圧倒的勝利。

パサパサになって麺をすすれないのはご愛嬌。

10.そばめしMAXやきそば

ちょっと流行ってすぐに消えたそばめし。

焼きそばとご飯を混ぜた炭水化物ファンには鳥肌モノのメニューだが、もはやこれはそばめしでしかないんじゃないの?なんて声は聞こえても聞こえない。

まあでも、普通に美味いと思う。

まとめ

ペヤングの新作をいろいろ考えてみましたが意外と思いつくものですね。

すぐに商品化できそうなものばかりで僕もビックリです。

まるか食品さんの商品開発の方の努力、味の探究心には遠く及びませんが、少しでも新メニューの後押しができたらと思い今回の記事を書きました。

「こんなん一体誰が買うの?」なんて思いながらついつい買ってしまう。そしてあまりのMAXぶりに「ペヤングまじかよ」なんてツイートしてしまう。

そんなペヤングが大好きだ。

そのうちペヤング総選挙なんてのもやって欲しいな〜なんて思いつつまるか先生の次回作に期待します。

※この記事はあくまで僕個人の妄想によるものです

スポンサーリンク



まだデータがありません。