ウィルキンソンのタンサンはレモンが美味しい話と豆知識

ウィルキンソン愛好家のかつしたです。

子供の頃はコーラ大好きっ子でしたが、老いた体に高カロリーはキツくなってきました。炭酸水ならカロリーの心配は無いし、食事にも合う。

罪悪感無く飲めるのは水か炭酸水ではなかろうか。

特にウィルキンソンのタンサンは強炭酸で飲みごたえ充分。炭酸好きなら迷わずウィルキンソンだと思っています。

そんな僕のオススメするウィルキンソンナンバーワンはレモンです。

もっと多くの方にウィルキンソンレモンの美味しさを知ってほしい。

そんなわけで、僕がレモン味をオススメする理由と最安値で買えるショップをご紹介します。

ウィルキンソンの歴史

ウィルキンソンはウィルキンソンが発見した。

1889(明治22)年ころ、英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンは、狩猟に行った宝塚の山中で炭酸鉱泉を発見しました。

引用元:ウィルキンソンズストーリーズ

日本では当たり前に使われる「タンサン(炭酸)」というフレーズも、実はウィルキンソンさんが始まりとのことで実に面白いです。

実は国産である

ウィルキンソンという名前からしてアメリカ産のような気がしますが、じつは国産品。

発売当初は天然水のタンサンでしたが、現在は兵庫県明石市で井戸水と河川水をろ過したものに炭酸ガスを加えて作られているのです。

知られざる?ウィルキンソン情報でした。

レモンが一番美味しい

ウィルキンソンは強炭酸のスッキリ味が美味しいタンサン水である。

グレープフルーツ味もジンジャーエールも美味しい(個人的にドライコーラは無しである)が、中でも一番美味しいと感じたのは「レモン味」である。

シンプルな味ではあるが、レモン風味が活きていて強めのタンサンにしっかりと馴染んでいる。※ちなみに無果汁

そのまま飲んでも美味しい。割って飲んでも最高だ。

料理にも合うし、料理の味を壊さない。甘さが無くシンプル、だけど炭酸が強いから飲みごたえ充分。それがウィルキンソンレモンの醍醐味なのだ。

シンプルすぎて逆に飽きない。王道テイストは回り回ってベストなのである。

一度飲み比べてみて欲しい。レモンフレーバーがいかに優れたテイストなのかおわかりいただけると思う。

風呂上がりの一杯、そして寝る前の一杯に好んで飲んでいます。

余談ですが、南アルプスの天然水ソーダのレモンも美味いけど炭酸の強さではウィルキンソンが上だと思う。

ウィルキンソン最安値はAmazonのようだ

ウィルキンソンをコンビニで買うのも良いと思う。飲みたいときに冷えたウィルキンソンを買って飲む。最高の瞬間だ。

しかし、コンビニもなんでも屋ではないのでお気に入りのフレーバーが売ってない場合だってある。

ネット通販で買えば売り切れの心配とは無縁である。

スポンサーリンク

ネット通販で買うなら安いに越したことは無い。

ネットショッピングで最安値で買うなら価格.comのお世話になることは多い。

価格.comで調べると、最安値のショップは「酒のビッグボス」だった。

価格.com ウィルキンソン タンサン

一本あたり78円と確かに激安だ。

でもよく見ると「送料600円〜」なんて書かれているので思ったより安くなかったりする。

最安値で検索する場合は送料も考慮しないといけない。

結局僕がお世話になっているのはAmazonである。

まとめ買いすれば送料無料になるし、配送も早い。使い慣れたショップで買うのが一番分かりやすいものです。

送料を考慮するとやっぱりAmazonは最安値なのではないかと思う。

マンションの12階にだってAmazonで買えば運ぶ苦労も無し。そんなわけで今宵もたっぷりとウィルキンソンを味わうのです。

まとめ

ウィルキンソンは新フレーバーが出るたび買っていますが、なんだかんだでレモンが一番美味しいと思います。

赤いラベルのノーマル(タンサン)も捨てがたいですが、レモン風味があるだけで飲みやすさが違いますね。

ドライコーラの発想も好きですが、やっぱり本家コーラには及ばない感じ。

ウィルキンソンは強タンサン+ほんのちょっと香るぐらいが最高だと思います。炭酸水ファンにオススメの一杯、それがウィルキンソンタンサンだと言い続けたい。