帝国ホテルのチョコレート!プレートのビター味を口コミします

どうも!チョコレート愛好家、かつしたです。

人もチョコも、見た目よりも味重視。

最近は明治のTHE チョコレートにハマり中。見た目は普通の板チョコなんですが、食べるとわかる違い。ビターな香りと深みのある味が最高なんですよね。

お値段は一般的な板チョコより100円くらい高いですが、そのぶん美味しいので仕方ないかな~と思います。

そういえば、最近はビーントゥバーが有名になりましたね。ビーントゥバー(Bean to bar)とは、チョコレートの製造において、カカオ豆の買い付けから焙煎、製造までを自社工場ですべて行うことでチョコレートの本当の美味さを楽しめるというもの。

見た目はどれも普通の板チョコ。でも食べてみるとその味の深さと違いに驚く。

まさに味で勝負といった感じです。

今日はバレンタインデーにいただいた帝国ホテルのプレートチョコの味の感想をお伝えします。
帝国ホテルのチョコを買おうか迷ってる方なら必見の記事ですよ〜。

帝国ホテルのプレートチョコをもらいましたよ!

アラフォーオヤジのちょっと嬉しい話。僕には妻と娘がいますが、毎年バレンタインデーになると市販のチョコと手作りチョコがもらえます。

家族がいて良かったと思える1日です。

ちなみに市販品は妻、手作りは娘から。愛情の温度差が見え隠れします。

当然ですが、家族以外の人からもらえるチョコも嬉しい。

義理とはいえ、もらえるだけで充分ありがたいのです。

そんなわけで、今回お知り合いのオバチャンからいただいたバレンタインチョコが帝国ホテルのプレートチョコ。

18枚入りで味はビターとミルクの二種類入っていました。

1000円くらい(調べてスミマセン)のシンプル板チョコですがこれがしっかり美味しい。

美味しいけどミルクはちょっと甘すぎる

シンプルで小ぶりなプレートチョコはせわしない男性諸君のハートをわしづかみ。

スッと取り出して一口で食べられます。

スポンサーリンク

まずはミルクを食べてみます。

…うむ、甘い!

辛口男子としては甘すぎます。キャラメルを食べているかのような後クセのある甘さでした。

コクのあるミルクの味わいは好きですが、もう少し甘さ控えめのほうが良いです。

ビターは文句なしにうまい

次に食べたビターですが。

カカオの苦味と練られた旨味がしっかりと舌に残りますね。

The チョコレートの紫色(コンフォートビター)に近い、力強い旨味を感じました。

文句なしに好きです。

帝国ホテルのチョコはミルクも含め、本格的なんだな~と実感しました。

まとめ

帝国ホテルのチョコは今回初めて食べましたが、まさに帝国の名にふさわしい?重厚な味わいでした。

ミルクの甘ったるさはやや苦手でしたが、ビターのうま苦い味わいと合わせて食べるとちょうどいいかもしれません。

なにより、帝国ホテルの味を教えてくれたオバチャンに感謝です。

次回はマーブル模様が美しいスティックをもらえたらいいな、なんて思うバレンタインデーでした。