ドルチェグスト最高!ピッコロの使い方とジュニオとの違いについて

どうも!コーヒー愛好家のかつしたです。

普段はコーヒー代節約術を実行している僕ですが、たまには贅沢をしてみたくもなります。

早朝、鼻を優しく包み込む淹れたてのコーヒーの芳香な香りに憧れ、ついにあのネスカフェドルチェグストを購入しました。

1杯50円くらいなので言うほど贅沢では無いんですが、本格的なカフェの味が楽しめると聞いて前からずっと気になっていたんです。ドトールやスタバなどのカフェスタイルってなんだか憧れます。

なんかオシャレでカッコいい。味も良いらしいし。

そんなわけで、僕が購入した「ドルチェグスト ピッコロ」を実際に使ってみた感想、そして味について語らせていただきます!

ドルチェグストをこれから購入予定の人には役に立つ情報だと思います。買って後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドルチェグストを購入した理由

冒頭でほぼ語ってしまいましたが、僕はカフェのコーヒーが大好きです。

タリーズが一番のお気に入りでしたが、最近は葉山珈琲にハマり中。

ブラックが本当に美味しいんですよね。

まあ専門店なので美味しいのは当然なんですが、ハッキリ言ってカフェスタンドは高いです。

1杯500円なんて普通だし、サイズも色々あって悩む。サイズの呼び方が違うのも困るし。

まあ1番の問題は「家の近くに無い」ってことなんですが。

たとえどんなに美味しいコーヒーでも、毎日車を走らせるのは正直めんどいです。

そんなとき偶然テレビで見かけたのがネスカフェアンバサダーのCM。

「本格カフェの味を職場、ご家庭で」

ううむ、まさに僕が求めているスタイル!家で美味しいコーヒータイムを過ごしたいのです。

インスタントコーヒーもいいけどたまにはやっぱり贅沢な味を堪能したい。

それに、1杯50円くらいなので缶コーヒー買うより断然安い。

ワオ!ドルチェグスト買っちゃおうかな!

なんて思ったのです。とはいえ…。

ドルチェグスト購入で悩まなかった訳ではない

即購入!でも良かったんですが、多少の不安要素はあるものでして。

僕が気になった点をあげると…。

・買っても本当に(何回も)使うだろうか?

・本当に美味しいのか?

・作るのめんどくさくないか?

・音はうるさくないか?

・買って後悔しないか?

・本当に安いの?

など。

悩み出したらキリが無いんですが。ここからは実際に使ってみた感想です。

ドルチェグストはめんどくさい?

※すべてドルチェグスト(ピッコロ)を使った感想です

ドルチェグストはコーヒーマシンに水とカプセルをセットし、スイッチONするだけで淹れたてのコーヒーが飲めるのがウリ。

実際に使ってみた感想としては、確かに簡単です。

水とカプセルをセットし、電源をONにしたら30秒くらいでコーヒーが作れます。

たった30秒くらいでお湯が出てくるシステムは不思議ですがとにかく早い!です。

しいて言えば、水のタンクが600mlとかなり小さいので毎日入れ換えないといけません。衛生上あえてタンクが小さい可能性はありますが。

洗浄はカプセルの台座くらいなので楽です。取り外せるし。

ともあれ、ヤカンでお湯を沸かすより早く、簡単に作れるのは間違いないです。

ドルチェグストはうるさい?

コーヒーメーカーって基本的には静かなものだと思っていましたがドルチェグストはどうなんでしょうか?

うるさいという話を聞いていたので正直不安でしたが、実際に使ってみたら

うるさいです。

”ぶうぃ~ん”とモーター?で水を吸い上げるときの音がかなりうるさい。それにかなり振動します。

カップを置いてそのまま注ぐと振動でカップが動いてしまうくらい震えます。

スポンサーリンク

ハッキリ言ってこれは良くない点ですね。

※ドルチェグスト(ピッコロ)を使った感想なので他のタイプはうるさくない可能性はあります

本当においしいの?

さて、1番重要なポイント。それが「」です。

今回僕は、リッチブレンド、アイスコーヒー、宇治抹茶ラテ、チョコチーノを試してみましたが…。

どれもカフェレベルで美味い!でした。

特にリッチブレンドは注いだときにクレマ(泡みたいなもの)がタップリ。味も深く香りも素晴らしいものでした。

カプセルなのに本当に美味しいの?なんて声も聞かれそうですが、きっと多くの人がカプセル=リキッド(液体)タイプ、もしくはコンク(濃縮)タイプだと思っているんじゃないかと感じます。

実はドルチェグストのカプセルって、中に挽きたてのコーヒー豆とフィルターが入っているんですよね。

毎回蒸らし&抽出を行うから美味しいんですね。

カプセルの密封空間なので酸化も防いでくれます。

また、チョコチーノの濃厚なチョコテイストとホイップの滑らかな触感はクセになりますね。もはやデザートです。

うちの娘のお気に入りです。

宇治抹茶ラテの本格的な深い味わいもぜひ試して見てほしいです。カフェレベルと言っても問題ないくらいですよ。

ドルチェグストは本当に安いの?

リッチブレンド、オリジナルブレンドなどのいわゆる一般的なコーヒーカプセルは一箱16個入りで通販でも800~900円前後で売られています。

一杯50円程度を高いと見るか、安いと見るかは正直人それぞれでしょうね。

ただ、宇治抹茶ラテやチョコチーノなどのダブルカプセルタイプは注意が必要です。

一箱に入っているカプセルの数は16個で一緒なんですが、ミルクカプセル+抹茶カプセルなど、2つで1回ぶんだったりします。

つまり、同じ16個でも実際は8回ぶんしか入っていません。

一杯100円ちょっとになるのでこちらは若干高いような気がします。また、上の画像のように、表面を見ただけでは抹茶カプセルとミルクカプセルの見分けが付きません。

裏のボディを見て色の違いから判断します。これは改善できそうな気もするけど?

買って何回も使うかしら?

コーヒーメーカーって、買っても意外と使わなかったり新しい商品が出たら欲しくなってしまうものだと思います。

実際、ドルチェグスト本体も種類豊富ですが基本的なシステムはどれも一緒で、カプセル自体もすべて対応しているので買い換えの必要性は低いですね。

「買って何回も使うのか?たまにしか飲まないんじゃないか?」という話もありますが、実際のところ僕は「週に7回は」飲んでいます。

1日1杯くらいの頻度ですね。

コーヒー好きならドルチェグストを試してみても良いんじゃないかと思います。味の種類も豊富ですし、ブラックコーヒーが本当に美味しいです。

まとめ

ドルチェグストは本格的にコーヒーを味わいたい人には十分満足の行くものだと思います。

想像よりうるさかった点(※ピッコロ)はマイナスですが、美味しさを考えると多少は仕方ないのかな?なんて考えるようにしています。

「最高のコーヒーメーカーに出会えた!」と言いたいところですが、実はいくつか後悔している点があります。

それは、自動停止タイプを選ばなかった点です。

ドルチェグストには何種類か製品があり、そのほとんどが自動で止まります。

僕の持っているドルチェグスト(ピッコロ)はお湯の量を設定できないので手動で停止する必要があります。

そのため、毎回同じ量のお湯を注ぐのが難しく、注いでいる間もグストから離れることができません。

これから購入予定の方はジュニオ2のような自動停止タイプを選ぶことをオススメします。

あともう一点後悔していることがあります。それは、マシン無料サービスを利用しなかったことです。

じつは、コーヒーマシンが無料でもらえる!/ネスカフェ ドルチェ グストサービスを利用すると自動停止タイプのドルチェグストが無料になりますし、何よりカプセルが送料無料&10%OFFで購入できるんですよね。

つまり、買う必要無かったじゃん!て話なんです。

ずっと使い続けるならコッチのほうがお得なんじゃないかって今は思っています。まあ後悔は後からするものですが。

これからドルチェグストを使ってみたいな~とお考えの方は今回の記事、参考にしてみてくださいね。