ローソンのスイーツ「節分ロール」が美味い!常に販売してください

2月といえばバレンタインデーや豆まきなどイベントが多いですが、近年は恵方巻きを食べる習慣が定着しつつありますよね。

関西から広まった恵方巻きは全国区になったけど、その発端ともいえるのが「コンビニの恵方巻推し」にあると思います。

コンビニは定番商品があると売上も伸びるので、毎年同じ時期に売れる恵方巻きは願ってもないチャンス。コンビニの前にはデカデカとのぼりや垂れ幕が飾られます。

セブン-イレブンやファミマ、ローソンなど大手コンビニチェーンは毎年力を入れていますね。

特にローソンは海鮮巻きやサラダ巻き、定番巻きに加え、スイーツ系恵方巻きが販売されるので毎年楽しみにしています。

そんなわけで今年もローソンのスイーツ巻き「節分 和ロール」を食べてみました。

いわゆる抹茶のロールケーキですがこれまた美味い。常にスイーツコーナーに置いて欲しいくらい美味しかったです。

一日遅れですが「節分 和ロール」を食べた感想をお伝えします。

ローソンのスイーツロールを食す

すでに海鮮巻き、サラダ巻き(どちらもローソンで購入)を食べ終わったので、デザートの節分ロールを食べたいと思います。

リラックマのミニもち食感ロールやイチゴロール、くまもんなが〜い節分ロール(娘が食べた)も捨てがたいですが、僕は抹茶好きなので和ロールをチョイスしました。

ローソンの恵方巻き情報(公式)

正式名称は「節分 和ロール」ですね。

さっそく開封。

スポンサーリンク

抹茶の生地に栗と小豆、ホイップクリーム(小倉ホイップ)がたっぷり入っています。食べる前からおいしいです(?)

節分 和ロールを食べた味の感想

辻利抹茶のロールケーキはもっちりとしてますが若干のパサツキ感もありました。

中にはクラッシュされた栗がかなり入っており、食感も味もグーです!

また、ホイップ自体は小豆風味くらいでそこまでアズキ感を主張していませんが、まんま小豆がたくさん入っているのでバランスがとれています。

ちょっと固めな小豆の煮具合は好みが分かれるかもしれません。僕的にはもう少しやわらかいほうが好みですが、栗の歯ごたえと合わせたと考えれば納得のいくお味。

長さが15.0センチ、太さ5.0センチとボリュームは最高潮。

甘党、和のスウィーツが好きな人にはオススメできるスペシャルに美味いロールケーキでした。

まとめ

毎年美味しいコンビニの恵方巻きですが、ローソンのスイーツロールは今年も力が入っていましたね。

種類の豊富さにも驚かされますが、何よりその味のこだわりに感服。

年に一度のお楽しみではもったいないくらい。できればサイズを短くして常に販売してほしいな〜と思うくらい美味しかったです。

(ある意味ローソンさんへのお願いを込めた記事でした)

恵方巻きはコンビニが人気!ローソンとファミマを比較してみた
スポンサーリンク



まだデータがありません。