アマゾンのKindle読み放題はメリットだけ?意外とあったデメリット

Kindle読み放題に感動する外人読み放題に驚くトム

キンドルの電子書籍が月額980円で読み放題になるAmazonの信じられないサービスが始まりましたね。本好きとしては待ってましたと言わんばかりのありがたいシステムです。

しかも30日間は無料なのでお試しで使うのもよいですね。
合わなかったら30日以内に解約すればいいわけだし。

当然僕も開始後すぐに登録しましたが、使ってみて感じた実直な感想をお伝えしたいと思います。

電子書籍が読み放題?それってほんと?

キンドルアンリミテッドの内容は単純に言ってしまえば月額980円でKindle書籍が読み放題になるというサービス。

Amazonにログイン済みなら登録はすぐに済みます。

▶Kindle読み放題を見てみる

kindle unlimitedの登録ボタンを押すだけですね!簡単です。

本好きなら損なし?バンバン読んじゃう?

さて、Kindle内の電子書籍が読み放題となればそりゃ買う予定だった本もダウンロードするだろうし本来興味はあっても買うほどではない、そんな電子書籍もバンバンインストールしてしまうわけです。

月額980円で読み放題、そりゃ最高にクールでイケてるサービスだよな!

…こんなゴキゲンなサービス、やらない手は無いじゃん。

なんて思いながらも不安な点が無いわけでもない。不景気。収入減…。

そんなうまい話ばかりじゃないんだよこの世の中。

かつした少年、もといオッサンかつしたは思う。

何か裏があるんじゃないか?

例えば?

月額制にしちゃったもんだから電子書籍が全く売れなくなるんじゃないか?売れないってことはつまり反対する人が増えてサービスが突然終了してしまうんじゃないか?無料本はふえるどころかむしろ減ってしまうんじゃないか?アマゾン、というかKindle内で書籍販売している人、ブログ内でリンクを貼っている人は収入が激減するんじゃないか(チラッ)。

なんて色々思い巡らせたりもします。

ぶっちゃけ、読む側という立場で考えればメリットしか見当たらなそうだけど。

月額制のメリット、デメリットとは?

どんなサービスにもメリットデメリットがあります。

当然Kindleアンリミテッドにもある。

メリットは

・初回30日間はなんと無料!(お試し期間)

・普段読まない(買うほどではない)本も気にせず読める

・月額980円と安い

・Kindle対応端末から共有して読むことができる

なんとなく興味はあったんだけど値段が高くて手を出さなかった、買って後悔したくないから購入しなかった。

そんな電子書籍がキンドルアンリミテッドにある場合は本当にうれしいです。

初回無料ならとりあえず試してみる価値はありますよね。それに本屋さんで買えば1000円以上するような本も普通にあります。一冊利用すればもう元が取れてしまいますね。

デメリットは

・すべての本が無料ではない(Kindleアンリミテッド対象書籍のみ)

・1度にインストールできる電子書籍が10冊まで

・新しい電子書籍をインストールするには既存の書籍を消す必要がある

・マンガ系が少ない

10冊以上読むためには山ほどダウンロードし自分だけのギャラリーに保存しておく、とは行かないのです。この点は重要です。

手にいれた本を手放したくない!という人には不向きです。

注意点

当然ですが対象外の本を購入する場合費用がかかります。

また、対象商品でも「読み放題で読む」を選ばないと対象外(お金がかかる)ので注意。
Kindle 読み放題

スポンサーリンク

かならず「読み放題で読む」を選びましょう。

最大のデメリットはブロガー?

キンドルアンリミテッドが普及すると起こりえる最大のデメリットがあります。それは「Amazonアソシエイトプログラム」で書籍を紹介しても売れる可能性が低くなる、です。

ブログでおすすめ本を紹介する場合Amazonアソシエイトで登録した個人コードを貼っている方がほとんどですがもしも紹介した本がキンドルアンリミテッドに置いてあればわざわざお金をだして買う人はいないですよね。

たとえば以下の本を紹介しても

「読み放題で読む」を選べばその分の紹介料は入らない訳で。よほど欲しければ買うでしょうが。

※紹介している書籍がUnlimited非対象になる可能性はあります

書籍を販売している場合は「読み放題の対象から外す」ことができますが印税が減る(70%→30%)ので判断は難しいところ。

読み放題に登録されていても著者には印税が支払われるようですが本の値段とは関係なく、「読まれたページ数で計算される」とのこと。いままでまったく売れなかった本も今回の制度で売れるものが増えるでしょうね。

読み放題対象の本が少ない今なら狙い目かも?

結局、読み手にやさしく、売り手には厳しいサービスと言えそう。

やめるには?

Kindle内の、

Kindle Unlimited

アカウントサービス内の「お客様のkindle Unlimited」を選び、画面左側の

キンドルアンリミテッド キャンセル

メンバーシップを管理→kindle Unlimited会員登録をキャンセル

でOKです。

使ってみた感想

実際に僕も使ってみたんですが、検索が少しわかりにくなと思いました。

Kindleアンリミテッド書籍のコーナーから探す、というよりはお目当ての書籍名で検索したほうが早いですね。
まあそれがキンドルアンリミテッド対象じゃないときはガッカリしますが。

欲しかった書籍が多かったので個人的には大満足です。たとえばビジネス書籍って普通に2000円とかするじゃないですか?

一冊ダウンロードしたらすでに元取れちゃう。元取りニストとしては大満足です。読んで失敗した時の残念感も軽いです。

マンガ好きにはちと残念かもしれません。正直無料でも読まないマンガが多かったです。

版権とか色々大変なのかな?なんて思いました。

まとめ

Kindleアンリミテッドは名前通りアンリミテッド(無制限)で好きな本が読み放題な嬉しいサービスですが、やはりデメリットもあることを覚えておきたいですね。

また、ネガティブな発言になりますがいくら月額制とはいえ読み放題だと書籍一冊一冊の重みが違いますね。

すぐにダウンロードしてササッと読んでは削除(※ストックできる冊数が10冊までな為)…。実際の価値よりも低く感じてしまうのではないか?

ダウンロードすればするほど一冊あたりの価値は下がり、読み物としてのプライド、お金をかけることによる感覚的贅沢は薄れる。

また高額な値段で販売されていた書籍が無料になっていて実際に読んだら大したことはない→出版者の威厳が薄れる…なんてことも考えたり。

ともあれ無料期間があるのでなんか思ったのと違うな~という場合はやめてしまえばいいのでとりあえず使ってみてから考えれば良い話。

まずは使ってみてから、ですね。

Kindleアンリミテッドを使ってみた感想。いつの間にか本が消えてる件