グルメ記事の書き方をコッソリ教えちゃいます!

tabasuko

ブログにはオリジナル要素が必須ですが、検索した人の満足感があってこそのオリジナリティでありまずはニーズを知る必要があります。

1から需要を調べて書くなんてめんどくさい。それにサラリーマンだから時間も限られるしそもそもニーズなんてわからない。

そんなお悩みを解決する方法、教えちゃいます。

今回はグルメブログに特化して書いていますが他のジャンルでも基本的なやり方は一緒です。

ブログには型がある

今回はグルメブログに特化して書いていますが、実はどのジャンルの記事においても読者の求めるというものが存在するのです。

この型を知っておけば後は型にはめ込んで記事を更新するだけです。

型を知っておけば時間に追われるサラリーマンや主婦でも記事の更新が楽になります。

なお、ブログのジャンルによって必要な要素は変わります。

グルメブログの型とはどんなものか?

どんなジャンルの記事にも必要な要素、抜けない内容がありココを外すと読んだ人にとって時間の無駄な記事になってしまいます。

基本的にはグルメのジャンルで書かれた検索上位の記事を読めば良いのですが、グルメ記事にはある一定の型があるのです。

グルメブログの型は以下の通り。

・記事タイトルに「お店の名前」と「場所」が入っている

・画像をふんだんに使っている※自分で撮影している

・実際に食べた味の感想を書いている

・お店の営業時間、場所、値段などのデータを掲載している

必要な要素はこれだけです。グルメブログでは以上の型を意識して記事を書けば良いんです。

最も必要な部分は「実際に食べた感想、写真」です。

スポンサーリンク

お店の評判、クチコミは食べログなどのグルメサイトを調べればすぐにわかります。しかし、臨場感のあるリアルな感想はブログでしか表現できません。

僕も食べるのが大好きなのでこんなフード記事も書いています。

つくばの洋食屋ウエストハウスはパフェが超でかい
茨城県の洋食屋さんといったらやっぱりウエストハウス!っていう~

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おまけ:商品レビューの型を紹介します。

商品を使ってみた感想記事、いわゆる「商品レビュー」の記事の型もコッソリ紹介しちゃいます。

商品レビュー記事の基本的な型

・記事タイトルに商品名が入っている、商品のジャンルが入っている

例:ダイ◯ンのコードレスクリーナーDC△×を使ってみた感想

・画像をふんだんに使っている

開封前の状態、開封後の状態、使っているときの画像など写真が多いほうが良い

・価格比較をする&最安値のお店を紹介する

Amazonや楽天、価格コムなどの値段を比較して(現在の時点で)最安値のショップをリンクを貼って紹介する

・自分が買ったサイト(お店)と値段を書く

ほんとうに買ったのだと理解できる

・使ってみた感想を書く

良い部分だけでなく悪い部分もあれば書いたほうが親切です。でも悪い点ばかり書くと単なる批判記事になってしまうので注意

もちろん以上の基本的な型に加え知っている情報があれば加えたほうが良いでしょう。

読んだ人が安心して購入できるような”ウソの無い”レビュー記事を書いていきましょう。

まとめ

「あの店美味しかった!」で話を終わらせるのはもったいないです。せっかく情報発信できる媒体を持っているのですから記事にして公開するべきです。

感動を共有してこそ記事に価値が生まれます。

今回紹介したグルメブログの基本的な型はかなり利用価値のあるもの(※実際に僕もそうしている)なのでもしもあなたがグルメ系の記事が書きたい、書いている場合はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



まだデータがありません。