君は長い文章が書けるようになる魔法の言葉を知っているか?

長い記事が書けない

”長い文章が書きたいけどうまくいかない。書けない。”

検索結果を意識する以上、1記事あたり少なくても1,000文字以上は書けるようになりたいもの。

文字数のハードルを設けてしまうと逆にかけなくなってしまうんじゃないか?と言われると確かにその通りでプレッシャーになって続ける文章が思い浮かばなくなってしまうことがあるんんですよね。

もういっそのこと書くのやめてしまおうか?

なんて思った経験はありませんか?少なくとも僕は3回はあります。

ココだけの話、じつは、誰でも知ってる「ある言葉」を加えるだけで文字数がドンドン増えちゃうんです。

この方法を使えば誰でも簡単に文字数を増やすことが可能になります。

今回はそんな魔法のような言葉をコッソリ教えちゃいます!

簡単すぎてシラケてしまう可能性もありますが記事を書く上で超重要な話なのでゼヒ参考にしてみてくださいね。

文字数を増やす言葉とは?

提出するレポート、論文が書けない(大学生)、ブログ記事の文字数が増やせない(ブロガー)、メール文章が書けない(メルマガ発行者)…。

文章にたずさわる人なら誰でも経験する「書けない病」。

テキトーにかけばそりゃ文字は簡単に増えるが無理やり記事を書いていっても誰の役にも立たない無駄な記事になってしまいます。

でも、今回紹介する言葉を使えば文字数が増えるだけでなく読んだ人が喜んでくれる有益な記事が書けるようになります。

その言葉とは何なのか?

それは

「たとえば」

です。

単純すぎて怒られそうですが、この「たとえば」を使うだけで文字数がグンと増えます。

論より証拠、実際の例を見てみてください。

「たとえば」を使った具体的な例

たとえば、次のような文章を書いたとします。

ハゲで悩む人は年齢が上がるほど増えます。男性ホルモンの影響でしょうか?

スポンサーリンク

毛が無い男は嫌われるので僕も他人事ではありません。今のうちに対策を考えておこう。

ありがちな文章ですよね。

このありがちな文章に「たとえば」を加えるとどうなるでしょう?

ハゲで悩む人は年齢と共に増えます。男性ホルモンの影響でしょうか?毛が無い男は嫌われるので僕も他人事ではありません。何か対策を考えないといけませんよね。

たとえば睡眠時間を考えなおしてみてはどうか?じつは、髪にはゴールデンタイムなるものが存在し、いわゆる毛の成長ホルモンが活性化する時間に良い睡眠を取れば発毛、育毛に良い影響を与えるといいます。

夜の10時から深夜2時までが髪のゴールデンタイムと呼ばれていてこの時間帯に良い眠りを取ることで健康的な(特に髪に)生活が送れるでしょう。

結局、不規則な生活を改善し髪の成長を妨げる要素を一つずつ取り除いていけば良いんですよね。
よし、明日から実践してみよう!

たとえばを加えただけでアラビックリ!およそ200字ほど文字が増えてしまいました。

「たとえば」、なんて便利な接続詞なんでしょう。

なぜ「たとえば」が良いのか?

なんで

なぜ「たとえば」が良いのでしょうか?

たとえばに限らず、接続詞を使うと文章にリズムが生まれます。中でも「たとえば」は便利な接続詞で、使うと具体例や提案を書く必要が出てきます。

その結果、文章に付加価値を与えることが可能になるんです。

具体例があると読んだ人はイメージをつかみやすいし、知識が増えるので満足感も得られます。

具体的な例を上げるって言われるとめんどくさそうですが、じつは全然難しく無いんです。

先ほどの「髪のゴールデンタイム」の件も元々知っていた話ではなく、「髪に良い方法」を調べて書いただけです。

情報量が増えることで記事の価値も上がります。関連する情報は多いほうがありがたいのです。

まとめ

接続詞の使い方は記事を書く上で重要な部分なのでうまく活用したほうが良いです。

特に「たとえば」を使えば、具体的な提案や例をつなげ文章量も増やしやすいのでオススメです。

長い文章が書けないときに便利な方法なのでうまく利用してみてくださいね。

スポンサーリンク



まだデータがありません。