ブログ初心者を卒業するための記事の書き方まとめ

ブログ初心者

「ブログ初心者なんだけど、記事を書き続ければそのうちアクセス数も増えるっていうじゃない?でもどんな書き方をしたらいいんだろう?適当に書いてもいいのかな?」

「とりあえず一日2、3記事を毎日更新していればいいんでしょ?でもそれって無理ゲーです」

ブログ初心者のうちは記事を書けばアクセス数が増えると考えがちです。

記事数が多ければ良いっていう考え方は古いです。

もちろん、ブログなので記事を書かなければいけませんが数よりも「読んでもらえる良い記事」を書けるようになるべきです。

今回はブログ記事を書く上での基本的な書き方をまとめました。

初心者の壁から脱出するために必要な要素です。人気ブログによく見られる、読まれる記事に共通する書き方なのでぜひ参考にしていただければと思います。

記事の書き方を知れば初心者じゃなくなる

ブログは書きたいように書くべきではありません。

書きたいことだけを書いているうちは初心者です。プラスアルファが必要です。

たとえばグルメ記事を書きたいな〜と思った場合も「書きたいこと」だけでなく「書くべきこと」も意識したほうがいいです。

つまり「読んだ人の満足」「価値」を加えるのです。

記事に価値を与える方法

記事に価値を与える。難しい話に聞こえてきそうですがそんなことはありません。

どんな人がどんな理由であなたの記事を読みに来たのかを考えるのです。

例として、グルメ記事を書いてみます。

初めて「山田うどん」に行ったとき食べた「パンチセット」が美味しかった!という記事を書いたとします。(僕の実際の話です)

初心者ブロガーが書くとどうなるでしょう?

記事タイトル:山田うどんのパンチがうまい

今日は山田うどんでパンチセットを食べました。

思ったよりあっさりしてて美味しかったよ!うどんはソフトめんみたいに柔らかいから好みは分かれるよね。

パンチがとろとろでもう最高!また明日も食べたいです。
追伸:あしたも読んでね!

いかがでしょうか?箸にも棒にもかからない日記記事になってしまいましたね。

※ちなみにパンチとはモツの煮込みのことです

自分だけの日記が書きたいならそれで良いでしょう。

今回の場合、「山田うどんのパンチセットがいかに美味しかったか」をより多くの方に伝えたい、アクセスアップをしたいわけですから求められた情報を書く必要があります。

記事タイトルは釣りで終わってないか?

まず第一にあなたの記事を読んでいる人は「はじめてあなたのブログに訪問している」という点を認識しましょう。

あなたの記事を読みに来た理由は「検索したらたまたま見つかったから」に過ぎません。

読者が検索した理由を考える必要があります。

今回の記事の場合、キーワードは「山田うどん」と「パンチセット」になります。

「山田うどん」がメインキーワードで「パンチセット」が関連キーワードです。

記事タイトルには必ずキーワードを入れる

メインキーワードと関連キーワードを記事タイトルに入れることを忘れてはいけません。

たとえば本屋さんで本を買う場合タイトルにひかれて買う場合が多いですよね。

タイトルが「自分に必要な情報が載っていそう」なので買うのです。

記事タイトルも本のタイトルも同じです。本のタイトルを付けるような(読みたくなるような)タイトル付けを心がけましょう。

魅力的なタイトルが思いつかない場合は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ホッテントリメーカーが使えないので似ているサイトを探したら超便利だった
ブログ記事のタイトルをキーワードから自動生成してくれ~

魅力的な記事タイトルは釣りになりますが、タイトルに合った内容、答えが無ければ釣りで終わり。

質問に対する答えを用意しましょう。

たとえば「池袋の●●ラーメンは店は狭いがチャーシュー麺は最高!」というタイトルを付けた記事であれば「店内がどれくらい狭いか」を「町の交番くらい」とか「幅およそ◯m」など、読んだ人がイメージできるように例をあげたりすると良いでしょう。

写真付きならなお良いですね。※もちろん撮影禁止のお店ではNGですが

また、「チャーシュー麺が最高!」なのでチャーシュー麺の画像とシャーシューがどう美味しいか、スープは?麺は?など読んだ人が気になる情報を書きましょう。

スポンサーリンク

大切なのは「なぜこの記事を読みに来たのか?」なのです。

さて話を戻します。

読者は「山田うどんのパンチセットに興味がある人」でしたよね。

Yahoo!の検索窓に「山田うどん パンチ」と入力したら、偶然あなたの記事が見つかったとします。

もしも先ほどのような初心者ブロガー記事だったらどう思うでしょうか?

【読者の気持ち】

「あれ〜?山田うどんのパンチって何なのか知りたくて検索したのに…肝心のパンチが何なのか書いてないじゃん!ガッカリ」

「食べた感想は良いけど…実際の写真も見たいな」

など、目的の情報が得られず落胆することでしょう。

ブログ脱初心者の方法は「読者目線」である

山田うどんのパンチセットについての記事が需要があるかどうかは別として、記事タイトルを見て訪問した方には満足して帰っていただきたい。

そもそも付けるべき記事タイトルが思いつかない!

記事タイトルは読者目線を考えれば難しくはありません。

関連キーワードをタイトルに入れれば良いのです。

関連キーワードとはすでに検索数のある(需要の多い)キーワードのことです。

関連キーワードはグーグルサジェストKOUHO.jpなどで調べることができます。

グーグルサジェストグーグルサジェスト
キーワードツール・サジェストでキーワード候補を取得KOUHO.jp
ある程度検索されているキーワードのみが表示されるので、示されたキーワードを使って記事タイトルを付けます。

そのキーワードの答えを知っていればそのまま書き、知らない場合は知恵袋や本、ネット上で調べて書きます。

もちろん内容に誤りがあっては困るので多くの情報を読み納得&理解した上で書きます。

たとえば「山田うどん パンチ」と入力すると…

山田うどんパンチ

以上のような関連キーワードが表示されました。

ちなみに以上をふまえて書いた記事が以下の記事になります。

山田うどんのお持ち帰り。パンチはお取り寄せできるの?
関東を中心に広がる山田者の輪。 山田うどんは埼~

だいぶ前に書いた記事ですが参考にはなると思います。

関連キーワードを記事内に入れ、答えとなる情報も書く。

読者側の目線を意識しましょう。

「こんなこと誰でも知ってるだろうから書く必要ないだろう」なんて思う必要はありません。

なぜならあなたの頭の中ではわかっていることも、検索している人にとってはのどから手が出るほど知りたい情報だからです。

書きたい記事は読まれるべきである

ほんとうに書きたい記事って書ければいい、それだけじゃないはずです。

より多くの人に読んでもらいさらには反響があれば最高にうれしいものですよ。

読んでもらうための手段として需要があるキーワードを調べ答えを書く必要があります。

初心者ブログの書き方まとめ

まとめると、

・記事タイトルを魅力的なものにする

・タイトルはキーワードツールで調べた関連キーワードを使う

・キーワードに対する答えを書く

となります。

読者目線を意識するようになればもうアナタは初心者ブロガーではありません。

ブログのアクセスアップに必要な要素なのでぜひ参考にしていただければと思います。