言い間違いから生まれるアイデアは人を幸せにする

ユーモア

父「たい焼き買ってきたよ~」

子「やった~、あでもそれ大判焼きだからね」

言い間違いってありますよね。言ってる方は気付いてないけど聞いてるほうはわかってる。

知らぬは本人ばかりで可笑しくてついつい笑ってしまう。でもそんな瞬間が好きで先日も心がホッコリする出来事がありました。

今回は勘違いから生まれるユーモアの話について書いていきます。

言い間違いはユーモア

言い間違いといえば先日、知り合いのオバサンがうれしそうに話しかけてきたんです。

なんでも、ミニストップで売ってたパンがすこぶる美味しかったらしく

オバサン
また食べたい!食べたいのよ~

とのこと。でも最近売ってないらしい。

僕は

えっ、それどんなパンなの?僕も食べてみたいです。

と言ったところオバサンは

オバサン
子供が好きなキャラが書かれてるの。モチッとしたパンで中のクリームも美味しいのよ~

なんて言うので僕は子供が好きなキャラって何だろう?クレヨンしんちゃん?そうだきっとそうだなんて思い尋ねたら

オバサン
違うわよ。たしかに下品なところは似てるけど…えっ、まさか知らないの?

なんて言うもんだからちょっとだけイヤな気持ちになり僕は「名前を教えてくださいよ」なんて半キレ状態で尋ねたんです。

するとオバサンはこう言ったのです。

グータラ。グータラが書かれてるの」

あ〜、あれね。あのやる気のない無愛想な…

グータラね。

グータラって…。

よかつしたです

(なんだぁぁ!?)

勘違いに驚く

まあ勘違いは誰にでもあるし本人の聞き間違いの可能性はある。

でも言ってる本人は真剣そのもの。笑うなんて失礼じゃないかなんて思ってしまう。

とはいえこのオバサン、元々物忘れが激しいというか、人の話を聞いてないというかとにかく人の名前や物の名前を間違えるのだ。

シベリアっていうお菓子あるじゃないですか?あのアンコをカステラではさんだ甘いやつ。

シベリアの画像

カロリー高そうだけどまあシベリア美味いですよね。

なんでシベリアっていうのかな?なんて思うときもありますが。

シベリア〜名前の由来〜

名称の由来に関しては諸説あるが、特によく聞かれる説は、羊羹をシベリアの永久凍土に見立てたという説、カステラの部分を氷原に、羊羹の部分をシベリア鉄道の線路に見立てたという説、シベリア出兵にちなんだものだからという説、日露戦争に従軍していた菓子職人が考案した説等である。

引用:シベリア(菓子)

また別の日のこと、このオバサンと話す機会があったんです。

オバサン
あれまた食べたいんだけどあまり売ってないのよね
とのこと。

スポンサーリンク

僕は

あれって何ですか?

と聞いたところ

オバサン
あのこしあんをスポンジではさんだ黒いケーキよ。

というので僕はすぐに「ああ、きっとシベリアのことを言ってるんだな」と思いました。

僕も好きですよ甘くて美味しいですよね

なんて答えたら

オバサン
そうそう、でも全然売ってないのよね~  ロシリアン

なんて言うものだからいやいやどんな間違いかたやねん、シベリアとロシア混じってるしなんてツッコミを入れようと考えながらも、でもまあたしかにニュアンスはなんとなく近いものがあるのかも?いや全然違うがな!なんて思ったわけです。

まあそんな彼女なので最近はある程度何言ってるかわかるようになりました。

でも、今回のグータラはほんとうに分からなかった。

謎のグータラの正体がバレる

話を戻します。

僕は謎のキャラ「グータラ」に興味津々。何せ見たことも聞いたこともないキャラ名。でも子どもには人気があるという。

単に僕が無知で流行に乗り遅れているんだな~と思うべきなんですが、話を聞いていくとなんだかおかしいな~と思う点がチラホラ。

オバサン
ぐうたらのどこが良いのかしらね。あんなやる気の無いキャラクター。誰にでも描けそうなのにね

ううん?やる気の無い?そんなキャラいたっけか。

オバサン
寝っ転がってるだけなのに

さらにわけがわからない。

オバサン
ゲームセンターのぬいぐるみでもあるじゃない

なかなか分からない。

謎多き「グータラ」。もう頭のなかはグータラのことしか考えられない!

…ググったら出てくるのかな?あとでスマホから検索してみよう。

そう思ったそのとき。

オバサンの放った次の一言で謎はすべて解けたのです。

オバサン
あれよね、色が黄色なのは玉子をイメージしてるからなんでしょ?しかもの。

ああ。

オバサン…それ。

よかつしたです

「ぐでたまですわ。」

まとめ

人は勘違い、間違いを繰り返すものです。でもそれが人を傷付けるものでも不機嫌にさせるものじゃなく笑いを誘い少しだけしあわせを感じさせるものなら全然アリでむしろありがたいものなんじゃないかって思いました。

さすがにぐうたらは分かりませんでしたが。

帰宅後、ヨメに今回の件を話したら爆笑してました。言い間違いってある意味人の心をしあわせにしてくれるものなんですね。

そんなオバサンにこれからも言い間違いを止めないで欲しい。そんな気持ちになった出来事でした。