functions.phpファイルを編集する前にやるべきこと2つ

php編集

かつしたです。

有料ブログ(レンタルサーバー、独自ドメインで運営するブログ)運営をはじめると、できることが多すぎて逆に何をやるべきかわからずパニックになりますよね。

期待通りに出たときは喜びもひとしおですが、編集しすぎてわけがわからなくことも多いです。

特に.phpファイルの編集は初心者にはむずかしいものです。絶対に押すなよ!と言いたいくらい重要な部分なのです。

今回はfunbtions.phpファイルの編集の方法と初心者がやってはいけない理由を紹介します。

phpファイルとは?

phpファイルとは、ブログ記事などウェブ上に残すページを作るのに便利なプログラムのことです。

phpに関するやさしい説明は↓
http://wa3.i-3-i.info/word12703.html

記事の投稿部分はsingle.php、ヘッダー部分はheader.phpなど、それぞれ対応したファイルがあります。

ワードプレスのphpファイルはどこにあるの?

phpファイルは

ダッシュボード内の

.phpファイルの場所

外観→テーマの編集

で見つかります。

管理画面からテーマを編集するのは危険

ブログノウハウを教えるサイトでは、よく「〜.phpファイルに下記のコードを貼り付けてください」などの説明を見かけますが、ダッシュボードからファイルを編集するのはおすすめできません。

というのも、カスタマイズしている際に突然パソコンが動かなくなってしまったり、
ネットワークが途切れてしまったらいままでの編集は水の泡になってしまうし、ヘタしたらブログ自体が表示されなくなる恐れもあるんです。

スポンサーリンク

ファイルを編集する際は直接書き込むのだけはやめましょう。

それでもやっぱり編集したい

鶴野照美
俺はどうしても編集したい!カスタマイズしたいんだああ!!うわぁぁぁ」

という人はFTPソフトを使うべきでしょう。

FTPソフトとは?

FTPソフトとは、パソコンにワードプレスのファイルをダウンロードし、編集してから再度アップロードするものです。

有名なFTPソフトはFFFTPとFileZillです。

FFFTPはウィンドウズのみですが、FileZillaはウィンドウズとMac両方に対応しています。

やさしいFTPソフトの説明と紹介↓

テーマのための関数(functions.php)をいじるのは要注意

FTPソフトを使うこと自体初心者向けではありませんが、ブログ運営も慣れてると色々いじりたくなるものです。

phpファイルをいじる上で特に気をつけてほしいのがfunctions.phpファイルです。

「{}」の閉じ忘れや、「;」と「:」の間違い、段落や余白を入れてしまうなど、ちょっとしたミスが命取り。

functions.phpファイルの書き込みで失敗すると画面が真っ白になったり操作不能になるなど予期せぬ事態が起こるのです。
最悪元に戻せなくなります。

「ブログカスタマイズ」で検索するとfunctions.phpに記述する方法が書かれていますが初心者はやらないほうが無難です。

どうしてもやりたいのであればバックアップは必須ですよ。
http://naifix.com/backup/

まとめ

ブログが表示されなくなると検索結果にも悪い影響がありますし、訪問した人も変なサイトを開いてしまったようなイヤな気持ちになります。

当然、当事者はパニック状態です。

初心者ならかならず1度は失敗します。僕はphp以外でも失敗しましたが。

パーマリンクを変更したら画面が真っ白になった話

勉強のために失敗覚悟で挑むなら別ですが、ブログ初心者ならまずfunctions.phpは触れるべきでは無いし、どうしても編集したいなら

・バックアップを取る

・FTPソフトで編集する

以上の2つをかならず行うべきでしょう。

スポンサーリンク



まだデータがありません。