知っておきたいコピーライティングの基礎活用法

コピーライティングの基礎とは広告としての記事を書く力、いわゆる「売れる文章力」のことです。

コピーライティングはブログ運営者には欠かせない要素です。なぜなら、ブログを書いている人の多くが収益化を目指しているからです。

売れる文章が書けるようになればあなたの書いた記事から商品が売れるようになるでしょう。

例えば「レッドブル、翼を授ける」というコピーがあります。これはエナジードリンク系のCMで使われているキャッチコピーですがドリンクの味を表現しているものではなく「飲んだらどうなるか?」「飲む価値はあるのか」について想像力をかきたてるものです。飲んだあとの結果を期待し購入するのです。

キャッチコピーは基本的に短い文章で一行程度の長さしかありません。短い文章は覚えやすくイメージしやすいものです。

企業イメージにもつながる重要なフレーズなのでインパクトのある(購買欲を駆り立てる)ものが求められます。

CMのキャッチコピーが短いのには当然理由があります。時間制限です。

短いものでは15秒程度、長くても1分以内であるCM業界ではいかに印象強いコピーを流せるかが勝負になります。ブログやメールでは読み手が時間を決めますがCMのような短いコンテンツでは「いかに短く、いかにインパクトを出せるか」で視聴者の心を動かそうとします。

当然ながら短い情報は記憶にも残りづらいものです。だから毎日、何度も同じCMを打ち、記憶に残そうとします。

コピーライティングはキャッチコピーのように短い文章で迫るタイプだけではなく、むしろ長い文章でじっくりと読ませ読み手の感情を刺激、心の琴線に触れるような長文タイプがあります。

ランディングページや広告文がそれにあたります。「あなたのために」「あなたはこうするべき」と心理的な面を突く文章力が求められます。

最後まで読んでもらうために”あえて”価格や販売期間をページの最後に記載する場合もあります。

これはテレビショッピングの「今ならなんともう一個!」「お値段据え置き!送料無料」もよく使われているキャッチコピーですね。

コピーライティングとはいかに心を動かせる文章か、購入につなげることができるか、が重要でありコピーライティングを学ぶことはブログの収益化にもつながります。

ここからはブログでやるべきコピーライティングの基本的な構成について学んでいきましょう。

ブログのコピーライティングとは?

ブログを運営する人は情報を提供し、影響を与えているという真実を忘れてはいけません。あなたの文字に性格を読み、あなたの書く文章でモノを買い、モノを買うのをやめるのです。

たとえば「ライオンの形をしたかわいい保湿器」を買ったとします。

ライオン (1)

※見た目にやられましたw

あなたはこのライオン保湿器の良さを実感し、もっと多くの人に使ってみてほしい、購入してもらいたいとします。

スポンサーリンク

どうしたらこのライオン保湿器を買ってもらえるでしょうか?

検索流入から購入につながることが多いです。たとえば「かわいい保湿器」で検索したらたまたま見つかった、でも良いのです。あとはあなたの書いた記事が「ウソの無い本音の感想文」であれば良いのです。

あなたが書くべき記事の内容はシンプルです。

①なぜ買ったのか?

②どこで買ったのか?

③使ってみた感想(良い点、悪い点)

④価格比較

などになります。

コピーライティングの基本的な考え方は「いかに心を動かすか」です。あなたが買ったモノには購入に至るまでのプロセスが必ずあります。

買ったのはなぜなんだろう?使ってみた感想は?

商品レビューの記事が与える影響力を忘れてはいけません。あなたの知りたい情報は読者の知りたい情報でもあります。

キャッチコピーのひな型

ブログでキャッチコピーを使うには一定の流れがあります。

これを覚えておけばあなたの記事の目的達成への近道となるでしょう。

記事の構成

記事タイトル

想像力をかきたてるアイキャッチ画像(無くても良い)

感情を刺激する前書き

本文

結果につながる部分(広告、メルマガ読者登録など)

人は見た目が9割とは言いますが、記事タイトルを見て、人は読むべきか読む必要はないか判断します。

たとえば、記事タイトルが「たった1ヶ月で髪の毛が生えてきた!薄毛の悩みを解決する方法」であれば髪の毛が薄くなってきた方の心を揺さぶるでしょう。

ここでの「結果につながる部分」は「薄毛解決のための商品」や「ハゲの人に役立つメルマガ」などになるでしょう。

当然ですが、記事タイトルが大げさすぎる、あおりすぎて内容が全然関係の無いものではいけません。期待と違う内容は読み手をガッカリさせもう一度あなたのブログに訪問しようとは思わないでしょう。

商品レビューの記事を書くコツは記事タイトルに問題提起、前書きで「読んだらどうなるか」を書き、最終的にどんなアクションをしてもらいたいか、最後に何を伝えるべきかが重要です。

ブログにおけるコピーライティングとはあなた自身の感じた本音の部分、本心を書くことであり、最終的にどういった行動を取ってもらいたいか(クロージング)を知ることです。

たとえばAmazonでテレビを買う場合、よほどの衝動買いでないかぎりもっと調べて決めようと判断します。

実際に使ってみた人の感想は?本当に買っていいものなのか?

そんなときあなたの書いたレビュー記事を見つけたらどうでしょう?あなたが良い点と悪い点を具体的に書いていれば読者からの信用も強くなり、実際に買ってみたい人と思う人も増えるでしょう。

使ってみた人の感想には価値があります。

心を動かすのは「本音」です。キャッチコピーとは心を動かせる文章です。

読み手意識が大切です。

まとめ

キャッチコピーの基本的な考え方は売れる文章を書くことです。

売れる文章を書くためには読み手が何を求めているか?何をプラスしたら喜ばれるか?など考えるべき点は多いです。

ブログもセールスも一番たいせつなのは「読者目線」です。キャッチコピーを学び読み手の満足感、安心感を与えられる文章を意識しましょう。
オススメ!

バカ売れ
キャッチコピーを学ぶ人にオススメの本「1行バカ売れ」の感想

スポンサーリンク



まだデータがありません。