もう後回しにしない。やるべきことができない人のために一日完結メモを作りました

お役立ち情報

1日は24時間。
人生は3万日しかないと言われています。
毎日ボーッと生きていたらいつのまにかおじいちゃん。
やりたいことがあっても体がついていかなくなります。

やるべきことリストを書き出し行動することで自信や達成感、成長が見込めます。
でも、やるべきことばかり考えていても変にプレッシャーがかかってしまい時間とストレスで押しつぶされることになってしまいますよね。

今回はやるべきことと同じくらい大切なやらないことリストの必要性、そして目標達成にひつようなご褒美の考え方などを書き出しました。
僕が毎日書いている手書きメモです。
名付けて「一日完結メモ」

このメモの通りに行動すれば、やるべきことができない人から卒業する一歩が踏み出せます。

PDFファイルとしてダウンロードできますのでよろしければご利用くださいね。

スポンサーリンク

やるべきことは毎日書く

行動に勝る成長は無し。
考え実行する人は生き生きとし自分自身、周りから見てもカッコいいです。

やるべきことは毎日書き出すべきです。
そしてやれたかどうか毎日確認するべきです。

Todoリストを作成できるアプリやソフトはたくさんありますが、より効果的に実行するにはやはり手書きが一番。
メモとして残すべきでしょう。

毎日書き出すのはめんどくさい、それに何を書けば良いかわからない人も多いと思います。

「やるべきことができない人」から卒業することが出来た、僕が実際に書き出しているメモがあるのですがよければ参考にしてみてくださいね。

※記事の最後にPDFファイルを用意してあります。ぜひご活用ください。

手書きメモで目標達成

さっそくですが僕の書き出しているメモをご紹介します。

new_リスト (1)

とりあえず、字がきたなくてスミマセン…。

見づらいですが、書いている内容は

○やるべきこと
○やらないこと
○ごほうび

この三項目だけです。
シンプルさを追求した目標達成メモです。

このメモを朝起きてすぐに書くようにしています。

朝からめんどくさい、という気持ちもありますがこのメモを書いておくことで自分の行動が変わってきますし、後でその日の達成感も味わえるので朝がベストタイミングと言えます。

ただし、残業で帰りが遅くなったり、体調が思わしくないときは目標を柔軟に変えるべきだと思います。
あくまでも自分のために書く、が重要です。

1.やるべきことを書き出す

たった三項目ですが、必要性の高いものだけを書き出すようにします。

最初に「やるべきこと」を書きます。

一番重要な項目ですね。
毎日書くものなのでその日のうちにやりきれるものにします。
たとえばブログをやっている人なら「記事を1つ書く」、というのも良いでしょう。

やるべきことリストは多くても5つまでにします。
あまり多くを書きすぎて、やりきれない目標を立ててしまうと途中で挫折する可能性が高くなるためです。

2.やらないことを書き出す

次に「やらないこと」を書き出します。
これは自分が”やらないほうがいいのは分かっているんだけどついやってしまう”項目を書きます。

例えば夜更かしして朝起きれなくなる人は「夜更かし」と書きます。
お酒をやめたい人は「お酒」ですね。

あまり固く考えず、自分の目標実現のためのメモなので自分が読んで分かれば良いです。

やるべきことリストと同様に多くても5つまでにします。
やらないことを増やしすぎると返ってストレスになります。

できればやるべきことリストとやらないことリストは同じ数にすると良いですね。
バランスは大事です。

どちらも完了した項目はチェック、もしくは斜線で引きます。

3.ごほうびを書き出す

最後に、「ごほうび」

やるべきこと、やらないことがすべて完了したら最後に自分へのごほうびを与えましょう。
ごほうびと言ってもそんな豪華なものやお金のかかりすぎるものではいけません。

毎日こなしていくならごほうびも多すぎず、良すぎないものが良いです。

たとえば、イチゴのショートケーキやプリンなんか良いですね。
甘いものは脳へのごほうびとしても最適ですし、お腹の満足感もあります。

ゲームが趣味の人は「ゲームを◯時間やる!」でも良いでしょう。

自分にあったごほうびを用意しましょう。

ひとつだけ注意点があります。

それは「ごほうびは1個だけにする」ことです。
多すぎる、豪華すぎるご褒美は目的達成のためには良いかもしれませんが、次の日のごほうびが「それ以下」だとモチベーションが下がってしまいます。

また、やらないことリストの中の項目をごほうびにするのもアリかと思います。

例えばやらないことリストに「YouTubeを見ない!」と書いた人はごほうびリストに「YouTubeを見る」と書く。

人それぞれ趣味が違うように、ごほうびも自分だけのもので問題ないです。

あまり細かく書かない

このメモを使ってわかったことですが、あまり具体的に書き過ぎないほうが良いですね。

実践上、こと細かに書き出してしまうと切迫感が強くなりできなかった時のストレスが大きいです。

自分で実践できれば良いのでシンプルに書いたほうが良いと思います。

さいごに…PDFプレゼント

今回書き出したやるべきこと、やらないことリストは僕が毎日メモ帳に書き出しているものです。
とってもシンプルで単純なものですができそうなことしか書いてないのでストレス無く続けられます。

僕のメモ帳、では字がきたなくて読みづらいのでpdfファイルを作ってみました。

書き出し方と見本を用意しましたのでよろしければダウンロードして使ってみてくださいね。

一日完結メモ(書き方PDF)

メモのメモ
一日完結メモ(PDF)

一日完結メモ(具体例PDF)

一日完結メモ
一日完結メモ PDF(例)
やるべきことができないという人はぜひ参考にしてみてくださいね。