思いつきを生かし価値のある記事を書く方法

アイデア

良い思いつきはその場で記録しておく必要があります。どんなに良いアイデアでも保存しておかなければ消えて無くなります。あとで思い出そうなんて無理な話。人間の記憶力なんてたかが知れているのです。

ブログは価値のある記事を書いていかないといけないと言いますが、どんな記事を価値があると判断すべきでしょうか?

思いつきのなかにこそ価値がある。今回はそんな価値のある記事を書く方法をご紹介します。

思いつきには価値がある

人は毎日なにかしら思いつきます。くだらないダジャレやオリジナルソング、好みの異性とのありえない妄想などばかばかしいと思うものも多いです。

人には言えない思いつきの中に突然、誰も予想しない、時には自分ですら信じられないような素晴らしいアイデアが浮かぶときがあります。これはすごい!きっと誰も気付かなかったアイデアだぞ!…なんて思ったはいいものの、仕事に追われ、同僚とおしゃべりしている間にいつのまにやら頭から吹っ飛んでいます。

人に伝えればまだましですがそれでもやっぱりすぐに忘れてしまいます。悲しきかな、人は全能では無いんです。記録しておかないとやっぱり忘れてしまいます。思いついたら即行動!かならずメモしておくべきです。思いつきには価値と可能性があります。

インスピレーションをメモするクセをつけましょう。

ちなみに今書いているこの記事も仕事中の思いつきをメモしたものです。

自分の得意な時間帯を覚えておく

インスピレーションが湧く時間は人それぞれ。皆同じタイミングではありません。朝起きてすぐの人もいれば、寝る30分前かもしれません。朝に強い人ならば積極的に早起きして色々と思い巡らすのも良いでしょう。

僕の場合は昼食後30分くらいがいちばん良いアイデアが浮かびます。逆に空腹時や早朝は何も思い浮かびません。

リラックスしているときや不安を感じないときが良いアイデアが浮かぶと思います。僕の例で言えば食後で脳内に糖分が行き渡っているから良い…のかもしれませんね。

良い思いつきが浮かぶ時間帯、つまり自分の得意な時間を覚えておけばとっさのひらめきも記録しやすくなります。いつでも記録できるよう、メモ帳やメモノートは常に持ち歩くべきでしょう。

後で捨ててしまわないよう、メモ帳はお気に入りの一品を決めておいたほうが良いです。自分の好きなメモ腸は毎日開くのが楽しみになり、記録を習慣化しやすいです。メモ帳が無くて記録できないってときは録音できるボールペンも便利ですね。とっさのミーティングや聞き逃せないトークでも効果を発揮してくれます。

スポンサーリンク

脳内のインスピレーションはかならずメモを取っておくべきです。

ブログ記事は思いつきが大切

良い思いつきは残す必要があります。自分にとって良いアイデアは世の中の誰かの役に立つアイデアでもあるのです。頭で思っても仕方がないです。書いて世の中に発信しないともったいないです。ツイッターは話題作りの場にはなりますが一日経ったらもう古い情報。時代遅れのつぶやきになるのもすぐです。

思いつきを残すメディアとして最適なのがブログだと思います。

自分が良い、素晴らしいと思ったアイデアはブログ記事にしてどんどん発信していくべきです。ネット上に記録されたあなたの記事はたまたま読んだ人に感動や共感を与え、感謝するでしょう。

現在、社会的地位や権威が無いからって「俺の記事なんて大したもんじゃない」なんて思う必要はありません。価値は他人が決めるものです。

読まれるための最低限のキーワード意識は必要です。

ブログ記事のキーワード選定に一番たいせつなこと
ネット検索するときはキーワードを意識していきましょう~

まとめ

自分の価値観に共感してくれる人もいれば受け入れられない人もいます。結局は読む人の価値観に左右されますが、個性の無い記事はニュースサイトやトレンドを追うだけのアクセス数求めの記事と一緒です。

おおげさかもしれませんが、唯一無二の主張は世の中を変えます。

アイデアは毎日生まれ消えていきます。これを残すか残さないかで今後の結果は大きく変わります。

さいごに

自分の中から生まれるアイデアは価値があります。

自分が良いと思った記事を書いても無駄、なんてことは無いです。自分自身の意見が世の中に影響を与えます。

スポンサーリンク



まだデータがありません。