画像キャプチャ&編集はAwesome Screenshotが最強かもしれない

キャプチャ

chromeウェブストアには画像編集アプリがたくさんあります。ありすぎてどれが良いのか悩んでしまいますよね。

画像編集や注釈(矢印を入れたり説明文を載せたりする)はなるべく早く済ましたいものです。

僕は今までevernote web clipperを使っていました。evernote関連の拡張機能はシンプルでわかりやすくていいですが、同等レベル、もしくはそれ以上に早く編集できる拡張機能があれば…。

今回は僕がevernotoよりもカンタンで素早い画像編集が可能だと感じた拡張機能「Awesome Screenshot」の使い方をシェアしたいと思います。

Awesome Screenshotを追加する

Awesome Screenshotはchromeブラウザの拡張機能です。chromeストアから追加していきます。

Awesome screenshotを追加

ちなみに今回の記事もAwesome Screenshotを使っています。

Awesome Screenshotの使い方

chromeに追加されると、ブラウザの右上にアイコンが表示されるようになります。

ココです

使い方はキャプチャしたいリンクを開きアイコンをクリックします。

今回も僕のブログでやってみます。

ブログのモチベーションアップの方法は「当たり前を書く」
ブログは当たり前で良いって思ったらモチベーションがア~

この記事をキャプチャ&編集してみます。

記事を表示させたら、Awesome Screenshotのアイコンをクリックします。

キャプチャ

英語で書かれているので簡単に説明させていただきます。

項目の説明

※caputure visible part of page…今すぐに表示している画面のキャプチャ&編集を行う

Delayed caputure…3秒後に開いている画面をキャプチャ&編集を行う

caputure selected area…キャプチャする範囲を選択する

caputure entire page…ページ全体をキャプチャする

※select a local image…ローカルフォルダ内(PC内)の画像を編集する

caputure desktop…デスクトップ画面をキャプチャ&編集する

色々ややこしいですが、caputure visible part of pageselect a local imageだけ覚えておけば十分でしょう。

caputure visible part of pageを選択した場合

スポンサーリンク

表示されている画面の編集をしていきます。

編集の仕方はskitchによく似ています。

編集

画像上に表示される各項目を選択して編集作業を行っていきます。

左から…

「crop」…範囲の選択

「pen」…ペンで自由に線を描く

「rectangle&ellipse」…四角や円で囲む

「allow」…矢印

「text」…テキスト文字を書く

「blur」…指定範囲をぼやかす

「highlight」指定部分にマーク(蛍光ペン的な)する

後は「色の変更」「元に戻す」「更新する」などです。

編集の例

編集画面

select a local imageを選択した場合

ローカルイメージ(PC内の画像)を編集することができます。

ローカル編集

ダブルクリックしてローカルフォルダ内の画像を検索するか、画像をドラッグ&ドロップして編集します。

編集の仕方はcaputure visible part of pageと一緒です。

説明が多くなってしまいましたが、一度使ってみれば後は感覚的に使えるはずです。

Awesome Screenshotが最強という理由

画像キャプチャ機能を持つアプリ、拡張機能は多々ありますが、僕がawesome screenshot推しするのにはもちろん理由があります。それは、「画面に表示されているものならほぼすべてキャプチャできるから」です。

例えばevernote web clipperを使ってみると以下のような表示がされキャプチャできない画面もawesome screenshotなら簡単に保存できてしまいます。

webclipper

使えなかったときのイライラ感って嫌ですよね。

evernote web clipperや多くの画像を駆使するブロガーならぜひ使ってみて欲しい機能です。

まとめ

Awesome Screenshotはダイレクトに画像キャプチャと編集ができる便利な拡張機能です。

記事を表示したらアイコンをクリックしてカンタンに編集。

ひとことでいってしまえばこれだけです。

画像編集や注釈に時間がかかってしまう人にもおすすめしたいですね。