ツイッターのフォローボタンをフォロワー数付きで表示する方法

twitter

SNSとブログは相性が良く、特にツイッターはシェアしやすいので利用している方がほとんどだと思います。

今回はツイッターのフォローボタンをフォロワー数付きで表示させる方法をご紹介します。

やり方は簡単なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

シンプルなボタン表示はsimplicityなら簡単

Simplicityの場合、

外観→カスタマイズ→SNS→全フォローボタンの表示

ですべてのフォローボタンが表示できます。

アイコン

色の変更もできるのでWordPress初心者や無料テーマ選びに迷っている人におすすめしたいブログテーマです。

simplicityのデフォルトアイコンも良いのですが、できればもう少しフォローアピールをしたい。

そんなときはツイッター公式のフォローボタンを使います。

ツイッターフォローボタンの取得の方法

まずツイッター公式サイトにアクセスします。

次にアイコンの設定をしていきます。

やりかたは簡単です。画像を見ながら確認していきましょう。

ツイッターフォロー

①ボタンを選択

フォローボタンなので「フォローする」を選びます。

②ボタンのオプション

ボタンの詳細を決めます。

ユーザー…自分のツイッターアカウント名(@を除く)を入力します

ユーザー名を表示…チェックします

ユーザー名があったほうがフォローしやすいかなと思います。不要な方はチェックをはずしてください。

ボタン(大)…チェックします

フォローボタンの大きさを決めます。小さいサイズのほうが良い方はチェックをはずしてください。

スポンサーリンク

ツイッターのカスタマイズによるオプトアウト…チェックしない

おすすめアカウントなどの設定のようですが、今回は必要ないのでチェックはしません。

言語設定…Automatic

表示されるフォローボタンの言語を決めます。基本的にAutomatic(デフォルト)で問題ないです。

japanese-日本語 でも良いでしょう。

➂コードのプレビューを見る

実際に表示されるフォローボタンを確認し、問題なければフォローボタン下のコードをコピペします。

ブログにツイッターフォローボタンを貼る

先ほどコピーしたコードをブログに貼っていきます。自身のブログにログインしたら、

外観→ウィジェット よりテキストを選び任意の場所に移動させます。

僕の場合は記事下(SNSボタン下)に貼りました。

先ほどのコードを貼り付け保存します。

これでツイッターフォローボタンが表示されるようになりました。

2016年1月18日 154319 JST (1)

フォローボタンにフォロワー数を表示させたい

このままでも良いのですが、できればフォロワー数も表示させたい。

そんなときは先ほどのコードを少しいじるだけです。

表示内の「data-show-count=”false“」「data-show-count=”true“」に変えるだけで大丈夫です。

2016年1月18日 154117 JST (1)

フォローボタン図

これでフォロワー数も表示されるようになりました。

まとめ

ブログを少しでも多くの人に読んでもらうにはSNSをうまく活用するべきです。

ブログ内にわかりやすいフォローボタンがあるかないかで全然違ってきます。ブログをシェアする方法のひとつとしてぜひ参考にしてみてくださいね。