chromebookでできることは意外と多い【まとめ】

chrome

かつしたです。Chromebook生活は好調ですよ。買うかどうか悩んでいる人もいると思いますので、今回はChromebookでできることとできないことを解説していきます。

購入を検討されている方の力になれれば幸いです。

Chromebookは何ができるの?

Chromebookは安くて軽いノートパソコンというだけではありません。使ってみるとわかりますが、予想以上にできることが多くて驚きます。

Windowsに慣れている方からしたらできないことの方が気になるかもしれませんが、まずはできることを確認していきましょう。

chromebookでできること

1.ネット検索、閲覧


Chromebookはインターネット接続を基本としているので、当然ネット検索や閲覧ができます。

WindowsでブラウザをChromeにしていた人は違和感なく使えるはずです。

2.動画撮影


パソコン画面を動画撮影する機会もあると思いますが、Chromeではscreencastifyというアプリで対応できます。

画質等気になる部分もありますが、動画撮影もできることはできます。

※今後新しいアプリが登場する可能性はあります

3.画像編集


画像編集ももちろんできます。chromeウェブストアにはFotor Photo Editorなど数多くの画像編集アプリがあります。

4.メール


Gmailが利用できます。

5. メモ


メモツールはgooglekeepが有名ですが、オフラインで使えるメモツールも提供されています。

6.文書作成(ワードやエクセルなど)


Chromebookには文書やスプレッドシートなどワード、エクセルの代わりとなるアプリが標準装備されています。

また、ChromeウェブストアからMicrosoft word online などのアプリをインストールすればChromebookでもワード、エクセルが使えます。

なお、現時点(※2015年) では、マクロやファイル内の埋め込みグラフなどには対応していないようです。

詳しくは…

7.動画の視聴


YouTubeやHulu、ニコニコ動画などChromeブラウザで観られたものは問題なく観られます。

8.ビデオ通話「ハングアウト」


Chromebookではskypeは使えませんが、代わりにハングアウトというアプリをインストールすることでビデオ通話やチャットに対応できます。

※skypeを使う方法はあるようですが、公式に使えるという発表はないです

9.ゲーム


Chrome ウェブストアからインストールできるゲームがたくさんあります。ちなみに有名なangrybirdsなどの一部ゲームはオフラインでもプレイできますよ。

10. SNS


ツイッターやFacebookはもちろん、ツイッタークライアントアプリ(tweetdeckなど)も使えます。

11.LINE


無料通話アプリで有名なLINEも使えるようになりました。※2015年夏~

できること
-トーク(メッセージ)送受信
-スマートフォン版で購入したスタンプの使用
*アニメーションスタンプは、止まったまま表示されます
-グループ作成
-友だち追加
-画像・ファイルの送受信
-メモ機能

スポンサーリンク

できないこと
-アカウントの新規作成
-無料音声/ビデオ通話・「LINE電話」の利用
-絵文字の送受信
-タイムライン機能
-ノート、アルバム機能
-スタンプショップ、着せかえショップの利用
-公式アカウントリストの表示
-自動ログイン機能

引用元:LINE公式ブログ

12.クラウドサービス


エバーノートやDropboxなどChromeブラウザで使えるクラウドサービスは使えます。

13.画像保存


スクリーンショットなどの画像保存もできます。保存先も選択できます。保存された画像はファイルマネージャーから確認することができます。

ファイルマネージャーでは簡単な画像編集もできますよ。

14.オフライン作業


意外かもしれませんが、ネット接続のない場所でもできることはあります。

詳しくは…
https://support.google.com/chromebook/answer/3214688?hl=ja&source=genius-rts

15.印刷


Google クラウドプリント というサービスを利用することでインターネットを経由しプリンターで印刷できます。

※完全未対応のプリンターではできませんが、従来のプリンターも対応させる方法があります

16.外部保存


SDカードや外付けHDDによるデータ保存も可能です。

chromebookでできないこと

1.ITunes


残念ながら、iTunesは未対応です。代替品としてgoogleplayミュージックがあります。

2.WindowsやMacのソフト全般


当然ですが、OSが違うのでwindowsなどの他メーカーソフトは基本的に使えません。

3.Photoshop


画像編集で有名なPhotoshopは使えませんが、Pixlr Editorなどの代替アプリはたくさんあります。

※できないことに関しては今後できるようになる可能性があります

まとめ

いかがでしょうか?意外とできることが多いと思いませんか?そして、できないことは少ないですよね。

Chromebookはこれからも進化し続ける新しいパソコンの形だと思います。使ってみるとわかりますが、作業効率も良く快適です。

Chromebookを選ぶ参考になればと思います。

次は▶Chromebookをおすすめできる人できない人 をどうぞ。