ツイッターでインスタグラムが見れない?画像付きにするカスタム

insta

インスタグラムに投稿した写真をツイッターでシェアしたい。

インスタグラムには元々シェアボタンが付いているのでFacebookやツイッターなどの各SNSに連係して投稿するのは簡単です。でも、インスタグラムアプリからツイッターに投稿しても、リンクが表示されるだけで画像は見られない状態で投稿されます。

タイムライン上で目を引くのはやはり画像付きのつぶやきです。人もつぶやきもまず見た目から入るものですからね。

リンクを押してまで画像を見に来る人は少ないです。インスタは写真やイラストの表示に特化したSNS。せっかく投稿するならやっぱり画像付きがいい!そんな僕のような方のためのカスタマイズをご紹介します。

スマホアプリ「IFTTT」が超便利

画像付き投稿にする方法は他にもありそうですが、今回は一度設定してしまえばあとはインスタに投稿するだけでいい。そんな超便利なウェブサービスをご紹介します。

ifttt

▶ifttt

IFTTT(イフト)というwebサービスで、こちらを利用することで簡単にツイッターにインスタグラムの投稿画像を載せることができます。

各設定はアプリ版IFTTTのほうが簡単でわかりやすいのでアプリの使い方をご紹介します。

アンドロイド版もIOS版もほぼ同じなので自分の使っている端末のダウンロードサイトからインストールしてご利用ください。

▶アンドロイド版はこちら

▶IOS(iPhone)版はこちら

今回はアンドロイド版(Googleplayストア)で説明させていただきます。どちらも無料アプリです。

iftttの使い方

まずはgoogleplay storeの虫メガネ(検索窓)に「ifttt」と入力します。

Screenshot_2015-11-09-20-44-56 (1)

「IF by IFTTT」が表示されますので選択、インストールします。

Screenshot_2015-11-09-20-47-03 (1)

インストール後アプリを起動すると、メールアドレスとパスワードの入力画面になります。

ご自身の持っているメールアドレス(gmailやyahoo!メールなど)を入力し、好きなパスワードを入力して登録します。パスワードは最低でも6文字以上必要です。

メールアドレスとパスワードは忘れたときのために必ずメモしておきましょう。

Screenshot_2015-11-09-20-49-08 (1)

画面が変わったら右上のアイコン(すり鉢?)をクリックします。

最初はなにも設定していないので「you don’t have any Recipes」と表示されます。右上の「」ボタンをクリックし、新しい項目(IFTTTではレシピと呼んでいる)を作成します。

Screenshot_2015-11-09-20-53-02 (1)

色々な項目が出てきますが今回はツイッターとインスタグラムの連係なので、虫メガネ(検索窓)にinstagramと入力します。

おそらくinstまで入力した時点ですでにインスタグラムアイコンと各SNSアイコンの組み合わせ画像が表示されるはずです。

今回はツイッターとの連動なのでインスタグラムアイコンとツイッターアイコンの組み合わせ(post your instagram pics on twitter as a picture)を選択します。

Screenshot_2015-11-09-20-53-59 (1)

Screenshot_2015-11-09-20-54-18 (1)

Published Recipe」と表示されるので、「Add」をクリックします。

Screenshot_2015-11-09-20-54-36 (1)

インスタグラムのアイコン画像とともに「Connect channel」と表示されますのでそのまま「continue」をクリックします。

スポンサーリンク

Screenshot_2015-11-09-20-56-43 (1)

画面が切り替わりましたらインスタグラムアカウントのユーザーネームとパスワードを入力しログインします。

Screenshot_2015-11-09-20-57-12 (1)

Authorize」をクリックします。

Screenshot_2015-11-09-20-57-52 (1)

「Instagram connected!」と表示されますのでそのまま「Done」を押します。これでインスタグラムのアカウント連係は終了です。

ツイッターの連携

次にツイッターアカウントとの連動を設定していきます。画面がそのままツイッターアイコンに変わりますので「continue」を押します。

Screenshot_2015-11-09-20-58-07 (1)

インスタグラムの写真を連動させるツイッターアカウントのユーザーネーム、パスワードを入力します。

Screenshot_2015-11-09-20-58-27 (1)

アカウント入力が完了すると「Twitter connected!」と表示されますので先ほどと同様に「Done」を押します。

Screenshot_2015-11-09-20-59-14 (1)

これでツイッターに画像つきでインスタグラムの投稿がつぶやけるようになりました。

設定は以上になります。お疲れ様でした!

変更前と後の違いを確認してみる

こちらはIFTTTを設定していない場合の投稿です。

Screenshot_2015-11-09-21-58-58 (1)

文字とリンクのみであっさりしていますよね。画像のイメージが浮かびません…。

こちらがIFTTTでツイッター連係した場合のつぶやきです。

Screenshot_2015-11-09-21-04-47 (1)

美味しそうなラーメンの画像が付いてタイムライン上でも一目でラーメンに関するつぶやきだと分かります。

インスタグラムは画像に特化したSNSなのでやはり写真の見せ方が美しいです。せっかくのきれいな画像もリンクだけでは淋しいものですよね。ちなみに、facebookとインスタグラムの写真を連係する場合もやり方はほぼ一緒です。

Screenshot_2015-11-09-22-53-46 (1)

はじめに虫メガネ部分に「inst」と入力しましたが、ここでインスタグラムアイコンとFacebookアイコンの組み合わせを選択します。

あとは先ほどのツイッター連係とやり方は一緒でFacebookアカウントとインスタグラムアカウントを入力すれば連係完了です。インスタグラムで画像を投稿するだけで各SNSに自動で投稿されます。

一度設定してしまえばあとはやることは無し。うーむ、なんて便利なサービスなんだ!

投稿する際の注意点

注意点がひとつだけあります。それは、インスタグラムに写真やイラストなどを投稿する際、必ずシェアボタンは押さないようにしてください。

Screenshot_2015-11-09-21-03-55 (1)

なにも押さなくてもそのまま登録した各SNSに自動投稿されるからです。

ここで、例えばツイッターのボタンを押して投稿すると、画像つきのツイートとリンクのみのツイートが投稿されることになり、二重でつぶやくことになってしまいます。もちろんfacebookなども設定してあるのならシェアボタンは押してはいけません。

やるべきことはつまり「IFTTTでツイッター等のアカウント入力、インスタグラムのアカウント入力」だけです。

それ以降はインスタグラムに画像を投稿するだけで各SNSに自動でシェアされるのです。

まとめ

設定が難しそうに見えるかもしれませんが、一度入力してしまえばあとはなにもしなくても自動でインスタグラムの投稿写真をシェアしてくれます。

ちなみにIFTTTの連係ボタンをOFFにすれば、連係は解除されインスタグラムのみの投稿もできます。なお、登録が済んでしまえばアプリをアンインストールしても設定は消えません。

設定を消す場合はアプリ内もしくはiftttサイトで「連携アイコンをクリック」→「削除」でできます。

めんどくさいのは最初だけなのでツイッターに画像投稿が出来ないって人はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



まだデータがありません。