ワードプレスにツイッターの投稿を連動させる方法

タイムライン埋め込むブログ運営はやっぱりワードプレスでしょ?ツイッターのタイムラインをブログに載せてる人ってけっこういますよね。ブログだけじゃないツイッターのリアルタイムのつぶやきも確認できてなんだか得した気分になります。

お気に入りブロガーさんのツイッターをフォローするのも簡単なので、ブログにツイッターのタイムラインを埋め込むのは良い選択だと思います。

今回はブログとツイッターを連動して埋め込む方法をご紹介しますね。

ブログにツイッターを埋め込む理由

ブログに人気記事ランキングや関連記事を掲載すると読者の滞在時間が長くなって効果的だと言われています。加えて、ツイッターのタイムラインをサイドバーに埋め込んでいくとリアルタイムのつぶやきが見えるので運営者の性格や言動がよくわかり、より親近感を持ってもらえますよ。

ツイッターとブログの連動によるSEO効果はあるのか?

ブログにツイッターのリンクを貼る行為は果たしてSEOに有利に働くのだろうか?実は、Twitterはノーフォロー属性のため、検索エンジンはリンク先を検索しないのです。つまり、被リンク効果は期待できないといえます。

しかし、ツイッターのつぶやき内、プロフィールに添付したリンクからブログに訪問してくれる可能性があるので、やはりツイッターとブログの連携はするべきだと思います。

ツイッター上のリアルタイムのつぶやきはブログに訪問した人も見られるほうがより人間味を感じられます。より多くのコンテンツを設置することで、読者さんを楽しませる効果があります。

ブログにツイッターを埋め込む方法

それでは、実際に僕のブログにツイッターのタイムラインを埋め込んでみましょう。

1.ツイッターにログインする

検索窓に「ツイッター」と入力し、「ログインまたは新規登録」を選択します。

検索

2.自分のアイコン(右上)を選択し、設定を選ぶ。

設定

3.画面左下に表示されているウィジェットを選択する

ウィジェット

4.「ウィジェットの作成と管理」内の新規作成を選択する

SnapCrab_NoName_2015-10-29_20-15-36_No-00

5.ワードプレスブログに貼るコードを作成する

少しめんどくさい部分ですが、ここが山場です。しっかり越えていきましょう。

スポンサーリンク

SnapCrab_NoName_2015-10-29_21-0-30_No-00

1.ツイッターアカウント名を入力する

あなたのツイッターアカウントを入力してください。@はつけないで大丈夫です。

2.オプション取引

@ツイートを除外するは、自分あてに来たつぶやきを表示させるかどうかを決めます。除外する場合はチェックを入れます。

画像を自動的に開くは、つぶやき上の表示される画像を常に表示しておくかどうかを決めます。表示する場合はチェックを入れます。

基本的にそのまんまで良いと思います。

3.好みの高さ(数値)を入力する

ブログに連動したときの表示の高さを設定します。画面右側のプレビューを見ながらお好きな高さを設定してくださいね。
※数値は最低でも250以上にする必要があります。

4.テーマカラーを選択する

ツイッターのテーマカラーを選択します。明るい暗いから選びます。一般的なテーマは「明るい」です。個人的には「明るい」をおすすめします。読者目線で見るとやはり一般的な色のほうが良いでしょうね。

5.リンクの色を設定する

リンクとは、つぶやき内のクリックするとみられるページのことです。

リンクの色設定はお好きなカラーコードを入力します。好きな色(カラーコード)を調べるには原色大辞典が便利ですよ。

#で始まる6ケタの英数字を入力しましょう。

何も設定しない場合は一般的な青いリンク色になります。

6.「変更を保存」をクリックする

プレビュー画面を見て問題ないようなら「変更を保存」をクリックします。

7.コードをコピーする

「変更を保存」まで終了すると、右側にHTMLコードが表示されますのですべてコピーします。

ツイッター上の作業は以上です。お疲れ様でした!

あともう少しですよ!

次に、あなたのブログ(ワードプレス)にコードを埋め込みます。

ブログにツイッターコードを埋め込む

 SnapCrab_NoName_2015-10-29_22-45-45_No-00

SnapCrab_NoName_2015-10-29_22-46-6_No-00

1.まず、ワードプレスの自分のブログにログインします。ログインしたら、「外観」→「ウィジェット」と進み、「テキスト」をサイドバーまで持っていきます。

SnapCrab_NoName_2015-10-29_22-46-19_No-00

2.テキスト内の「内容」に先ほどコピーしたツイッターコードを貼り付け、「保存」を押して終了です。タイトルは「タイムライン」や「つぶやき」など好きな文を入力します。入力しなくても問題は無いです。

最後に「サイトを表示」して問題なく表示されているか確認しましょう。

まとめ

以上がツイッターのタイムラインをワードプレスに埋め込む方法です。

面倒な作業に感じるかもしれませんが、一度設置してしまえば修正する必要は無いので自分のつぶやきをブログにのせたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。