自分が幸せになる方法はあるのか?真面目に考えてみた

hands-437968_640

人は誰しも幸せになろうと行動している。でも、本当の幸せにたどり着ける人ははたしてどれだけいるのだろう?

今が幸せならいいって話でもないし、将来的にもしあわせでありたいはずだ。

現在の僕は幸せでもないし不幸でもない。とはいえ僕の中の幸せの基準があなたといっしょなはずはなく、ひとそれぞれ価値観が違うし男性か女性かによっても見える世界は違ってくるはずだと思っている。

今回は人の心理は行動に直結するのかどうか、自分が幸せになる方法はあるのかを考えてみました。

安い買い物は幸せなのか?

Vegetables
Vegetables / halfrain

夕方になるとスーパーではタイムセールが行われ、お弁当やお惣菜類が値引きされますよね。安いときは半額以下で買えてしまうので僕もよく利用します。

主婦の間に割り込む勇気はないのでほとんど売れ残りを買ってきますが。

でも、いくら安いからといって欲しくないものを買っても後悔してしまうものですよね。
まあ、お弁当ひとつで大ショックを受ける人はそうそういないと思いますが。

お弁当の種類はあまり気にしないので僕の場合はある意味「幸せな選択」をしているのだ。

でも、状況によって物の価値は変わってくる。

例えば、僕が財布の中に1000円しか入っていない状態でお買い物に行き、以前から欲しかったCDが900円で売っていたとします。
初回限定販売のCDで、こんなチャンスはもう二度と来ないかもしれない。

じゃあ僕はこのCDを買うか?というとそうとは限らない。

なぜなら、状況によって心理は変化するし物の価値観が変わるからです。

1000円の使い道を決めておらず、何を買おうか迷っているときなら間違いなくCDを買っていたでしょう。
でも、お腹が空きまくっている状態だったら頭の中は「食べ物を買う」一択である。

お腹が空いて倒れそうなときに欲しいCDを手に入れてもうれしい反面、後悔がつきまといます。食欲と物欲では食欲のほうが圧倒的に強い。

生きるために必要な選択は「お弁当を購入する」である。
お弁当を買って食べているとき、僕はお腹も心も満たされる。しあわせだ。

でも、買ったお弁当を食べきったあと、僕は間違いなく後悔している。

「あのときCDを買うべきではなかったのか?」

「もうあのCDは手に入らないかもしれない」

結局、正しい選択なんてできない。
誰かに決めてもらえば大きな後悔にはならなかった。理由はもちろん、人のせいにできるからである。

後々の幸福を考えたら、うまい棒とCDを買うべきだったのかもしれない。

僕は500円のケーキよりも700円の本を選ぶ。1000円のゲームがあったら700円の本よりもゲームを選ぶかもしれない。
しかし、500円のケーキと1000円のゲームを比べたら500円のケーキを選ぶかもしれない。

正しい選択は状況によって変わる。幸せの基準は状況で変わる。

幸せな結婚の定義は?

wedding

お互いが愛し合ってこそ結婚するべきだと思うけど実際はそうとは限らない。
恋愛だって、お互いが同時に好きになるなんて奇跡としか思えないしどちらかの独占欲が勝るはずだと僕は考える。

授かり婚だって世の中にはあるし、奇跡的な状況で恋愛感情が芽生える場合だってある。

「この世の中で2人だけになってしまったら?」といった状況などなど。
追い込まれたら行動する、というか本能的に愛が生まれるのかもしれない。

今が幸せじゃなくても将来おじいちゃんおばあちゃんになったときに、なんだかんだ言っても一緒にいられて良かったとおもうかもしれないしその逆もありえる。

別れたから不幸ではなくて、結果的に不幸になったから別れなきゃ良かったと感じる。(もちろんその逆もしかり。)

今が幸せでも将来は不幸になる可能性だってあるし、本当の幸せなんて後でわかるものだ。

人生はわからない。
しかし、自分が善い結果を招くであろうと思われる判断に従うべきだ。
そして行動するべきだと思う。

1人の人間を無にして多数が助かるのは良いことなのか?

flower

スポンサーリンク

ジョン・ハリスの提唱した「生き残り選別の問題」がある。

通称「サバイバル・ロッタリー」と呼ばれるもので、簡単に言うとひとりの人間が犠牲になることで多くの命が救われるならそうするべきか?といった内容。

もっと詳しく知りたい方は  ▶臓器くじ(wikipedia)

誰かのために自分を犠牲にするのは正義だ。
最大多数の生存のために最少人数の人生を無にする。

しかし、それは幸せな判断なのだろうか?
倫理的に問題は無いのか?
臓器くじの賛成反対論は今も続いている。

正解なんて無いのかもしれない。

さいごに

えらそうなこと言ってみましたが、結局幸せになる方法は考えれば考えるほどわからなくなるものです。

ですが、明るい将来像を描き、それに向かって今行動するのが一番理解を得られる幸福論では無いかって思います。

深層心理の部分は正直僕も分からない。
脳の断捨離が引き寄せの法則を招く可能性だってある。

お金を稼ぐのも将来のゆとりにつながるだろうし、人間関係を良好にするために笑顔を絶やさないようにする。

太っている人は痩せる努力をする。暗い人は潜在意識から変えていく必要がある。
というか「明るい人間になりたい理由」も必要だし理想の自分像を描いたらそれにむかってひたすら努力するしか無いんだ。

自分が幸せになる方法を考えるだけでは幸せになれない。
未来の幸福を得るために”ひたすら善い行動”をするべきではないかと思う。