食欲増進剤として僕はコーラを選んだ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-DB88_dietcola15172132-thumb-1000xauto-15845

こんばんは。夜になると元気な男、かつしたです。
暑いときこそ熱い食べ物、そして辛い食べ物が食べたくなりますよね。それが人間ってもんだ。

夏バテ解消メニューとして人気なのがインドが誇る世界の味、そうですカレーです。
カレーといえばコーラ、コーラといえばカレーってくらい僕にとっては無くてはならない組み合わせです。

辛いものって食欲を増進させる効果がありますが、実はコーラにもあるんだって?それじゃダブルの効果で食欲が止まらなくなってしまうではないか!?こりゃうれしい悲鳴をあげてしまうね。

胃薬に頼りたくない僕が食欲増進剤としてコーラを選んだ理由を述べたいと思います。

※ちなみに画像は僕ではありません。ぱくたその朽木誠一郎さんという人です。

マッサマンカレーはコーラに合わない?

本場インドをしのぎ、タイのマッサマンカレーが世界一うまい料理に選ばれたのは記憶に新しいところですが、実際、マッサマンカレーって甘すぎませんか?うまいけど。

ちなみにマッサマンカレーはタイ南部のご当地カレーなのですが、実は本国(タイ全体)としてはあまり知られておらず、かなりマニアックなカレーなんだそうな。

世界一うまい料理に選ばれたのになんだか意外が感じがします。というか比較基準が謎ですね。カップヌードルのマッサマンカレーしか食べてないので偉そうなことは言えませんが。

ちなみに世界一うまいカレーがあるんだから世界一うまいコーラもあるのでは?と思ったらどうやら本当にあるらしい。curiosity colaって名前で売ってるようです。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
通常のコーラに慣れているコーラ通の編集部員は「甘みが薄く、味が複雑」だと感じたようだ。価格は1本368円(275ml)。

curiosityはcuriousの名詞形で意味は「好奇心」。

マッサマンカレーとCuriosity Colaがタッグを組めば、世界一うまい組み合わせと言えるのか?しかし、カレーは辛いからうまいと思う僕は、正直合わないと思った。

ジャワカレーとかバーモンドの辛口でいいんだよ。普通が一番なんだって。

普通といえば、僕の知り合いは毎日水の代わりにコーラを飲んでいる。どんどんサイズアップしていてそろそろ着れる服が無くなるんじゃないかってくらい太い。

コーラが健康面で認められたら僕もそうするだろう。

夏こそ辛い物の理由を考える

やや脱線ぎみですが進みます。

インドといえばカレーの国っていうイメージが激アリなんですが、なんで暑いところでわざわざ辛いもん食ってヒーハー言わなきゃいかんの?って思ったりもします。カレー味のかき氷を食べたほうがスッキリするんじゃないかな?うまいかどうかは別として。

でも、夏こそカレーを食べるべき理由があり、実は本場インドのカレーはスパイスがタップリ使われており、調合されたスパイスには薬膳としての効果も期待されているのだ。

胃の中から改善し、夏バテ解消を目指すって話ですね。
体の調子が良ければ夏バテにも対応できるし、なにより元気でいられる。

また、アツアツのカレーを食らうことで体温を上げ、外気温との差を作ることで涼しい気分を味わっているとも言われています。

なるほど、確かに風邪を引いたときって体温が上昇してるから寒くてフトンをかぶりたくなりますね。ある意味逆転の発想だけど、カレーの本場が言うんだから間違いないと思う。
インド人じゃなくてもビックリな話でした。

動物だって食欲を無くす

人が食欲を無くすように、動物だって食欲が無くなる。

犬も同じこと。犬には食欲増進剤としてペリアクチンシロップなるものを飲ませるそうな。
シロップというだけあって甘いのだろうか?でも犬によっては副作用が出る可能性があるのでもうここらへんはお医者様に判断してもらうしかないのだろう。

メントスコーラで遊んじゃダメ

ユーチューブにアップされる動画は面白いものが多いですが、中には危なっかしい見ていてハラハラするようなものもチラホラ。

中でもメントスとコーラを反応させる動画は不安にさえなります。
コーラとメントスの化学反応でブゥワ~って泡が噴き出るやつですよね。

スポンサーリンク

これはメントスガイザーと呼ばれる現象で、ペットボトルから勢いよく噴出されるメントスコーラが想像以上に派手なため面白がってやってしまう人が増えていた。
メントスガイザーは体内でも起こりうる現象なのでやってはいけません。
仕組みは以下参照。

メントスには、その表面のいたる所に何千というごく小さい穴が存在する。これらの微小な穴が二酸化炭素の泡を作るには最適な場所として作用する。メントスがコーラに入るとすぐに、泡がメントスの表面中いたる所に発生する。メントスは速やかに底に落ちるが、その途中で触れたコーラから二酸化炭素を放出させる。こうして、圧力が突然増加し、液体のすべてが瓶から吹き上げ押し出されるという流れである。

引用元:メントス-Wikipedia

余談ですが、コーラと牛乳を混ぜて飲んだことある?意外とうまいらしいよ。分離しちゃうみたいだけど。

▶コーラと牛乳の化学反応。分離するのはなぜなのか?冷えピタで冷える?

カレーに合うのはコーラ…だよね?

熱くて辛いカレーを食べればそりゃ喉も渇くときたもんだ。

カレーにはコーラ!って思うんだけどいやそんなことないよって声も聞かれそう。

「いやいや男はやっぱり牛乳っしょ!」

と青春まっただ中の高校男子から、

「いえいえヨーグルトざます。栄養バランスまで完璧ですわよ」

なんていうオサレマダムまで好きなドリンクは千差万別のようです。

ですが、コーラ愛好家としてはちょっと黙ってはいられません。

コーラがヘルシーかどうかは置いといて、子供の頃から慣れ親しんできた炭酸飲料なので愛着があります。

カレーにはコーラを固定観念にすべく僕の熱い想い、メッセージを送りたい。

 icon-check-square-o コーラに対する熱いメッセージ

コーラは偉大だ。ノドが渇いてなくても飲んでしまう。それがコーク。炭酸を抜いたコーラはエネルギー効率が高く、レース直前に飲むマラソン選手もいるという。

脂っこい料理との相性が良いが、特にカレーライスとの相性は群を抜いている。
食欲増進対策としての本領発揮だ。コーラの持つ甘く、そしてビビリと喉を刺激する、やや強炭酸で胃を活性化させ、体勢を整える。
準備が整ったらあとは無心。フーッとため息とも深呼吸とも取れる息を吹き出し、そそくさとライスカレーをかっこむ。

無我夢中。
カレーには勢いがある。カレー本来のうまさだけでなく、心のどこかで「ニンジン、ジャガイモがタップリルーに溶け込んでいるんだ。だからルーは体に良い。体にいいからタップリ食べて良いんだ!」と食べたい欲を正当化する。

健康を意識している、そんなときにささやく甘い誘惑。それがコーラ。
野菜、肉、スパイスとヘルシーな食べ物を摂取したのだ。少しくらいあそんだっていいじゃないか。

カレー+コーラが僕を至福の世界へ誘う。

甘さと辛さはケンカしそうにも思える。がしかし、話してみたら意外といいヤツでLINEのアドも交換するくらい仲良くなってしまった。

そう。日本人は甘くて辛い味つけが大好きなのだ。塩スイカしかり、いちご大福しかりである。元々、反対の味わいを足すのが好きで、例えば酢豚が好例。酸味と甘いタレの組み合わせが最高でご飯がススムのである。

いったい誰が豚とパイナップルを合わせようと思う?

一説によると、パイナップル酢豚はお金持ちのヨーロッパ人のために考案されたメニューだという。でもやってしまった結果、「意外とうまいんじゃね?」の声が広がり、今や酢豚はパイナップル豚と言っても良いくらい当たり前の組み合わせとなった。

世の中には「ダメ!ゼッタイ。」「嫌いじゃないけど生理的に無理」って人も多いご様子。
しかし、パイナップル酢豚論は過去も、そしてこれからもずっと論じられるビッグテーマであろう。

炭酸じゃ辛さが消えない?確かにそうだ。しかし、カレーは辛いからうまいんだと思う。辛さは痛みであり厳密にはうま味では無いとも言われる。しかし、辛くないキムチよりも辛いキムチのほうが断然うまい。

だから、求めた辛さを消そうなんて思うのはクサイモノにふたをするような考え方で好きではない。コーラは辛さを消さないが、そのぶんカレーの存在を明確にしてくれる。

お互い名役者なのだ。

コーラは将来、食欲増進剤として活躍するのか

炭酸は胃を活性化させるので、食欲増進剤としての効果があると言われている。
胃が筋肉の収縮を徐々に進める動きを「ぜん道運動」というのですが、炭酸の刺激によりぜん動が活発になる。その結果、食欲増進にもつながり、また最近では医療でも注目を集めているようだ。

▶コーラで医療!?実は健康的なコカコーラ

食欲増進剤としてのコーラ効果、あながち外れているとは言えないのです。

まとめ

コーラに限らず炭酸飲料は胃のぜん動運動をすすめる働きがあるようです。海外では天然の炭酸水をよく飲んでいますね。僕はコーラがいいけど。

好きって声に出したほうがスッキリしますが、言いたいことも言えないこんな世の中じゃブログが代役です。価値観は人それぞれだからああしろ、こうしろなんて言わないほうがお互い幸せになれるってもんだと思ってる。

食欲増進剤として僕はコーラを選んだ。飲み過ぎにだけは注意したい。