これがツナマヨのベストレシピ。簡単すぎて笑ってしまうが美味い

maguro

ツナマヨうまいよね。
マヨネーズとツナ缶の最強コンビはコンビニのオニギリで立証済みです。

ツナマヨがうまいのは仕方ない。なんせ油ミーツ油なんだもの。

油がうまい理由は単純だ。油を食べた人の脳には幸福感が訪れるからなのだ。

油にはもともと味なんか無い。単なるベタベタした水をはじくコーティング成分でしかない。

いわゆる香味を旨いと錯覚しているのである。

油がカロリーが高いのは言うまでもない事実。しかし、人間が生きていく上でカロリーは必須科目であり、欠かせばそれすなわち「死」を意味する。

本能的にカロリーを求めているのだ。

というわけで、簡単かつ定番とも言えるシンプルなツナマヨレシピをご紹介します。

ツナマヨ=油=正義

ne-zu

油といえば高カロリーの代名詞であり、摂取し続ければ当然太る。

だがしかし、しかしだ!

人間が生きていく上でカロリーは必須であり舌はごまかせても本能はごまかせない。

味じゃないのだ。カロリーは。

生きてく上で機能的に働くカロリーとして油は人間にとって必要であり、本能的に体が欲するのである。

さて、油を肯定的に受け入れる体制が整ったところで、本題のツナマヨに移ろう。

ツナマヨはそもそもツナ缶にマヨネーズを混ぜるだけのシンプルイズベストなおつまみ系フードである。

しかし、ツナマヨにはおつまみだけでは言い表せない深くおいしい魅力が詰まっている。

ツナ缶自体サラダ油まみれの不健康フードと言われやすいものだ。

そんな油フードにさらに卵ミーツオイルのマヨネーズをかけるときたら健康系美食家は口をアングリと広げ「無いわー」の一言を残してその場から去るのみであろう。

しかし、人は理屈で動かない。うまいは正義。正義は正しいのだ。

タップリのマヨに包まれたツナ(マグロ)はやめてー!の言葉も空しくただひたすら油の海に溺れる。

悔しいが気持ちがいい。そしてツナは叫ぶ。

「油まみれちゃった!でもいいの、これがいいの~!!」

そうだ、それで良いんだツナ。本能のままに。ツナとしての宿命、そして運命をまっとうし、僕たちの口の中で開花するのだ!

さあ、今こそ!ツナとマヨが永遠的契りを結ぶ時!

俺氏
「パクリ」

「ううう、うんま~!!!!」

ツナとマヨ。お前たちはよくやった!俺の舌、そして胃の中を旨さと快楽物質で満たしてくれた。
ありがとう。ツナマヨ。そしてさようなら、ツナマヨ。

でもしかし、ひとつだけ忘れていたことがある。

そうだ。あれだ、
アクセンツだ!

君はツナマヨ=正義という常識にとらわられ、肝心の「味の追及」について勉強不足なんじゃないか…と。

いや、ツナマヨは最強だよ!旨いよ!オニギリの具にだってなってるし、これ以上望む必要なんて無いじゃないか!?

これが本当に美味いシンプルなツナマヨレシピだった

ある日の夕方。

僕は一冊の本を手にした。

スポンサーリンク

安っぽいおつまみを紹介するだけの、読む人が読めばくだらない、ひどい内容のグルメ本であろう。

しかし、そこには一ページだけ、僕の脳を釘付けにするレシピが載っていた。

それが「ツナマヨのレシピ」である。

内容も作り方も超シンプル。

「ツナマヨにコショーを目一杯かける」

これだけだった。

「そんなもんが美味いわけがなかろう。そもそもツナマヨはそれだけで完成されたレシピなのだ。コショーなんて邪道だ。ましてや目一杯かけたらツナマヨの美味さが吹っ飛んでしまうではないか?」

なんて愚痴をこぼしながらも…。

やってみた。

やはり人間、興味には敵わないものだ。
mayo

tsuna

目一杯。まさに”その「おこだわり」、俺にもくれよ!!”の内容通りの目一杯さである。

口に運ぶのもためらうレベルの超大量の胡椒。

しかし口に運ぶ。

…するとどうだ!

マヨとツナの油ギッシュに黒コショーのスパイシーでさっぱりとした後味が加わり最高のおつまみへと変貌してるではないか!

「うっひゃ~!うんま~!!」

大げさだろうか?いやたぶん大げさだろう。

しかし僕は思った。

まとめ

ツナマヨにコショーをたっぷりかけると美味い。健康面を考えるとアレだが、コショーの発想は無かった。

今後のツナマヨが変わることは間違いなさそうだ。

スポンサーリンク



まだデータがありません。