文章力をつけるには想像力をアップさせよ!例え上手は書き上手

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CAFEnomadojyosi15221149-thumb-1000xauto-16096

人気ブログになるためにはいったい何が必要なのか?
人気のあるブログほど記事が読みやすくわかりやすい傾向にあります。

知性は諸刃の剣。自分しか知らない知識を記事にするときは誰にでもわかる簡単な文章にリライトしなければいけない。

また、リライトが「書き直し」の意味だということも説明しなければいけない。

今回は記事の印象を良くするための想像力テクニックをご紹介。

例え上手は書き上手

落語でよく使われる「豆腐の角に頭をぶつけて~」というフレーズがありますね。

豆腐は柔らかいし頭をぶつけたところでタンコブのひとつもできない。

しかし、「豆腐の角~」のフレーズを聞いたとき、頭の中に豆腐と豆腐に頭をぶつけている人を想像する。

そして考えた結果、
「なんだよ、意味ないじゃん!」ってなります。

想像をかきたてるフレーズはひとつの楽しさであり、一種の感動でもあるのです。

例え上手は記事書き上手。

ブログで使える例えフレーズの例をどうぞ

例えがうまい文章の例

○大塚家具のショールームはめちゃくちゃデカイ

スポンサーリンク

iDC大塚家具有明本社ショールームは東京ドーム 2個分の広さ

○人間の血管の長さは10万km

人間の血管の長さはおよそ地球2周半ぶん

○このカレーめちゃくちゃ辛いですやん

インド人もびっくり!驚きの辛さを体験したよ

○食生活を改善する必要性に迫られている

食生活を変えなきゃダメよ~ダメダメ

○どんなに圧力がかかってもへっちゃら!

やっぱりイナ○だ!100人乗っても大丈夫!

○どんなに重さがかかっても問題なし!

象がふんでも壊れない缶ケース

※ネタが古い点はあやまらせていただきます

分かりやすい文章の書き方まとめ

藤子不二雄さんの名作「オバケのQ太郎」の主題歌に「お腹が空いたら雲を食べ」というフレーズがあるのですが 、オバQの食生活を想像すると笑えますよね。

結局、難しいフレーズを多用するよりも、簡単な文章で想像力をかきたてるフレーズのほうが面白いし、読みやすいのです。
想像力を上げるとよりクリエイティブで楽しい文章が書けるようになります。

「読んでもらえない」!と、なげく前に自分の書いた記事を読み直しましょう。
難しいフレーズは無いですか?難読な漢字はありませんか?

あったら書き直し、想像フレーズを使って記事にアップダウンを付けてみましょう。

効果はすぐには現れないかもしれませんが、読み手も楽しく読めるし、書いてる本人も楽しくなる一石二鳥の方法だと思います。