トレンドブログでアクセス数が安定しない理由。良い点悪い点まとめ

cloud-709089_640

トレンドブログはキーワード選定がうまくいけばたしかにPV数は増えていきます。

記事を書けば数千単位のアクセス数が見込めると言われ、現在も記事を更新している方も多いとおもいます。

しかし、重要なのは「今だけでいいから多くの人に見てもらいたい
」のか、もしくは「ずっと見てもらいたい」のかです。

トレンドは流行り廃りが早いので今日起きたニュースも明日になれば過去のニュースになり興味が持たれなくなってしまいます。

今回は「今すぐ見てもらいたい人」が始めやすい、流行りの記事を追う手法「トレンドブログ運営」の今後について考えていきます。

トレンド記事に明日は無い?

news-488979_640

今すぐアクセスアップを望むのであれば、話題になりそうなニュースを誰よりも早く見つけ、記事にすることです。

話題になりそうな情報を記事にする。

いわゆるトレンドブログの手法ですが、ブログ初心者が始めやすく大きなアクセス数が見込めるためおすすめする方も多いです。

確かにキーワード選定とインデックススピード(検索に乗る早さ)が早ければ1日で1万アクセス(1記事だけで)も夢ではありません。

ですが、話題になるニュースは下火になるのも早く、1日たてば一気にpv数が下がっていきます。

例をあげると、

「芸能人の深目樹(仮名)が結婚!一体誰と?」

という記事を書いたとします。

サイトのパワーにもよりますが、記事を毎日更新していればインデックススピードが上がり、上位表示が可能になってきます。

そして、旬な情報なので一日で千~万単位のアクセスが見込めるでしょう。

しかし、芸能人+結婚 というキーワードはビックキーワードではあるものの、短命なため諸刃の剣ともいえます。
一週間もすればだれでも知ってる情報でわざわざ検索する人もいません。

つまり、その後のアクセス数は見込めないのです。

さらに、トレンド系ブログはニュースを追う傾向があるため、記事のカテゴリーが増え専門性が薄くなります。

検索エンジンは「専門性の高い」記事を上位表示させる傾向にあります。

そして、記事内容も他のブログとかぶりやすいです。

スポンサーリンク

だれにでも書ける情報は価値が無いと判断されブログの評価も安定しません。

一時的なアクセス数を求める人ならトレンドはおすすめなのですが、流行りを追う手法なので、更新が途絶えるとアクセス数は一気に落ちます。

芸能人に関するニュースが大好きで毎日書いても苦痛ではない方なら問題なく続けられるかもしれません。

確かに数年前まではトレンド記事を書けば簡単にアクセス数を獲得できました。

しかし、検索エンジンの精度が高まり、トレンド記事は「流行を追うだけのペラ記事」と判断されやすくなっています。

記事内容がかぶりやすいのも理由のひとつとされています。

どうしたら記事にオリジナリティを出せるのか?

woman-246237_640

トレンドブログを運営するならばニュース元の記事は紹介程度にとどめ、自分の解釈、感想をふんだんに書きどこにもない記事、誰にもマネできないようなオリジナリティあふれる記事にする必要があります。

元ネタはほんの少しでいいのです。

あとはあなた自身の言葉で感想を伝えていくのです。

思った意見を書くため、見た方からの共感、そして反論があるかもしれません。

ですが、他のブログと同様に既成事実を述べるだけのブログは存在する意味がありません。

オリジナルコンテンツが必要とされているのです。

トレンドブログの良い点、悪い点まとめ

トレンドブログの良い点と悪い点をまとめると…

●一時的なPV数は大きい

●ニュースを参考にするので記事が簡単に書ける

●記事のクオリティを上げるのが難しい

●ライバルが多い

●専門性の薄いブログと判断されやすい

●記事の更新を止めるとアクセス数が激減

●似たような記事が多いので検索エンジンに嫌われやすい

●オリジナリティを出すのが難しい

トレンド記事が悪いわけではありません。
実際、流行を見るとどんなアイテムが注目され、どんな情報が求められているかがわかってきます。

ですが、もしもあなたが流行を追うのがつらくなってきたら、
トレンドは記事の練習程度におさめ、その後自分が得意とする分野で専門性のあるブログに成長させていくという方法はいかがでしょうか?

ブログが面白いのは「書き手の個性」があふれているからであり、パクリ記事だからではありません。

僕の無料e-bookではブログを楽しく、そしてアクセスアップを見込んだ記事の書き方を紹介しています。(ただいま準備中)

つらい作業は続けるべきではありません。
ブログで人生を変えた人は多いです。

一度きりの人生。ブログの可能性にかけてみませんか?