ブログ名(タイトル)の付け方を間違えると記事が書けなくなるって話

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP88_nomadocyu15221303-thumb-autox1000-18363

ブログタイトルは適当に付けてはいけません。
なぜなら、ブログ名はアナタの個性であり「顔」になる部分だからです。

好きなタイトルにしてもいいと思いますが、長く書き続けていきたいなら意識してつけたほうが良いです。

今回は「ブログの名前の付け方」に的をしぼって考えていきましょう。

ブログ名を考えよう

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_writer-bloger20141206203626-thumb-1000xauto-18067

さて、今回はブログの重要な「ブログタイトル」の付け方について説明していくのですが、ブログ名はアナタの個性の表れ、いわば「顔」となるとっても重要な部分です。

読む方が覚えやすく、あまり長すぎないタイトルを付けましょう。

日記だけど日記って付けないほうがいいよ

アメブロなどでよく見かける「○○の日記」。
芸能人によくあるタイトル名ですが、一般人は「日記」とつけないほうが良いと思います。

理由ですが、芸能人はすでに名前が知れているし、ファンなら日常のささいな出来事も気になるものです。
しかし、アナタはどうでしょうか?

友だちや親族以外は興味ないです。

一言で言うと、「は?あんた誰?」状態。

どこの誰かも分からない謎に包まれた人物の日記に興味なんてあるでしょうか?
少なくとも僕はありません。

アルファさんくらい面白い人なら話は別ですが。

僕もそうでしたが、「○○日記」はよほど有名な人以外は興味を持ってもらえません。

ブログ名は変えないほうがいい

タイトルは後で何度も変更できますが、一度決めたブログタイトルは出来る限り変えないほうが良いです。

というのも、アナタのブログのファンになった方が
変更前のブログタイトルで検索したら見つからくてガッカリした…なんてことになる可能性があるからです。

ではどんなタイトルにしたら良いのでしょうか?

覚えやすいタイトルにする。これ重要です。

というのも、個性あふれるネーミングにすると忘れないし、ファンになった人が検索しやすいからです。

たとえば…

短くストレートなネーミングですよね。

スポンサーリンク

あまり長く文章的なタイトルにすると「好き嫌い」が生まれてしまう可能性があります。

たとえばこちら…

まだ東京で消耗してるの?

こちらはプロブロガーで有名なイケダハヤトさんのブログタイトルですが、少しアグレッシブな印象を受けるのは私だけでしょうか?

イケダさんは文章力、記事構成など僕なんか逆立ちしてもたどり着けないモノスゴイお方ですが、イケダハヤトさんを知らない方(特に東京在住の方)からすると「…は?」ってなる可能性があります。
僕はなりました。

確かにインパクトがあり興味を引くタイトルですが賛否は分かれますね。
なんというか、「なんで東京で働いてるの?地方行ったほうがいいよ」って感じがします。

ですが、有名人だからこそ通用するタイトル名だと思うんですよね。

ブログ初心者の方が同じことをしたら、注目は集まるだろうけど”それだけ”です。

イケダさんのような実績がある人が付けるから奥が深いのであって、無名な方ならどうなのかな?と思います。

まああくまで個人的な意見ですが。

キーワードを入れると書けなくなる?

短く簡単なブログ名にするのはもうひとつ理由があります。

例えば、僕はラーメンが大好きで月に16回はラーメンを食べるのですが、
ブログ名を「ラーメンの極み」としたとします。

ブログ名を見た人は

「あ~、これはラーメンについて書いているブログなんだな」

と思いますよね。

ラーメンの記事しか書かないブログならそれで問題ないのですが、通販サイトで買ったヒゲソリがえらく便利だったからブログに載せよう!と思い、
「Amazonで買ったヒゲソリが安くておすすめ」という記事を書いたとしたらどうなのか?
って話なんです。

読んだ方は「ふうん。…で、ラーメンは?」となりますよねやっぱり。

いわゆるキーワード(ラーメン)による”縛り”が発生してしまい、書きたい記事が書けなくなってしまうんです。

ブログを更新し続けたいなら”縛り”が無いほうが良いですよ。

毎日ブログを書きたい人ならあえて短く、ジャンルにとらわれないブログ名にするべきだと思います。

先ほど例に出した「わかったブログ」さん、 「うさもふ」さん、「経験知」さんならどうでしょう?

ブログ名にキーワードが入っていないので自由に好きな記事が書けますよね。

専門性の強いブログにしたいのならあえてタイトルに入れても良いです。
「プロ漫画家○○の絵の描き方講座」「○○の英検1級の取り方」など。

当然ですが、専門性が強いので相応の知識と経歴が必要になってきますよね。

もちろん嘘はいけません。
漫画家じゃない人がプロと名乗っても記事を読んだ人には分かってしまいますし、嘘をつきながら書いても精神衛生上良くないです。

「英検一級」に関しても持っていない人ならば「英検一級までの道」として試験日に向けて毎日「今日は文法を学んだ」「英単語を20個覚えました」など記録として公開していくのなら自身のモチベーション維持にもつながるし、同じ立場の人の共感も得られるのではないでしょうか。

「かぶらない」が重要!

タイトルはオリジナルが望ましいです。
どこにもないオリジナルでなければいけません。

とても重要なことなので二度言いました。

同じタイトルのブログがあるかないか調べる方法はいたって簡単です。

自分のブログタイトルの候補名を検索窓に入力するだけです。

同じ名前のサイトが見つかった時点でアウトです。

ブログタイトルが一緒だとコピーサイトと判断される可能性もありますし、オリジナルだとは思われません。

必ず同じ名前のサイトが無いか確認しましょう。

タイトル名の付け方まとめ

たかがブログ名と思われがちですが、適当に付けると書きたい記事も書けなくなってしまう恐れがあります。

ブログの名前の付け方について書いてきましたが、まとめると

●ブログの名前は修正が可能だが、読者が混乱してしまうのでなるべくなら変えないほうが良い

●長いブログ名にすると覚えにくく検索されにくい(ブログ名での検索に限って)。

●インパクトの強すぎるブログ名は賛否が分かれる=読み手を選んでしまう

●キーワードを入れてしまうと”縛り”が発生してしまう。専門性を出すならアリ

●”日記”と付けても問題ないが、有名人かよほど面白い人じゃないと興味は持たれない

●短く、ジャンルの見えない名前にしたほうが続けやすい

●同じタイトルのブログが無いかチェック!

になります。

シンプルなタイトル名にして書きたい記事を書く。
単純な理論ですが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



まだデータがありません。