明日からできる仕事でやる気がでない人のためのリスト化のススメ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_mewokosurinagara20141123140752-thumb-1000xauto-18120

「うわぁ。もう朝か…」
月曜日の朝のやる気の無さといったら満腹時にメガ牛丼を注文するくらいつらいですよね。

「一生朝なんて来なければいいのに」

ですが、やる気が起きないのは週初めだからってだけではなく、もっと本質的な理由があるはずです。

今回はやる気が起きない理由とやる気を起こすための方法をご紹介します。

仕事にやる気が起きない理由

PAK85_lalamaittawai20140321500

毎日の仕事にやる気が起きない理由に「仕事が嫌い」という人が多いと思います。
しかし、嫌いなのには具体的な理由があるはずです。

例えば…

「上司に叱られるのがつらい」

「同僚と比較されるのが嫌」

「人間関係がうまくいっていない」

「給料と仕事の質、量がつりあわない」

「同僚に告白したらフラれた…」

などありますが、人それぞれ当てはまる部分があると思います。

人間は感情に左右されやすい生き物です。

感情論と仕事を切り離すことで仕事がやりやすく、生活リズムが生まれます。

例えば、一日の仕事内容をリスト化します。

スマホを持ち歩ける人ならスマホアプリでメモを取り、そうでない人はメモ帳を使い「一日にやらなければいけない作業」を一つずつ書き出していきます。

そして、できた作業にレ点、チェックを入れて終了したことを確認していきます。

すると、残りの作業、やらなければいけない作業が視覚化され、

「あと○○が終われば今日の仕事は終了だ」

と切迫感の追われることも少なくなり、ストレスなく作業を進めることができます。

スポンサーリンク

生活リズムを正常化する

yoga-597688_640

仕事だけでなく、一日のやるべき行動をリスト化することで生活にハリが出てイキイキとした一日を送ることができます。

例えば

朝…5時に起床。町内を15分歩く

朝食…シリアル、サラダを中心とした食事。サラダが無いときは野菜ジュースを飲む。

出社…30分前までに到着し、新聞を読みコーヒーを1杯飲む

帰宅後…すぐに風呂に入る。テレビは見ない(点けない)。スマホのニュースアプリで一日のニュース、話題になった出来事を確認。
お酒は水曜、土曜の夜のみワイン2杯飲む。11時までに就寝する。

内容は具体的なほど行動に移せます。
また、出来そうにないリストにしてしまうとやらなかった項目が増えて逆にストレスになってしまいます。

すこしハードルを上げて「少しだけ意識すればできる」くらいの予定を立てたほうが結果を出しやすくなります。
そして、安定してこなせるようになったらもう一歩レベルを上げて難易度を高くします。

ドラクエと同じでゲーム感覚で自分のレベルを上げていけば自身の成長を感じることができるし、周囲のみかたも変わっていきます。

他人を変えることは難しいですが、自分を変えることは意識さえすればそんなに難しくは無いのです。

一番やってはいけないのが「めんどくさい」という理由でやらなくなってしまう場合。
一度やらなくなるとそれは「失敗の経験」となりストレスにつながり、精神的にも良くないです。

まとめ

やる気がおきないのは「やったところで何も変わらない」という昔からの記憶、経験があるからです。

意識を変え自分の経験値をふやすことで自信がもてるようになり、会社内での見られ方も変わりその結果、やる気につながるものです。

まずは行動をリスト化し、ひとつずつこなし「自分に自信を持つ」。
そして一歩ずつハードルを上げてより高いレベルの人間になる。

できる人間になれば周囲の見方も変わるし、なにより”他人と比較されても苦にならない”くらい魅力的な人間に成長できると思います。

行動できる人間は結果を出せるものです。
意識を変えるのにお金はかかりません。

仕事でやる気を出すために、まずは明日の朝起きる時間からかえてみましょう。