焼き肉屋の食べ放題で元を取るほんとうの方法

hokkaido-635019_640

子供から大人まで、みんなが心踊らせる魔法の言葉。それは、

「好きなものを好きなだけお取りください。」

ですよね!食べ放題ってなんであんなに心躍るんでしょうね。

お金を払って食べるものだから、美味しく、そして価格以上に食べられたら大満足。

今回はみんな大好き!焼き肉屋さんの食べ放題で元を取る方法について考えていきます。

飲食店のバイキングビュッフェスタイルのお店にも言えることなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

焼き肉バイキングの原価はいくら?

食べ放題のお店にいく理由は人それぞれですが、基本的に

・とにかく元を取ってやる

・腹がパンクするくらい食べてやる

・店員さんが困るくらい食べてやる

の3つに分類されるとおもいます。いやそうに違いない。誰だっておいしくお得に食べまくりたいのです。※個人的な感情を多く含みます

とはいえ、焼き肉の食べ放題って実際のところ原価はどれくらいかかっているのだろうか?

ちなみに食べ放題の相場は1,280円~2,980円が平均的な価格間となっており、この価格帯から下なら比較的に安く、上ならばリッチでお高いバイキングと言えます。

実は、有名なファミレスなどではなんと1,000円以下のバイキングを実施していたりします。

ココスの食べ放題!朝食バイキングはコスパ高いのか?実際に食べてきた
どうも、バイキング大好きオヤジです。 今日はココスの食~

意外と安い!焼き肉屋の原価

肉なんだからきっと原価も高いに決まってる?

高そうなイメージのあるカルビやロースですが、原価は100g70円程度と意外と安めです。

タンは取れる量などの兼ね合いのためか、100g200円程度とかなり原価率が高いです。意外な部位が高いものですね。

たとえば焼き鳥で言えばササミやモモなどがとにかく原価が高いという。ササミの場合、焼き鳥一本あたり原価40円くらいと言われているので一串150円で売れば110円ほどの利益となる。

ちなみに、砂肝など内臓系は原価は10円くらいと言われているので100円で売れば90円の儲け。ホルモン焼きは儲かるな…。
※人件費など諸費用を除く

この通り、どの部位も定価に比べ原価はなんと3分の1くらいしかかかっていないことがわかる。
参考:お得に食べよう!食べ放題・飲み放題の原価まとめ

もちろんお店の価格設定により多少の違いはありますが、食べ放題において元を取るためには高い具材を選び、効率よく食べるのがベストといえそうですね。

人件費は意外とかかっていない

焼き肉屋のバイキングは基本的に材料を提供するだけで焼くのはセルフ。つまりバイトもあまり雇う必要が無いので人件費はほとんどかからない仕組みになっている。

注文を聞いたり水を注ぎ足す必要も無い。すべてがセルフサービスの名のもとに行われる。

サービス料金が無いと考えると、なんだか妙に高く感じてしまうのは僕だけでしょうか?元を取るには間を開けず原価の高い肉をひたすら食いまくる。それしか無いのだろうか?

カラの大皿がそのまんま放置されていたら店員さんに「これ食べたいんだけどまだ〜?」なんて催促するのはアリかもしれない。なかなか勇気が要るけど。

食べ放題バイキングで米を食べると損をする?

焼き肉を食べる牛
焼き肉といえばご飯。そう、ライスの存在は欠かせないが、あまりバクバク食べちゃうと美味しいお肉が食べられなくなってしまうのではないかと不安。

当然ながら、食べ放題の元取りニストとしては米はご法度なのである。

なぜなら米の値段っておそろしいほど安いのだ。

焼き肉屋のライスの単価は20~30円と非常に安い。しかも「メシは食っても二合半」という言葉があるように、限界はすぐにやってくる。

これは炭水化物が満腹中枢にダイレクトに働きかけてくるからだ。

テレビチャンピオンに出てくるもえあずのようなフードファイターなら別ですが、一般的に肉+米の最強コンビは胃にガッツリのしかかってきてお腹を圧迫する。食べ放題はお腹が一杯になった時点でゲームオーバー。

再プレイは無し。コンティニューなんて無いんだ。

これはバイキングやビュッフェでも言えることだ。

ここからは食べ放題において元を取る方法を考えていきます。

間隔を開けずに食べまくるべき

特に、食間を空けすぎると満腹感に満たされ、
「…もういいかな。」
という、いわばあきらめに似た発言をするようになってしまう。

焼いたら食う。
食ってる間に次の肉を焼く

一切れ食べおわった時点で次の肉が焼けている。それくらいの作業効率化、スピード化が求められる。

食べ放題で元を取る方法は野菜

野菜

意外だと思われるかもしれませんが、実は野菜をたくさん食べた方が圧倒的に元を取りやすいです。

野菜は肉と違って冷凍保存が効かないので新鮮なものを出すにはいくら原価が高くても仕入れるしかないのです。

それに古くなった生野菜は見た目も悪くお客さんにバレやすい。

また、天候不順による価格変動が激しいので、スーパーの野菜が高いときは焼肉屋も同様に高い仕入れ値で仕入れるしかありません。

いくら農作物が不作でも、お客様に出さないわけには行きませんので。逆に言えばスーパーで高い野菜を買うよりも食べ放題で野菜を食べまくったほうが得をする可能性はあるのだ。

野菜の高騰しているときなら元なんて簡単に取れそうだ。

飲み放題で元を取るのは難しい?

飲み放題プランのあるお店ではだいたい1980円くらいが一般的ですが生ビールの原価は200円以下と言われており元を取るには10杯以上飲む計算になる。

それに大手チェーンでは協賛という形で安く仕入れている場合が多いので原価はさらに安くなる。

しかもチューハイ系は原価100円未満の場合もありよほどの猛者でもない限りお得にまるもうけ、とはいかないのである。

ちょっと残念な話ではありますが単品で頼むとさらに高いのでのんべえにはやさしいサービスではある。

スポンサーリンク

焼き肉屋で元を取るには?まとめ

まとめると、焼き肉食べ放題で元を取るには

・大食いの人、もしくは大食いの友人を連れて行くべし

・米はガマンするべし

・ひたすら野菜中心で食べるべし

・店員さんに「まだ〜?」って催促してみるべし ※要勇気

・焼いたらすぐに次の具材を焼き、間を空けずひたすら食い続けるべし

以上の5項目を厳守すればあなたも元取りニストの仲間入り!

当然ですが、健康を気にせずただ食べまくりたい、元を取りたいって人だけにオススメします。ただし、無理は禁物です。

結局のところ、満足して帰れれば元が取れたと言って良いのですから。

スポンサーリンク