日記ブログのアクセス数をアップさせたいなら感情を伝えよう

children-593313_640

「気合いだ!気合いだああ!?」

書けばなんとかなるはずさ、そんな気合いは必要だけどね!

もしもアナタが平凡な日記ブログでも毎日書いていればファンが増え、アクセス数もドンドン増えて有名なブロガーになれる!

なんて本気で思っているとしたら「ちょっと待った!」と言いたい。

毎日記事を書くことは文章力のアップには役に立つのですが、それが読まれる記事になるとは言い切れないのである。

もちろん、超面白い人気ブロガーなら日記も笑えるコンテンツに変えられるだろうし、芸能人なら書くだけでファンもアンチも読んでくれる。

でも一般人のブログはと言うと…。

「お前は誰やね~ん」

この一言に尽きる。

今回は日記ブログにひと手間加えるだけで読まれる記事になる方法をご紹介します。

一般人だからって卑下しなくていいんだよ。

面白い日記が書けない?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MAX85_yacchimatta14095526-thumb-autox1000-14704

面白い日記が書ければ「この人なんだかおもしろいな!」って思ってもらえる。

当たり前の話。だけど現実はそう簡単にいかない。

【ブロガーのA子さん】は語る。

CYMERA_20150211_222447A子「面白い記事なんて私書けません。それに私の人生なんて平凡でつまらない話しかないですよ」

なるほど、たしかにその日起きた出来事をそのまま淡々と書いたところで面白くは無い。

よほどマニアックな笑いのツボがある人でないかぎり無理だ。

でも、そんな平凡な日常もひと手間を加えるだけで個性を引き出し、訪問者に「おっ?」って思われる記事が書けるようになるのだ。

日記で個性を出しまくり

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_pinktecyoutohusen-thumb-1000xauto-16225

日記を実際に読まれるコンテンツに変える方法。

それはもう「個性」のヒトコトに尽きる。

個性を出す方法をご紹介します。

1.まず今日起こった出来事を書き出してみましょう。スマホのメモアプリでもノートでもかまいません。その日起きた出来事を起きた順に書いていきます。

例】

朝… 時間通りに目覚ましが鳴らず遅刻しそうになった
昼… 暑いので冷やし中華を食べた
夜… 疲れていたので風呂に入らずすぐ寝た

最初はこんな簡単なメモでいいです。

このメモをそのまま日記にすると、

朝、目がさめて時計をみたらもう9時過ぎじゃないですか。これは間違いなく遅刻の流れです。
しかし、なんとか間に合うことができました。

お昼は暑かったので冷やし中華にしました(画像)サッパリ>として夏にぴったりですね。その後、仕事が終わって帰宅したのですが、あまりに疲れすぎていてそのまま寝てしまいました。おわり

という、面白くもなんともないどうでもいい記事が出来上がります。

当然ですが悪い例です。

このまま投稿すると自己満足にひたるジコチューでみっともない日記になってしまいますね!

そんな日記書くやついるか?

はい。僕のことです。

せっかくなので、僕が2年前に書いていた日記を見てやってください。

【題名:コンビニ】

nikki

どうですか?全ッ然面白くないでしょ?

なんせ、書いた本人が読んでも面白くないんだからね。

まあ、平凡日記も書いてるときは「これ絶対ウケる!バカウケだわさ」なんて思ってるわけですが、読んだ人は間違いなくガッカリしますよね。

それに後から読み直したときの恥ずかしさときたらもう顔からバーニングですわな。

せっかく読んでもらうんだから、付加価値を与えて「おっ?」と思われたいものです。

それがこちら↓

日記ブログ術① もっと感情的になろう

amazed-19214_640

スポンサーリンク

日記は、その日の出来事をタンタンと書いてしまいがちですがたしかにアメブロなどの芸能人ブログを読むと当たり前の出来事でも爆発的なアクセス数がありますよね。

ですが、有名人のブログだからよんでいるわけであって、面白いからとは別の話ですよ

もともとファンだからブログにリピート訪問しているのです。

ハッキリ言ってしまえば、芸能人や有名ブロガーでもないかぎり、突然現れた見ず知らずのアナタの日常になんて誰も興味が無いんですよ。

【再登場】

CYMERA_20150211_222447

「なるほどね。でもそうは言っても…ねえ?」

そうなりますよね。

解決法はあります。

先ほどの例に感情を加えてみましょう!

例:朝、目がさめて時計をみたらもう9時過ぎじゃないですか。これは間違いなく遅刻の流れです。
しかし、なんとか間に合うことができました。

修正後

~ここから~

朝ね、目が覚めてさりげなく時計の針を見てみたらですよ、これがもうねなんとも
「な、なんじゃいこりゃ~!」と

俳優の松田優作さんもビックリな雄叫びを上げてしまうほどのハプニング起きたんですよ!

いつも8時にセットしている目覚ましが、今日に限って鳴らずガン寝。目覚めた時はもう、時すでにお寿司、時刻はすでに9時を回っていたのだ!「オワタ…」俺は心の底から思った。

そういや寝る前にホットミルクを飲むと目覚めが良いらしい。まあなんというか手遅れだけどね。

くそう、目覚まし時計のバカヤロウ!

…俺のバカヤロウ。

会社に向かい猛ダッシュを披露した俺。

はあはあ苦しい…。肺がパンクしそうだ。

息を切らしながら走る俺の姿はダサい?それとも男らしかったのか?今日初めてランナーズハイを経験した。

気のせいかすれ違った女子高生がほほ笑んでいた気がする。

やっと会社が見えてきた。

しかし、時計はすでに9時55分!

もはや絶望的。もう無理だと思った。

※うちの会社は10時スタートなのである

だが、俺の足が異常なまでに速かったおかげで9時59分にタイムカードをピッ!!

なんとか間に合った!
や、やったぜ俺!
さすが50mを8.6秒で走る俺。スゲーよ!

だれもほめてはくれないんだけどね。

それにしても…
はぁ~、良かったぁ…。

~ここまで~

長々と書いてしまいました。面白いかどうかはさておき、個性は出てますよね?あと、さりげなく寝る前にミルクを飲むと良いというなんとなく役に立つ情報も加えていますね。

日記ブログ術②:ミニ知識を加える

hajimemashita

先ほどの個性的な文章も大事ですがプラスアルファでお役立ちコンテンツのできあがり。

先ほどの日記の「冷やし中華を食べた」という部分にちょっとした豆知識を加えてみよう。

例えば、冷やし中華の発祥の地はどこなのか?実は○○県の△屋だった!

なんて話を加えると、読者も

「へぇ~、そうなんだ!」

「知らなかった!」

と、喜んでくれます。

「ミニ知識」「小ネタ」はグリコのオマケみたいに嬉しいのです。

また、味に関しても、もっと深堀りして「スープの酸味がマイルドで鼻にツンとこないやさしい味わい」
なんて書いたらより味のイメージが浮かびやすくなるかもしれない。

大切なのは「個性」と「プラスアルファネタ」なのです。

日記ブログ術③:アクセス数よりも大事な「らしさ」

その日一日を振り返り、良かった点、悪かった点をまとめてみよう。

悪かった点は今後の成長に生かせるし、良かった点は自分をほめる良い材料になる。

日記は過去の自分を振り返る良いアイテムであり、自分の成長を見つめるアルバムのようなものだ。

また、読者からのコメントで一喜一憂できるのも日記ブログの良いところだといえる。
コメントがもらえるのは少なからずあなたに興味があり、あなたに「言いたくてしかたない」からにちがいない。

他人に影響を与えられるのはアナタ自身に魅力があるからなのだ。

あなたらしさは最高のオリジナリティです。

アクセス数は後からついてくるはず。

日記ブログ術 まとめ

日記は毎日の出来事をつづり発信するいわばオウンドメディアである。
個性あるブログは読んでいて面白いし、また読みたくなるものです。

日記ブログを楽しく続けるコツは、
まとめると…

「感情、知識、らしさ」

①感情をふんだんに盛り込み
②有益な情報を含め
③自分らしさを記事に盛り込む

といえると思います。

今まで日記を書いていた人、そうでない人も、今日から自分らしい感情のこもった日記ブログを書いてみましょう。

思いのこもった満足度の高い記事ができあがりますよ。

スポンサーリンク



まだデータがありません。