茨城県つくばにあるラーメン店「三水」のおすすめメニューはこれだ!

茨城のラーメン

毎日食べたいラーメン。
ラーメンはもはや日本食といってもいいくらい日本人には欠かせない食べ物になりましたよね。

茨城県つくば市の谷田部にはラーメン激戦区があります。
それは「サイエンス大通り」。

サイエンス大通り沿いのお店の中でも、特に有名な「ラーメン三水」のおすすめメニューをご紹介します。

つくばで美味しいラーメン店を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ラーメン三水はどんなお店?

茨城県つくば市はたいへん栄えていて、男女合わせて20万人以上も住んでいる、いわば「田舎の都会」みたいなものです。

ちょっとなに言ってるかわからないですが、とにかく都市開発が進んでいて人口も増える傾向にあるので、ラーメン屋さんもドンドン増えています。

つくばで有名なラーメン通りといえば「サイエンス大通り」。

サイエンス大通りは5件以上もの有名ラーメン店が並ぶ、いわば「ラーメン激戦区」なのである。

そんな激戦区で何十年も昔から存続しているお店、それがラーメン三水なのです。
昔はマイナーなお店でしたが、今はもう、つくばに住む人なら知らない人はいないんじゃないかってくらい有名なお店になりました。

ラーメン三水は、「つくばとんこつ」というネーミングを付けた、とんこつ醤油のラーメンがメインです。リピーターが非常に多い人気店です。

三水のオススメポイント

三水は券売機で食券を購入するタイプのお店です。

僕が三水をこよなく愛する理由のひとつに、「麺の量が無料で選べる」という点があります。

じつはもう何年も前からやっている三水オリジナルのサービスなのですが、麺の量が、ふつう、中盛り、大盛りの三タイプから選べちゃうんです。

大盛りにしたら普通は100円くらいは取られますよね。
それが三水は無料。

麺’ズラブ
麺’ズラブ

ううむ、なんてすばらしいことなんでしょう。

また、カウンターに置いてある辛し高菜も無料で食べられます。
ハッキリ言って激辛なので注意が必要です。

店内の注意書きにも書いてありましたが、はじめは少し取って味見をしたほうがよいです。

最初からスープにたっぷり入れてしまうと味が変わってしまうので気を付けてくださいね。

店内

tennai

席はカウンターメインで、テーブル席は2,3席と少なめ。外には屋台風のテーブル席が用意されています。
ラーメンの出来上がりも早く、お客さんの回転率の早いお店なので何時間も待たないと食べられないってことは僕の経験上ありません。

テーブル席が少ないので、なるべくご家族連れのお客さんに譲ってあげましょう。

kauntar

カウンターにはすりおろしにんにくや豆板醤、辛子高菜や紅ショウガ、すりごまなどが置いてあります。

おすすめは何ラーメン?

三水のラーメンはとんこつベースのしょうゆ、味噌、つけそばがあり、塩やとんこつはありません。

トッピングの種類が豊富で、別料金で海苔やコーン、ネギなどを足すスタイルです。

トッピングの種類が多いのでどれにしたらいいか迷ってしまう。

そんな方には「三水ラーメン」がオススメ!

三水ラーメンはいわゆるトッピング(ほぼ)全部乗せラーメンです。
チャーシューから煮卵、コーンにネギ、もやし、のりなどのトッピングが全種類乗っているのです。

これが三水ラーメンだ!

たっぷりコーンに煮玉子、ネギ、チャーシュー。
これなら腹ペコおじさんも大満足!

心もお腹も満たされちゃってくださいね。

ちなみにですが、僕は三水のラーメンメニューはフルコンプしているくらい、実はどれも好きなんですよね。

miso1

※画像は味噌ラーメン大盛りこってりのめん固め

味噌ラーメンは濃厚な味噌と背脂の相性が良く、ご飯のおかずとしても行けるくらい濃いウマです。

のりをトッピングするとこんな感じ。
個人的にはあんまり好きな味の海苔ではなかった…。

※画像はネギラーメン(醤油)

とんこつのこってり感とねぎの相性はバツグン!
ネギラーメンもオススメしたいですね。

なお、初めて三水に来られる方ならまずはしょうゆとんこつからが良いかと思います。

シャバシャバ系の醤油スープに背脂の浮いた醤油ラーメンは三水らしさを感じます。

ランチメニューとして餃子とライスのセットもあります。

チャーシューが変わった(個人的意見)

ラーメンといえばチャーシュー。
チャーシュー麺を食べればそのお店のこだわりがわかるというもの。

三水のチャーシューは、昔はかなり固めで味が薄いイメージがありました。

しかし、現在のチャーシューはとてもやわらかく厚めで、味もしっかりと染みていて旨い!

チャーシューメンもさらにうまくなりました。
三水の進化はとまらない…。

※チャーシューの味の件は、あくまで昔からのファンである僕自身の感想です。

マイベストメニューはこれ!

味噌も醤油も好きですが、10年以上通い続け、累計100食は食べたであろうこの僕、

かつした
かつした

かつしたって呼んでください。

がおすすめしたいメニューがあります。

それは、つけ麺です。

soba

↑麺

tsuke

↑つけ汁

三水では「つけそば」と呼ばれているつけ麺ですが、これがうまいんですよね。

こってりながらも酢を効かせたさっぱりスープが、ちぢれた細麺とよく絡み、美味しいです。

ちなみに写真は「つけ麺大盛り、こってり」です。

写真見て気づきましたが、脂の量ちょっとヤバイですね…。

ちなみに、丼の中の大きくて黒いものはキクラゲではありません。
レンゲです。

きざみ海苔が麺の上にたっぷり乗っている点もうれしいですね。

また、つけそばオリジナルともいえる「角切りチャーシュー(切れ端?)」がゴロリと入っていて、これがまたうまいのです。

味噌も食べたくなる

味噌ラーメンの大盛りとふりかけご飯を注文する炭水化物オヤジとは僕のこと。

味噌はこってりとして濃厚なスープなのでご飯との相性バツグン!
ふりかけご飯と明太子ご飯が販売されているのでミソラーなら迷わずチョイスしたいところですね。

明太子はかなり辛いですが、ご飯によく合うのでオススメですね。

ちなみにふりかけご飯はその名のとおり、市販でよく見かけるタイプのふりかけがかかっています。
普通のごはんはメニューにありませんが、店員さんに「ふりかけ無しで!」と言えばきっと白メシで出してくれる…と思う。

まとめ

つくばを数十年にわたりけん引してきたラーメン三水は昼時だけでなく夜間もお客さんの足が止まない人気店。

開店当時、その頃僕はまだ子供だったので「つくばにラーメン店ができた」ってだけで大はしゃぎしたもんです。

三水のつけそばは、僕が父に連れて行ってもらった思い出の味でもあり、若干思い出が美化されている感はありますが、今食べても変わらない味はうれしいものがあります。

最近は味噌にハマっていますがw

【お店情報】

店名:三水ラーメン

住所:茨城県つくば市上横場1894-3
営業時間:am11:00~翌am4:00
定休日:無休