新垣結衣の目がさんま御殿で?昔と今で大きさが違う?

CYMERA_20150125_175554

とろけるような笑顔で世界中の男子をトリコロールする新垣結衣さん!

コーセーのCMではスマイルとは別にしれっとした表情から生み出される大人の美しさにも目を見張るものがありましたね~。
あまりバラエティ番組に出ないガッキーですが、2005年に一度だけ「踊るさんま御殿」にゲスト出演していたのをご存じですか?

現在よりも若くピチピチしていたアラ・ガッキーの目の変化について確認していきます。
ちなみに絵は似てないけどイメージです。あしからず。

スポンサーリンク

さんま御殿では目が小さかった?

2005年当時、ガッキーはまだ16歳で芸能活動はこれからといった状況。

バラエティ番組「踊る!さんま御殿」に初出演した彼女はういういしいお肌でまさに若者といった感じ。

2005年当時の画像を振り返っても、新垣さんはやっぱり美人ですね!

しかし、2ちゃんねらーの声は

「目が小さい」

「今と違う」

「…整形的なやつ?」

など気になる意見が。

実は、10代から20代の女性は特にホルモン量の変化の大きい時期で、見た目が大幅に変わる方が多いのです。

10代のムチムチについたお肉は20代で整頓され、顔もスッキリと細くなることで目が大きくも見えるのでしょう。
特に目の大きさを決定付ける「まぶたのたるみ感」は10代のほうが目立ちます。
無論、40代を過ぎたあたりからはまぶたも下がり、見た目も…ですけど。

西内まりやさんは「アイプチを使ってました」と公言していますが、だからといって人気が落ちたことはないですよね。
アイプチを使う、使わないは女優の本質には関係ないということなのです。

それにしても、DAIGOが全然変わってない!

そっちのほうが驚異的である。

 海外で話題の鼻アイプチは日本で流行るのか?

確かに昔の新垣結衣さんの目は奥二重でパッチリ感はイマイチでした。
まぶたを一重から人工的に二重にする「アイプチ」が使われたのでは?

 icon-arrow-circle-o-right 確認アンサー

まあ、現在の高画質な地デジ放送ではお肌のシワからシミ、そばかすまですぐにバレてしまうので、アイプチしてたらさすがに分かるはず。

ちなみに海外ではブームが来ている鼻アイプチってご存じですか?

その名も「NoseSecretコポン」

名前の通り、鼻のコンプレックス(高さ、穴の形)をヒミツで変えてしまおうという鼻版アイプチ。

もはや「アイ」は関係ないと思いますけどなにか?

使用方法はコポンと呼ばれる鼻矯正アイテム?を鼻に入れ、形を指で決めたらゆっくりとコポンを取り出す

…のですが、実際の使った画像を確認してみると…?

確かに鼻高々になってるね!

しかも、洗って繰り返し使えるとのことで、お財布にもやさしいアイテムなのです。

でも、体に害はないのだろうか?

考えられる危険性は、鼻の粘膜に直接つけるアイテムなので衛生面が不安。
粘膜から菌が入ればもちろん体に悪影響が起こりえます。

そして、いちばん考えられるのは「鼻からコポンが取り出せなくなったら?」という不安!

こ、これはありそうだ!

いくら簡単に使えるといっても、鼻の奥まで行ってしまえばもはやピンチ!悲しい表情を浮かべながら耳鼻科、もしくは病院に行く羽目になってしまうかも…。

現在は日本未発売な点も考えると、やはりおすすめは出来ませんね。

話がズレてしまいましたが、アイプチも鼻プチ?もなるべく使わないに越したことはないのです。
そして、使ったからといって女性としての魅力が落ちるわけではありません。

以上、現場からでした。