これは便利!過去記事を画像付きでツイッターに投稿できるプラグイン

記事は読まれてなんぼ。

より多くの人に記事を読んでもらうためにツイッターを活用しましょう。

活用すると言っても自分のツイッターアカウントで記事を投稿する(つぶやく)だけです。

とはいえ、手動で過去記事をひとつひとつツイートするのは時間もかかるしめんどくさい。なにより効率が悪いですね。

そんな僕のようなめんどくさがりやはプラグインを活用しましょう!

もちろん、過去記事をツイートできるプラグインはひとつではありません。

ツイッターに自動投稿できるプラグインは有名なものをあげると…。

・wp to twitter

・Tweetily

・Revive Old Post (Former Tweet Old Post)

などがありますが、私かつしたが使った感想は「なんかイマイチ」でした。

というのも、過去記事を自動でツイッターに投稿することは出来るんですが、どれもなんかしっくりこない。僕は

・画像付き(アイキャッチ画像付きのこと)

・ハッシュタグ付き(ツイッターでよく見かける#の部分)

・ランダム投稿できる

・ツイートの間隔を調整できる

そんなプラグインが欲しかったのです。

でもなかなか自分好みの自動投稿専用のプラグインは無い。あきらめかけながらネット検索していたら…。

なんと、ありました。

それが不動産Tweet Old Postだったのです。

なにやら不可解な(?)名前ですが問題ありません。実際、かつした自身も現在進行形で愛用しているプラグインです。

そんな超便利なプラグイン「不動産Tweet Old Post」の使い方を紹介します。ツイッターに過去記事を自動投稿したい方はぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

「不動産Tweet Old Post」のメリット

「不動産Tweet Old Post」推しするのにはもちろん理由があります。

「不動産Tweet Old Post」のメリットをまとめると

・ツイート間隔を自由に設定できる

・ツイート対象機関を設定できる

・URLを短縮できる

・ツイート時の追加テキストを設定できる

・記事内の画像(アイキャッチ画像)を表示できる

・ハッシュタグを利用できる

・除外するカテゴリーを選択できる

・日本語に対応している

と、ツイッターに自動投稿しようと思ってるorイマイチなプラグインばっかりやねんとお悩みの方にはありがたい機能が満載なのです。

昔書いた記事は時間の経過とともに陽の目に当たる回数も減り、せっかく時間をかけて書いた力作も過去の栄光となりかねない…。

そんな懐かしくも愛おしい過去記事に再び脚光を浴びさせる方法があります。それは、「過去記事をSNSに投稿する」ことです。

不動産Tweet Old Postなら画像付きで過去記事をSNSに投稿できてしまいます。

「不動産Tweet Old Post」をダウンロードする

それではさっそく「不動産Tweet Old Post」を使ってみましょう。

まずはプラグインのインストールからです。

「不動産Tweet Old Post」は以下の配布サイトから無料でダウンロードできます。
http://www.nendeb-biz.jp/?p=3228

サイトの下のほうに行くとダウンロードボタンがあります。

不動産Tweet Old Postプラグイン

ダウンロードが終了したら、ワードプレスのあなたのブログにログインし、「プラグイン」→「新規追加」→「ファイル選択」でダウンロードしたファイルを追加します。

ちなみにサイト内にも書かれていますが他の自動ツイートプラグイン(tweetily、Tweet Old Post)を使用中だと不具合が起こる可能性があります(画面が真っ白になる、動かない…など)。

かならず停止してから使用しましょう。

「不動産Tweet Old Post」の使い方

Desctop screenshot

ワードプレスのダッシュボード内に「F-TweetOldPost」という項目が追加されているのでクリックします。

設定画面が表示されるので以下のように設定していきます。

1、[ツイッター連携アプリ認証]

アカウント認証

認証ボタンをクリックします。

Twitter アプリケーション認証

認証画面に変わるので表示されているツイッターアカウントが合っていることを確認し、「連携アプリを認証」を押します。

2、[ツイートの内容]

【タイトルのみ】を選びます。

3、[追加のテキスト]

ツイートの上や下に補足文を加えることができます。たとえば「こんな記事もあります」「過去の懐かしい記事」など。

必要なければ記入しなくて大丈夫です。

4、[記事のURLを含める]

【はい】にします。【いいえ】にすると記事のURLが貼られません。かならず【はい】を選びましょう。

5、[カスタムフィールドからURL取得]

空白のままで大丈夫です。

6、[URL短縮サービス利用]

記事のURLが長すぎる場合はつかっても良いと思います。短縮URLサービスを好きなサービスから選びます。

僕はこの項目は空白になっています。

7、[ツイートに画像を含める]

チェックを入れるとアイキャッチ画像か記事内の最初の画像を表示することができます。

チェックを入れます。

8、[ツイートに含める最大画像数]

【1】で良いです。画像をたくさん表示したい人はお好みで数字を増やしてみてください。

9、[ハッシュタグ]

ツイートにハッシュタグ(♯)を加えることができます。

僕は【カテゴリからハッシュタグを作成します】にしています。お好みで。

10、[インラインハッシュタグを使用]

空白のままで大丈夫です。

11、[ハッシュタグの最大文字数]

【0】を記入します。

12、[ツイートの最小間隔]~[ツイート対象絞り込み日付]

ツイートの頻度を細かく設定できます。

僕の設定は

ツイートの最小間隔… 【12】時間

ツイート対象… 【14】日間

… 【365】日数

ツイート対象絞り込み日付… 【投稿日

としました。

お好みで変えてみてください。

13、 [1回のツイート投稿数]

【1】にします。

14、[ツイート対象 投稿タイプ]

【投稿】にチェックを入れます。

15、[対象から除外するカテゴリー]

ツイートしたくないカテゴリーがあればチェックを入れます。

最後に【変更を保存】を押して終了です。

僕の投稿設定も載せておきますので参考にしてみてくださいね。

「かつしたの投稿設定」↓

TweetOldPost ‹見本

これで自動で過去記事が投稿されるようになりました。

まとめ

不動産Tweet Old Postは初期設定さえ済んでしまえばあとは自動でつぶやいてくれます。

過去記事も読んでほしい、できれば画像付きでハッシュタグありで…と、欲張りな機能が満載です。

ツイッターで記事を自動投稿できるプラグインなら不動産Tweet Old Postが最もわかりやすく、そして便利でした。ぜひ参考にしてみてくださいね。