ブログで濃いファンを作る方法は「マニアック」

かつしたです。

ブログは書かないと書けなくなる。いやこれ本当ですね。僕もそうでしたw

書くクセを復活していきたいと思います。

よく言われる話ですでにご存じかもしれませんが、ブログはペルソナを意識しないと読んだ人に役立つ記事は書けません。

ペルソナとは言い換えればターゲットとなる読者、「この記事を読んで欲しい!」と思っている相手です。

今回のペルソナはブログ運営の方法について調べている、ブログ運営者のあなたに伝えたい濃いファンの獲得方法についてのお話です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

ファンを獲得するにはマニアックでいい

今日、ファミリーレストランのガストに行ったんですがメニューを見てふと「あれっ、これってブログ運営ネタになるな」と思ったので記事にしました。

ファミレスといえば子どもから大人まで楽しめるメニューがズラリ、のイメージ。

言い換えれば「当たり障りの無い普通の、誰でも食べられそうなメニュー」ばかりです。

安心して食べられる、と考えればいいんですけど僕のようなひねくれ者も中にはいて、定番メニューは味が予測できるし、普通のメニューはつまらない、もう少し変わったパンチのあるメニューが欲しい!なんて思うめんどくさいヤツもいるのです。

ブログもはてぶがたくさん付いてシェアされまくりの記事よりもそれ無いわ、ありえへん、めっちゃコアな記事やな~なんて思わず言ってしまうような超マニアックな記事のほうが好きだ。

ブログ運営では

みんな知ってそう、だけど役に立つかもしれない

そんな情報を書くのも大切なんですが、ファンとは元々マニアックなものです。マニアックな情報を書くと興味をもってあなたのファンになってもらえますよ。

よりディープなネタを書いていきましょう。

ガストのメニューで学ぶファンを作る方法

マヨガリハンバーグ-ガスト

ガストのマヨガリハンバーグって美味いんですね。ハンバーグ自体は大したことないんだけどソースが激ウマです。

男が大好きなニンニク、さらにはマヨネーズでこってりとくればそりゃマズイはずもない。

マヨのねっとりとした絡み具合とニンニク臭、コショーのピリッとした感じがたまらん。

付け合わせのハッシュドポテト?とコーンとの相性もバッチリでご飯がススム。

ううむ、このソース、使える!

マヨガリハンバーグの感想
食べ尽くされたマヨガリハンバーグセットの図

たいへん美味しゅうございました。

マヨネーズとニンニクでマズイはずがないじゃん!なんて思いはしたものの、とても一般的なメニューとは言いがたい。

マヨとガリ(ガーリック)じゃこってりしすぎ!それに臭いしカロリーも気になる。女子には到底無理なハンバーグじゃん!

なんて思われるのも当然な話。まあカロリーとか匂いとか気にしたら食べられません。コアな客が選ぶメニューに違いない。

そう。マヨガリハンバーグは客を選ぶ個性的な料理である。

個性はファンを増やす

マヨガリハンバーグを食べながらふと思ったことがあり、

たとえばブログを運営していると「こんな記事書いてもマニアックすぎて誰も理解できないんじゃないか?そもそも読んでもらえないんじゃないか」なんて思うときがあります。

当然、アクセス数も増えない(と思う)し、変なヤツだと思われる(かもしれない)。

たしかに読み手を選ぶ記事は理解を得られない場合があります。

一時的なアクセスアップを目指すならトレンドネタで記事を書き貯めておけばいいんです。ヤフー検索トレンドを使えばトレンドネタは見つかるのでたとえば季節ネタだったら時期になる前に記事を仕込んでおけばいいです。

でも長期的にブログを運営していくのであればどこにもないマニアックな情報を書くべきです。

読む人を選びますが誰にでも書ける記事は時間の経過と共に価値を失うのです。

マニアックな情報はより深くディープなほうが喜ばれる

つまり今回のブログでファンを作るための方法で僕が言いたいのは

・記事は書かないとさらに書けなくなる

・個性的な記事を書くべき。他に例の無いディープコンテンツは検索上位を獲得しやすい

・変わった気付きはネタになる

・普通じゃない、これ私だけかも?なんて記事は意外と反応がある

・普通よりも変わったものを求める人がいる

・自分しか書けない記事は価値がある

です。

マニアックな記事を書くポイント

マニアックなネタとは検索需要の少ないローカルネタとも言えますが、せっかく書くなら検索上位を目指すべきです。

たとえば僕は子どもの頃メチャゲームオタクだったんですが僕の持っているハード(ゲーム機)はセガばかりです。

SG-1000時代から持っていて特にメガドライブのソフトは200本近くあります。

僕がもしメガドライブネタを記事にするならまず関連キーワード検索ツールを使ってキーワードを選びます。

検索窓には【メガドライブ】と入力します。

検索ツール

色々出てきますが元々メガドライブネタは持っているので検索結果で出てきたキーワードを記事に入れ、書きたい情報、知っている情報を書いていきます。

知識があいまいな部分はネットで調べます。

当然、この記事を読む人はメガドライブが好きな人です。メガドライブすら知らない人には無益な記事が出来上がりますがそれでいいんです。

興味の無い人は元々検索しないですからね。

個性的な記事を書くときの超重要なポイントをお伝えします。

それは、

マニアックネタで集まった仲間に話すように記事を書く

です。

たとえばメガドラ同好会みたいなのを作ったとして、定例会を開きファミレスに集まってメガドライブの良い点悪い点、思い出の話をして盛り上がっているかのように。

仲間に話すように、同じ気持ちの人に語るように書く。伝えたい気持ちは記事にしていきましょう。

ブログ記事は誰が読むか?を考えなければいけません。当たり前の話なんですが忘れやすい点でもあります。

まとめ

僕がマヨガリハンバーグを食べ終わる頃、同じくマヨガリハンバーグを注文する中年男性がいました。

あまりジロジロ見るのもよく無いですが、その男性も美味しそうにハンバーグを食べていました。

あれっ、実はそんなにマニアックじゃない?むしろ人気メニューなんじゃないか、そんな風に思いました。

考えてみれば当たり前なんですけど、僕しか興味の無いメニューなんてあるはずがありませんよね。美味くなければ、売れる見込みがなければ商品開発の段階でストップするはず。

ローカルネタや失敗談も「これ私だけかも?」なんて思わずブログ記事にしていきましょう。

個性は独自コンテンツになり検索評価も高くなるので書いたほうがいいんです。

後、最もシンプルで重要なポイントですが「どんな人が検索して読みに来たのか?」を意識してください。

ペルソナを意識する、というのはつまり読み手意識に他なりません。

過去記事を修正するポイントにもなりますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

  1. 吉田哲也(semiboze) より:

    Chromebookの使い方で検索してたら御ブログを見つけました。
    すげー面白そうで一発でfeedly登録しました。
    これからも更新楽しみにして購読します。
    顔のイラストが子供っぽくて好き。

    • かっつん より:

      コメントありがとうございます。イラスト褒められると小躍りするくらいうれしいです!よろしくお願いいたします。