良いアイデアが思い浮かばない時に役立つアイデアカードが無料でもらえる

アイデアカード1

すごいアイデアは未来を作り、生活を楽しく便利にしてくれます。

さあ、あなたも天才的なアイデアをひらめいて想像を社会に活かしましょう!

「いや、しかしそう言ってもねぇ。」
「突然そんなこと言われても…出し方がわからんし」
「肝心の良いアイデアが浮かばないんDAYONE〜」

”良いアイデア”が思い浮かばない。思いついてりゃ今ごろハッピーな人生を送っているさ?

まあ確かに。なるほど、そりゃごもっとも。

良い発想をするのにも何かしらの助けが必要ですよね。発想法を知るべきです。

「アイデアカード」をご存じですか?

アイデアカードとは読んで字のごとく、そのまんま「アイデアをひらめくためのカード」なのです。岡野弘文さんが発明したカードで用意された三種類のカードを組み合わせるだけで新しい発想が浮かぶというスグレモノ。

素晴らしい発想で商品化だって夢じゃない?

「そんな便利なカードがあるのか、うむ。そりゃ使ってみたい。」

そうでしょうね。

実はこのカード、無料で提供されているんですよ。

アイデアカードは岡野さんのサイトから無料で提供されています。

発案者の岡野弘文さんが無料で提供している「アイデアカード」。いちど試してみてはいかが?

僕も実際に使ってみたので感想を書いていきます。

スポンサーリンク

アイデアカードとは何なの?

商品開発、制作に携わる人は毎日アイデア出しに苦労していることでしょう。

アイデアカードは発想源となるアイテムで組み合わせ方で新しいアイデアを形にするいわば「お助けアイテム」です。

カード自体はシンプルな文章が書かれているだけのものですが、三種類のカードを組み合わせることで新しい発想ができるという、思いつきを生かす仕事に携わる人ならなんとも興味深いシロモノです。

さて、実際に届いたカードを見ていきましょう。

アイデアカード1

カードは三種類。

・着眼点×25枚

・目的×25枚

・変更×32枚

以上の三種類のカードが用意されています。

アイデアカードの使い方

使い方は、まずメインテーマを決めておきます。

メインテーマは商品の種類などキーワードとなるものです。新しい電化製品を生み出したいのであればテレビや冷蔵庫、パソコンなど。

習うより慣れろ。とりあえず何でもいいのでキーワードを決めましょう。

今回は「ワイングラス」にしてみます。

あなたは現在、新しいワイングラスの開発に関わっている(とします)。今までにない素晴らしいワイングラスを作りたい。

素晴らしいワイングラスとは一体どんなデザインなのか?

どんな形なら売れるだろうか?

なかなかすぐには思いつきません。

そこで「アイデアカード」の出番です。

アイデアカードを使ってみる

さっそく、カードを引いてみましょう。

着眼点→目的→変更 の順にカードを引きます。

【着眼点カード】

着眼点カード

【目的カード】

目的カード

【変更カード】

変更カード

さて、今回引いたカードは合わせて、

「持つところを優しさが伝わるように人間的にする」

でした。

”手元の部分を人間的にやさしいデザインにしてみてはどうか?”

今回のアイデアはそんなところですね。

イメージ的にはこんな感じ↓でしょうか?

シュール

※俺的やさしい人間的なワイングラスの図

いかがでしょうか?

新しい発想ができそうな気がしませんか?良いアイデアをあたためておくのも良いですが、どんどんアウトプットして頭を柔らかくしていきましょう。

アイデアカードを使ってみた感想

使ってみた感想ですが、正直、組み合わせによってはあまりイメージが浮かばない場合もありました。

ちょっとイメージが浮かばない例↓

アイデアカード失敗

ですが組み合わせを見直すのも良い発想のヒントになりますし頭の体操にも良いですね!

毎日やっていたら頭、メッチャ柔らかくなりますねwアイデアマン一直線です。

正直無料でもらえるのが信じられないくらいです。

また、経営者や起業家向けの新カード「アイデアカード2」も登場したのでマーケティングを行っている人は必見と言えそうですね。

▶アイデアカード2の詳細へ

まとめ

アイデアカードは新しいアイデアを思いつくための補助的なアイテムでした。使えば使うほど組み合わせの深さ、発想の大切さがわかります。

良いアイデアが思いつかなくて困っている方は参考にしてみてくださいね。