僕がコミュニケーション能力を上げるために買ったオススメの本を紹介します

コミュニケーション100の法則

職場で好かれる人コミュニケーションがうまく取れていて笑顔を絶さない、明るい人の場合が多いですよね。

コミュニケーション能力は高いほうが得をします。

お誘いも多いし、異性にもモテる。つらいときには助けてもらえる。

ううむ、うらやましい限りですな。

よくO型の人は人付き合いが上手くて好かれやすいっていいますがあれ本当だなと思うときがあります。

僕の義母もO型なんですが友達は多いし明るいし、いつもニコニコしていて幸せそうです。

うらやましい、僕も義母のようにO型だったらもっとステキな人生を歩めたんだろうな!

…なんて思ったりしますがこういう根暗な考え方をするから良くないんだよな。

血液型診断とか本当は信じたくないし疑うようにはしているんですが、知り合いのほとんどが明るい人なのでやっぱりO型いいな~って感じてしまう。

根拠の無い話で単なる偶然だろうとは思うものの、たとえばA型の人は血液の構造上免疫力が弱く、そのため人間関係に用心深い、なんて話を聞くとまんざら無い話でも無いんじゃないか、なんて思うわけでして。

逆にO型の人は免疫力が強いそうで、何にでも挑戦するメンタル、心の余裕があるため好かれるんだとか。

免疫力ひとつで心まで違ってしまうものかとため息をついてしまいます。

ああ、まただ。またしても根暗な発想している僕がいた。

たしかに、風邪を引いたときに元気は無いしやる気モードになるわけもなく悲しい気持ちになってしまいますが診断がうまいこと当てはまると嫌でも信じてしまう。

とはいえ血液型を変える方法なんて無いしあったとしても怖くて出来ない。

できることといえば、ありがちですが「心の持ち方を変える」方法がいちばんなんじゃないかな~と思います。

心を変えるイコール自分を変える、です。

自分を変えたい人がまず手を出すのは自己啓発本でしょう。

自己啓発本にハマるのはオススメしませんが僕が最近読んだ本「コミュニケーション100の法則」がなかなかに良かったので感想などお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

コミュニケーション100の法則とは?

僕が読んだ本「コミュニケーション100の法則」は買って良かったと思える自己啓発本でした。

恥ずかしながら、僕は「コミュニケーション100の法則」という本を知りませんでした。

知ったきっかけはブックオフ。

洋楽のアルバムを買うため、家の近くのブックオフに行ったんですがそのときふと目に止まった本、それが「コミュニケーション100の法則」です。

なんとなくタイトルに引かれ、ページをペラペラめくってみました。

内容はシンプルなフレーズと簡単な説明があるだけ。

ハンドブックサイズの小さな本でした。

元々買おうと思っていたわけじゃないのでそのまま本を閉じ、CDを持ってレジに向かいました。

…でもなんだか。

なんだか妙に。

気になって仕方ない。

こんなときはどうするか?

買ってみよう。

同じチャンスは2度来ない。

「同じ」チャンスは2度来ない

僕はチャンスを逃す才能があるようで例えば片想いの子がいて告白する機会はあったのに結局言えずそのままズルズルと想いだけ引きずっていたときがあるんですが、

何年後かして偶然再会したんですが、すでに彼女は結婚していて子供もいたんです。

で、昔話をしていたら

「じつはあの頃○○君(←僕)のこと好きだったんだよね」

なんて言われてもうなんというか、やっちまったな失敗したな!とひどく落ち込んだんです。

あのとき告白していれば、今頃彼女とステキな生活を…?

いやいや、そんなことはない。もしそうなっていたらかわいいうちの子は産まれていないしそれは困る!あっ、でもうちの子が産まれるのは偶然じゃないはず、必然に決まっているし彼女と付き合ってもきっと別れて今の奥さんと一緒になるんだよきっと、きっとそうだ。

…だいぶ話が反れましたが、まあ後悔したところで昔には戻れないし今は今でそれなりにしあわせです。

まあしかし。

同じチャンスは2度来ない。

コミュニケーション能力を上げたい。だから買った

買おうという想いも今だけかもしれないし、買ってみたらつまらない、焚書もので買わなきゃ良かったなんて思うかもしれないんですが買わないで後悔するよりはよっぽど良いんじゃないか?

心が僕を動かした。

結局買うことにしました。

値段は…

激安

コミュニケーション100の法則を読んだ感想

結局「コミュニケーション100の法則」を買い、読んでみたわけですが本書はコミュニケーションをうまく進めるためのシンプルな法則を短いフレーズでまとめたものです。

・誰もがコミュニケーションは少し怖い

・コミュニケーションは一緒に始めるものではない。どちらか一方が始めようと思うから、始まる。

・最後まで聞きなさい

引用:コミュニケーション100の法則

どれもシンプルなフレーズですがコミュニケーションの内面を解いたわかりやすい言葉ですよね。

寝る前にペラっとめくるのも良いし、病院の待ち時間、スタバのカフェタイムにもピッタリ。ヒマさえあれば読んでいます。

当然ですが、「読むだけじゃダメ。読んだら即行動!」ですよね。

まとめ

「コミュニケーション100の法則」は

・ハンドブックサイズで持ち運びしやすい
・シンプルなフレーズでわかりやすい
・文章が少ないので読む時間がかからない

など、時間に追われる人、コミュニケーションがうまくいかない。でも本を読むのが苦手、という人にピッタリの本でした。

悩むよりまず行動。まず自分から始めれば良いんですよね。

血液型は変えられないけど自分の行動は変えられる。そんな気持ちになれる本でした。

最後に、オビに書かれていた愛のあるフレーズをどうぞ。

コミュニケーション