内容の薄い記事でも思ったことを書けなければブログとしては終わってる

freee151108088447_TP_V-640x427
かつしたです。

ほろよい状態で記事を書くという無謀な行為におよんでいます。

まあ、こんな僕が言うのも何ですが、無理して更新するほどブログの無駄な行為は無いんですよ。

特に、体調が悪いときは無理して記事を更新しないほうが良いです。

記事を更新しようが何だろうが、自分が思うほど注目されてませんよ。毎日更新しないとファンがガッカリしてしまう、ファンの期待を裏切ってしまう!なんて思うのは単なるエゴです。

誰もあなたが毎日書くことを求めてはいませんよ。

と、思っていました。

スポンサーリンク

無駄記事なんだから書くな?

いや少し語弊があったみたい。毎日書いていればたしかに読まれる可能性は上がるけど、わけのわからん記事を公開されても読んだ方は後悔するわけでして。

偶然の産物を求めるのもアリなのかもしれないんですが、ネットにずーっと残ることを考えればやっぱりシッカリと記事の内容なりメッセージ性なり考えるべきなんです。

ですが。

勢いって大事です。勢いの力ってバカにできないですからね。

思い切って勢い任せにグワーッと書きまくれば意外と好印象かもしれないし共感持ってもらえるかもしれない。

そもそもなんで書いたのか?書きたいと思ったのか?

ここがいちばん大切。

とにかく書いてみる。反応があろうが無かろうがとりあえず記事を書いてみる。いや、書いてみた。

あれ?最初に言っていた無理して更新するほど無駄な行為はないって話はどこに行った?

チーズはどこに消えた?

ハッ、…なるほど、そうか!

無駄な記事ではなく、無駄だと思い記事を書かないことが問題なのか。

思ったことを記事にしないといけない

書いている途中から「無駄な記事を更新してもSEO的に良くない」「こんな記事を書いても誰のためにもならない」なんて思ってしまい手が止まっていた。

そうだ、たしかにSEOの先生方、ウェブマーケターのエライ人たちは「キーワードをタイトルに入れ読み手が有益だと感じる記事を時間をかけて書きなさい」という。

たしかに間違いではないし僕もそう考えている。

しかし…。

SEOうんぬんとは別に、大切なこと。

ブログ運営者、通称ブロガーがやるべきことはひとつしかない。

それは

自分の思ったことを記事にする

これだけなのだ。

僕もあまり人のことは言えないが、知識が増え記事の書き方と検索エンジンの考え方を知れば知るほど…。

記事が書けなくなるのだ。

キーワードサジェストで需要の高いキーワードを選び、検索上位記事よりも内容を濃くして読まれる記事を目指す。

間違いじゃない、というかむしろ正解。読まれるための最善最良の努力といえよう。

とはいえ、記事を書くためのノウハウは記事を好きなように書くノウハウとは別のものだ。

読まれるための最善の対策とは検索エンジンで1位を取ることだが、当然ながら検索需要の高さや収益性など大人の判断がつきまとう。

なんということか。自分のために始めたブログがいつの間にか読まれるためのブログになっているのだ。

固い。いや固いのだ。

正しいか正しくないかよりも、思ったことを書けなくなったらブログとしては終わってる。無理だ。

それが雑記に属するブログならなおさらなのであります。

まとめ

ネットでブログ初心者で調べてサイトに書かれていたことを言われた通りその通りに記事を書いたからといって検索上位に表示されるとはかぎらない。

勉強は必要だし目標にするには問題ない。

でもそのおかげで書こうと思った記事が書けなくなるのはかえって逆効果なのだ。

難しい知識は少しずつ自分のものにしていき、書きたい記事は書いたほうがいい。

思ったことを書けなくなったらブログとしては終わり。専門サイトなら仕方ないにしても、もはやブログではなく単なる「読みにくい文章の羅列」となったレポートでしかないでしょう。