ツイッターの写真に位置情報を載せない方法

ツイート

ツイッターは手軽で使いやすい反面、個人情報も知られやすい傾向にあります。特に、ツイートした画像から撮影場所がバレてしまうのはセキュリティ上よろしくありません。

今回はツイート時の写真から位置情報を知られないための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

これはダメ!な撮影方法

スマホで撮影した画像には位置情報などの個人情報が添付されています。

ツイート時に画像を載せる際は位置情報が知られないようにするべきです。自宅付近や学校の写真を撮る際は特に注意が必要です。

たとえば、「うち2階から撮ってみた」なんてつぶやいて画像なんか添付したらそれだけで住所がバレてしまう怖れがあるんです。撮影した画像内にお店の看板やその地域にしかない建物が写っていた場合も地元の人ならどの辺りで撮った画像か予測できてしまいます。

ツイート時に画像を載せる場合は、

●自宅が特定されるような撮影をしない

●「自宅で撮った」というつぶやきをしない

●通っている学校名を載せない

など、プライバシーに触れるような記載はしないことです。

写真に位置情報を載せない方法

ツイッターはフォローされた人、つまりフォロワーさんからしかつぶやきを読まれないようなイメージがありますが、実際はハッシュタグ検索や話題のツイートなどでも読まれています。

写真から位置情報を調べようとする人も実際にいます。iPhone、アンドロイドそれぞれの位置情報を載せない方法をご紹介します。

iPhoneの場合

➀iPhoneの画面上にある設定アイコンをクリックします。

アイコン

➁設定画面が表示されるのでプライバシーをクリックします。

位置情報サービスをクリックします。

➃位置情報サービスが表示されるのでカメラをクリックします。

➄位置情報の利用を許可から許可しないにチェックをします。

これで撮影した写真には位置情報が付かないようになりました。もちろん、ツイートに載せる写真から位置情報も見られないようになっています。

アンドロイドの場合

アンドロイドの場合はカメラアプリを起動した後に画面上の歯車アイコンをクリックして表示されるメニュー内のGPSタグをクリックしOFFにします。

カメラ1

これで撮影する写真に位置情報が添付されないようになりました。

まとめ

ツイッターは実名でやる人は少なく、細かな個人情報を登録する必要が無いため手軽に使えます。

しかし、架空のキャラを演じてもつぶやきには社会的責任が添付されています。何も意識せずつぶやいた内容、画像から住所、名前、通う学校を調べることはそんなに難しくないのかもしれません。

以前、自販機から焼き肉のタレが出てきた!なんて嘘ツイートをしてその自販機に買いに行く人が激増した、なんて話もありました。

無責任なつぶやきは自販機の所有者だけでなくツイートを見た人にも影響を与えます。

安全にツイートライフを楽しむためにも個人情報を載せない。いいかげんなつぶやきは誰かを傷付ける可能性があることを忘れないようにしましょう。