光コラボの勧誘が凄すぎて苦情になるんじゃないかって話

光

フレッツ光のプロバイダを今の契約のものから他社に変えると安くなりますよ!っていういわゆる転用話、最近多いですよね。 光コラボレーションと呼ばれるやつですね。光コラボレーションとは、 NTT東、西日本が光回線の卸売りを始めたことで開始されたサービスで電話や訪問で勧誘してくるプロバイダ業者が増えています。

たいていは料金が安くなる、支払いが一本化しますよ、というのが売り文句だったりする。今回は僕が経験した転用にまつわるお話です。転用を考えている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

そもそもプロバイダとは?

インターネットは知っててもプロバイダはよくわからないって人は多いと思います。

プロバイダとは光回線と自宅のインターネットをつなげるための仲介人のようなものでプロバイダが無いとインターネットは使えません。
たとえばフレッツ光と契約しただけではインターネットは使えません。so-netやOCNなどのプロバイダと契約してはじめてインターネットを利用することができます。

知らないとまずい?転用のルール

「いまの料金おいくらですか?」「えっ、ちょっと高すぎますね」

光コラボ業者がよく口にする常套句。心をつかむ言葉。光コラボでもっとお安くなりますよ!なんて言われたら普通の人は考え込むだろう。

たしかに通信料金ってバカにならないですからね。

安くなるんだったら変えても良いかな?なんて思ってしまいます。

でもここでひとつ問題が。

たとえば、光コラボレーションにしたあとに「通信速度が遅くなった、キャッシュバッグが無かった」などで不満を感じ、「やっぱりフレッツ光に戻したい!」と思ったら元に戻せるのか?というと実は戻せないんですよね。

どうしても戻したいって場合は一度契約を破棄し(契約の途中破棄のため解約料が発生する可能性がある)、再度光回線の工事をしないといけないなどめんどくさい手続きが発生します。それに電話勧誘もこれまたしつこい。

僕の場合、転用のシステムをよく理解していないままプロバイダ業者の言うがまま転用してしまったので正直、不満を感じました。不安なまま使い続けるのもどうかと、もっと安くなる方法があるんじゃないかって思いお問い合わせから「元に戻せませんか?」と懇願しました。

でも返ってくる言葉は「できません」の一点張りでなすすべなし。

代わりに「なにか不服なんですか?」「解約料が発生しますよ」なんて説明をたらたらと受ける始末。

まあ、後で調べたらそのまま(インターネット契約時のプロバイダ業者の光コラボで回線が変わったわけではない)なので、以前より料金が安くなっていたのでなんら問題は無かったんですけどね。

ともあれ転用に関する知識ってのは大事ってことなんですね。

転用と勧誘のコラボ?

基本的に現在契約しているプロバイダが提案してくる光コラボは支払いが一本化され料金も安くなるのでメリットはあるかなと思います。

問題はどこの業者なのかよくわからないまま契約してしまった場合。転用後は元に戻すことが難しい(不可能?)ので全然聞いたこともない業者と契約してしまうと後で涙で枕を濡らす、なんてことにもなりかねません。

勧誘は電話によるものが多いのですが最近は自宅に訪問するケースも増えているみたいで。

実際、我が家にも最近やたら来るんです。昼間に来るのは分かるんですが、たまに夜の8時とか9時とかにも来るんですよ。これは困る。

この前なんか雪の日で、業者さん二人ブルブル震えながら「お、お得なんですよ、よよ~」なんて言われたもんだからなんだか哀れになってしまった。まあこれも1つのセールストークなのかな?なんて思ったりもして、いや違うか…。

まあセールスマンも大変なんだな~と思います。

これは困る!って転用セールスマンが来た

今まで来た訪問セールスマンの中でも特に嫌だなと思った話をひとつ。

それは夜の8時過ぎ。娘とラーメン(行列のできるシリーズの濃厚なんたらって美味いやつ)をすすっていたときのこと。

ピンポーン

突然インターホンが鳴り響いた。

娘に「写ってる人見て~」と言ったら「見たことない人」との返事。なにかのセールスかな?

とりあえずインターホンに写る人物を見てみる。いや、見ようとしたらまたすぐにピンポーンと鳴った。

最初のチャイムから5秒も経っていない。せっかちな人だなぁ。

カメラに写る人物はどうやら若く(20歳前後?)、髪型はオールバックでビシッと決めていたが表情は暗い。というかなんか怒ってるような顔。なんかめんどくさいなと思った。

一応顔くらいは出さないと…

とドアに手をかけた。

そのときだった。

「えっ、…何?」

驚くことに、オールバック男はドアをノック、いや何度も叩いてきたのだ。夜ですよ?いや非常識じゃないですか。今日中にノルマを達成しないといけないのか?一件も成約できてないのか?なんて思ったりもするがとにかく失礼な奴だ、と思った。

ガチャ ←結局開ける

はい?

男
オールバック
「お客様はフレッツ光の回線をお使いですね?今この辺りの契約されてる方のお宅を訪ねているのですが今月のお支払いっておいくらですか?」

ああ、またきた。

今契約しているもので満足しているんで大丈夫です。

男

「よりお安くなる方法があるのですが」

いえ、大丈夫です(ラーメンのびる)

男

「いまおいくら払っているんですか?」

…本当に結構ですから。

男

「ちなみに我が社の料金はですね…」

よかつしたです

「必要ないです。」

男

「…そうですか〜。」

うう、なんてしつこいオールバックなんだ。めんどくさい。思ったとおり嫌な気持ちになった。

断り方としては間違っていないはずだが、それにしても僕もラーメンもクタクタである。

ため息をもらしながらドアを閉めた。

すると…

!?

何事?

と思ったら今度はオールバック君、隣の家のドアを叩いていた。

あんなセールスで売れるわけないじゃん。と思いながらまあそもそも非常識な人だと思った。

まとめ

もしもあのオールバック男が、娘ひとりのときに来ていたらと思うとゾッとします。

光コラボはたしかに安くなるケースが多く支払いも一本化できて良いかな~と思います。でも、電話や訪問による勧誘はよく考えてから判断するべきですね。

当たり前ですが。
光コラボは比較検討して自分で良いと思ったものを自分の意思で決めるべきなんだよな〜と改めて思う出来事でした。