ブログ運営で意識するべきたったひとつのこと

そこ

ブログ運営で大事なこと。それは「やめない」です。一度やめてしまうとまたやろうという気はなかなか起きません。とにかく書き続けるべきです。初心者でも中級者でもやるべきことは同じ。アスリートは練習をこなして筋肉を鍛え上げる。高校受験も勉強して強くなる。ブログも同じで記事を書き続けることで文章力が上がります。

ただ、ブログは文章力プラスアルファが必要です。実際、キーワード選定だとか文字数はいくつだとか考え出すときりがありません。

たしかに、ネット検索で上位表示させるにはキーワード選定は考える必要がありますが、検索で流入した人の興味はその記事ひとつだけであり同じ記事を繰り返し読むためにブログに訪問するわけではありません。

読まれるブログにするためにはとにかくリピーターを増やすことです。再訪問したいブログというのは単一記事の興味ではなく書いた人の文章の面白さや人柄の良さ、役に立つ情報を提供し続けるブログといえます。

スポンサーリンク

ブロガーは何を意識すべきか

ブログを書く以上、読まれる記事を書く必要があります。読まれる記事というと検索上位を狙うとかバズる記事を書くとか考えてしまいますが、それよりもまず「何度も訪問してもらえるブログ作り」を考える必要があります。

面白い記事を書けなきゃいけない、専門的な記事を書かなきゃいけない、なんて思われがちですがもっと大切なことがあります。

何度も訪問してもらえるブログ作りをするときに必要なたったひとつのこと。それは「役に立つ情報を提供する」です。ブログ初心者はもちろんですが、書いてきたけど読まれる記事が無い、または少ない人はまずは役に立つ記事作りを意識するべきだと思います。

記事を書く以上、単なる文章の羅列にしてはいけません。読んだ人に価値を感じてもらう必要があります。

たとえば近所のラーメン屋さんで食べたチャーシュー麺が美味しかった!なんて記事を書きたいのであれば味の感想だけではいけません。

味の感想プラス、

・店内はどのくらいの広さか
・他にはどんなメニューがあるか
・場所はどこなのか
・客層は?
・駐車場の広さは?
・店休日はいつ?
・営業時間は?

などなど、読者が知りたくなるような情報を加えるべきでしょう。ラーメン屋さんひとつとっても、これだけ知りたい情報があります。味の感想プラス「役に立つ情報」があれば読んだ方はあなたの書いた記事に感謝するでしょう。あとでまた読もうとブックマークしてくれるかもしれません。

難しい話ではありません。自分がもし初めて行くお店なら知りたいという情報を調べ書けばいいんです。店休日や営業時間の情報はお店に問い合わせたりお店のホームページなどを見れば分かります。

お店の場所はgoogleマップの地図情報を載せてもいいでしょう。味の感想も良いですがより豊富な知識(情報)を提供する記事は喜ばれるものです。

当たり前の話ばかりですが、関連情報は多ければ多いほどうれしいものですよ。

また、検索エンジンは記事の内容を重視する傾向にあります。見た目の美しいブログにするのも大切かもしれませんが、ブログである以上主役は記事です。まずは役に立つ記事をどんどん書いていきましょう。続けることで見えてくるものがあります。

ブログをやめない勇気、続ける努力
なぜブログを続けるのは難しいのだろうか?今日一日の気~

ネタが無いときは恥を書け

当たり前ですが書いてる人と読む人は別人です。自分が当たり前のように思っていることも知らない人は知らないものです。ネタは自分の経験談が一番面白いです。特に失敗談は書くべきだと思います。

同じ経験をしたことがある人には共感してもらえるし、未体験の人には良きアドバイスとして心に留めるでしょう。成功体験も必要ですが、失敗談のほうが知りたいって人は多いものです。

人生はうまくいかない時があるって確信したときの話
人生はほんとにうまくいかないものだ。仕事もプライベートもハプ~

失敗談は貴重なお役立ちコンテンツです。

ブログ運営で意識するべきこと まとめ

結局、読んだ人に役立つ情報を意識して書くべきです。こんなこと、誰でも知ってるだろうなんて思う必要は無いんです。例えば、目の色は年齢と共にメラニン色素が減っていき茶色に近づいていくという知識も僕は知っていますが知らない人もいるはずなんです。

自分の知識や経験は立派なお役立ちコンテンツです。

「読んだ人がなにかしら得てくれたらいい」

役立つ情報を意識して記事を書いていきましょう。