マイナンバーカードは申請期限はないけど将来有料になるかもしれない

カード

マイナンバーカードってもう申請しましたか?僕は今日やっとマイナンバーを手にしました。

遅い、遅すぎる!いったいいつになったら届くんだ?と憤慨していましたが、どうやら僕の勘違いでした。不在通知票がポストのなかにありました。

恥ずかしながら本日、市役所に取りに行きましたとさ。実際のところ、必要なのかどうか。

ついでにマイナンバーカードの申請をして…きませんでした。

申請しなかった理由と感想を書いてみました。

※この記事には個人的感想が含まれます

スポンサーリンク

マイナンバーカードは本当に必要なのか?

マイナンバーをもらうついでにマイナンバーカードの申請を出した人、多いと思います。

実際、僕はというと申請しませんでした。

そもそもマイナンバーカードを作るには本人確認が必要で、未成年は親が申請をすればいいけど20歳以上の人は直接本人が役場に来て申請をしなければいけないようです。

たとえばうちのような夫婦+子の三人家族では僕と嫁それぞれ本人確認(本人が来る)ができないと申請できないらしい。

今作っても嫁のぶんでもう一度来ないといけないので後でいっしょに作ればいいやと思った。
大家族とか3世代で住んでる家は大変だろうな…。市役所に来れない(体調などの理由により)場合は代わりの人が申請できるようですが、それはそれで不安だったりする。

また、申請しなかった理由はもうひとつあり、現時点ではあまり必要性を感じなかったからです。

個人番号カードを申請しなかった理由

マイナンバー

2016年2月時点で個人番号カードを利用できるサービスで注目を集めてるのが

コンビニで

・印鑑証明のプリント

・住民票の写し

・所得証明のプリント

など市役所でやるべき申請が夜中でもできてしまう点。※注意は24時間ではない点

仕様は住基カードとほぼ一緒。住基カードの廃止に伴い同じサービスがマイナンバーカードで受けられるようになった。

まあたしかに便利だとは思う。それにお役所の仕事も減るだろうし。

でもコンビニでなんでもできてしまうのは果たしてよいのか悪いのか?

カードを置きっぱなしにして帰ってしまったら?

データはコピー機に残らないのか?

など不安要素は多い。残らないとは書いてあるけど…。

マイナンバーカードに申請期限はない

マイナンバーカードは今申請しておかないと将来受け取ることができなくなるのでは?と思われがちですがそんなことはありません。

市役所では「いまのところ期限は設けていません」との答えだったけどそもそも任意のはずなので期限があるほうがおかしい。

たとえば申請期限なんて作ってしまったら期限切れで一生カードを持てない人が現れてしまう。

産まれてくる子どもや海外から帰化する人もいるはずで、今後マイナンバーの対象になる人は自然と増えます。

しばらくは無料で作れるけど今後有料になる可能性がある!?

未成年の場合は親が申請すればいいだけのようだが、20歳未満の子なら正直まだ作らないほうがいいかもしれない。

なぜなら、20歳に達してない人のカード有効期間はたったの5年しかないからだ。

作ったところですぐに更新。子どもの成長は早いものです。

いないとは思うけど子どもにカードを持たせて無くしてしまったら悪用されるケースがありそう。

仮に世の中のサービスほとんどがマイナンバーカードでできるようになったとしても利便性よりも不安要素のほうが大きい。

そもそも子どもにマイナンバー制度は必要ないと思うんだけど…。

また、「いまのところ無料ですが、今後有料になる可能性もあります。」という説明を受けた。

ネットでは二年間は無料でそのあと有料になるという話もありましたが、市役所の人が言ってるようにいつまで無料かは決まっていないんじゃないかと思う。

でも…正直これはおかしい。

今だけ無料だとしたら今作らないとソンをする。そんなニュアンスではないか。

これでは期間限定の甘い言葉で勧誘するセールスとなんら変わりはない。

そもそもマイナンバー自体に不信感を抱いている人が多いなか、もし有料になったら不満が爆発しそう。

「いまのところ」というのは便利な言葉だなと思う。

もし有料化されるのであれば納得のいく説明を提示していただきたい。

まとめ

結局マイナンバー制度は日本では新しい制度なのではじめは不満の声やトラブルがあって当然だと思う。問題が起きてからでは遅いが起きない可能性は低い。

僕の考え方は浅いかもしれないけど、現時点では様子見します。