コーラと牛乳の化学反応。分離するのはなぜなのか?冷えピタで冷える?

cola炭酸飲料の大本命、コカ・コーラ。

コーラのCMが流れ出すとついつい飲みたくなってしまいます。
巷ではメントスとコーラでお遊び感覚の実験をするなどなげかわしい出来事が増えていて残念ですが、
確かにYouTubeの動画を観ると衝撃的ではあります。

様々な実験結果を確認していきます。

スポンサーリンク

コーラに冷えピタ?

マックことマクドナルドのセットといえば、

ハンバーガー系+ドリンク+ポテト。

ドリンクはやっぱりコーラが定番!

だって、油っこいポテトに絶妙に合うんだもの。
仕方ない。

シュワっと爽快な刺激と脂との相性はバツのグンで、もはや味のとりこです。

ああ、記事を書きながらすでに飲みたくなってきましたよ~。

私の大好きなコーラも、無論キンキンに冷えているものが一番うまい。

冷蔵庫でしっかりと冷やしたものが最適です。

…ですが、もし冷蔵庫も氷もない、常温状態だったら?

そりゃ~、うまさ半減。残念ながら飲みたいとは思いませんね。

でも、どうしても喉が渇いていたら飲むに違いない。

氷もない状態でもなんとか冷やす方法は無いものか…。

そんな私の悩みを解決してくれる動画を発見!

それは…

「冷えピタでコーラは冷えるのか?」

という実験動画。

”冷えピタとは?”

冷えピタは風邪などで高熱が出たときにおでこに貼る冷却剤。
クールな刺激と貼るときの「ヒヤッ!」とする感じがたまりません。

高熱を取る冷えピタくんのことだから、もしかするとドリンクを冷やす効果もあるのかもしれない。

さっそく実験動画を確認してみると?

ううむ、なんだか笑えますね。

結果:貼っても貼らなくても温度は変わらない

まあ、予想通りかもしれませんが、
実験することに価値があるのではないでしょうかw

冷えピタは気化熱に反応して冷えるので、
気化していないコーラには冷やす作用は表れないのでしょう。

ある意味残念な結果でした。

牛乳の化学反応がヤバい

コーラはそのまま飲んでも美味しいですが、
レモンの輪切りやアイスを乗せてフロートにしても美味しい。

一風変わった実験として、

「牛乳を混ぜてみる」

というものがありました。

実験開始から6時間後…。

驚くことに、
黒っぽい色のコーラがなんと透明な液体に変化しているではありませんか!

ううむ、一体なぜ分離するの?

調べたところ、牛乳に含まれるカゼインは、
酸に反応して固まる性質があるという。

コーラには炭酸に加え、クエン酸まで含まれるため
ダブルの効果で牛乳に作用し、固まる。

そして、固まりが下に沈殿するため
上澄み液となった無色のコーラが残るのだそうです。

気になる味ですが、

・変な味
・わけのわからない不思議な味
・コーラフロートのようなやさしい味わい
・もう10年以上前から混ぜて飲んでる。おいしいよ!

など賛否両論。

美味しい派の意見を詳しく調べてみると、
「あまり牛乳を入れ過ぎない」
「入れたらすぐに飲む」

ということです。

フロートもある意味コーラの牛乳割りですし、
あまり意外性は無いのかも?

気になる方、ぜひ試して
味の感想をお聞かせくださいね。