なんだか嫁がかわいいなと思った話

こんばんは。かつしたです。我が家は共働きです。ヨメさんのほうは夕方~夜まで働いているので夜ごはんはいつも別です。以前は朝勤だったのですが最近夕勤に変わったのです。

子供は一人(娘)いるのですが、訳あって別暮らしをしています。
つまり、ごはんはそれぞれバラバラなわけです。

ヨメはいつも疲れた顔して帰ってきます。夕飯はいつもコンビニで買ってきて一人で食べるのです。なんだか家庭崩壊の匂いがプンプンしますね。本当に不甲斐ないオヤジだと思う。

このままじゃいけないと本気で思う。たいしたエピソードは無いのですが、今夜は嫁にほんの少しのサプライズを用意してみたって話をします。

※現在は一緒に暮らしています

スポンサーリンク

嫁にプレゼント!ってわけじゃないけど

ヨメは焼きそばが好きだ。昔ながらの味付け。ウスターソースの濃い味付けの焼きそばだ。お祭りにいくといつも買う。屋台の焼きそばって店によって具が違ったりソースが違ったりして面白い。

5色焼きそば」なんてものも売っていたことがある。5色といっても、具は紅しょうが、あおさ、もやし、キャベツ、錦糸タマゴという全然魅力的じゃないレパートリーだったけど。

でも、ヨメは喜んで食べていた。よっぽど焼きそばが好きなんだろう。

いつも別ごはんはさすがに悲しいものです。今夜はヨメに内緒で夜ごはんを作ることにした。別にたいした話じゃない。普通に焼きそばを作るだけだ。

でも、愛はあるぞ。日本一うまい焼きそばを作るんだ。

焼きそばを作る

思い立ったが吉日。さっそく作るよ。

材料はまるちゃん焼きそば、豚コマ、もやし、ニンジン、玉ねぎ、キャベツ。シンプルである。

ホットプレートで作る画策。ホットプレートにサラダ油をたっぷりとひく。豚バラ肉を広げ、塩コショウをサッとふる。

赤みが消えるくらい火が通ったら野菜を投入。軽く炒める。麺を入れたら水を100mlくらい(三人前)入れてふたをする。

3分後。蒸された麺と野菜、肉を箸で混ぜ合わせる。

焼きそば

あとは添付の粉ソースを降りまぜるだけだ。

すばやくやらないとダマになって変に濃い部分ができてしまうんだよね。写真なんて撮ってる暇はない。

kona

souce

ソース

言ってるそばからこれだ。焼きそばだけに?なんて言ってる場合じゃない。ほんの少し水を足し再度混ぜ混ぜチャレンジ。

完成

今度はうまくいった。

ヨメをリビングに呼ぶ。さあできた。ヨメよ、日本一うまい焼きそばができたぞ!

あっ、焼きそば …。作ったんだ。

焼きそば…好きだろ?
うん

できたてアツアツのソース焼きそばを一緒に食べる。

かつ

うまい!

これが焼きそばだ。誰でも知ってる普通の作り方、そして普通の味付けの焼きそばだ。でも、今日はいつもよりも美味く感じる。きっと、一人メシじゃないからだろう。

それにしても、うまかった。

誰でも思うことだろうけど、結婚しているのにメシが別々なんてやっぱりおかしい。変えないといけない。今のままじゃダメなんだと思う。いや、変えるんだ。

不甲斐ない自分を変えるんだ。
嫁が働かなくてもいいように。

yome

ヨメまいう。

ううむ、なんだかかわいいやつだと思った。
そうだ、週末は3人で外食しよう。

そんな夜だった。

次は➡自分の存在価値がわからない。でも娘がいてよかった も読んでみてね